おススメ記事
無機塗装の安い物は、性能が低い!

無機塗料は、価格で性能が雲泥の差があり(無機塗装)

無機塗装(無機塗料)は、「フッ素樹脂塗装より耐久性が高い」との売り込みで最近出回っており、広告で大々的に売っている会社もあります。しかし、それらの価格は本物の無機塗料を使用したら絶対に実現できない金額であることが多いので、詳しく調べてみるとトンデモナイことが分かりました。

無機塗料とは!?

無機塗料は、その名の通り無機成分で作られた塗料です。(普通の塗料はみな石油を主とした有機成分でつくられています。)実は昔から無機成分を使った塗料はありましたが、どれも骨材(無機)などを質感のために混ぜたもので、主となる中身は有機に変わりはありませんでした。 最近の無機塗料は、いわゆる普通のペンキの状態で、その中身が無機で作られているというものなのですが・・・塗料に使われる無機とは簡単に言うと「粉」ですのでそのままでは密着性を持つことがほぼ無理です。そのため密着性を持たせるため樹脂(有機)と混ぜて塗料にします。なので、100%の無機塗料は現座の化学では存在しません。

無機塗料の価格は?

性能が高く、耐久性の高い無機塗料は非常に高価です。一般住宅向けならば安い物でも設計単価で㎡あたり4,000円以上(下塗り含む)、高層ビルに向けた商品なら㎡あたり5,000円を超えます。また屋根用となると㎡あたり6,000~8,000円(色による)とさらに高くなります。屋根塗装だけ極端に高くなる理由は、無機塗料は粉(無機)に樹脂(有機)を混ぜた物なので屋根に使うには樹脂分を多くしなければならず、一般的な無機塗料ならば屋根に塗れないので、非常に高価な純シリコンなどを用いたハイブリッドとしないと屋根に塗ったとしても耐久性を保てないからです。 逆に安い無機塗料は、無機を名乗っているもの無機塗料と呼ぶには性能が低く、ハッキリ言えば無機成分の粉が混ざっているシリコン樹脂塗料であったり、フッ素樹脂塗料であったりしますので、施工価格も3,000円/㎡を切るリフォーム会社などがあります。

ノンメーカー品には特に要注意

上場している塗料メーカーや、どこの塗料問屋でも扱っているような塗料メーカー以外の塗料を「ノンメーカー品」といいます。また、塗料を自社では作らずノンメーカー品などをOEMで供給を受けて販売だけをする「販売メーカー」というもの存在します。このようなメーカーは扱っている塗料の種類が少なくホームページやカタログイメージが豪華なことが特徴です。 その様なメーカーは塗料の性能を過大に記載をしたり、異常に長い期間メーカー保証をするとしてます。当然なのですが、性能は供給元の塗料を上回ることはありませんし、保証期間が長くとも実際には保証を逃れられるような条件が付けられており、いわば空手形です。(実際に保証書をみました。)当然期待する保証は得られないですし、その様な塗料を勧める塗装店やリフォーム会社にもご注意ください。ミタカペイント

価値はあるのか?

住宅の場合は、高い耐久性保誇る無機塗料で、住宅向けの製品であれば「安心の期間」を長く保てる価値を出せる可能性はあります。ただし、それには全体を同じバランスで耐久させる塗装仕様の設計と塗料の性能を十分に引き出す技術だけでなく、建物に使われている各建材の耐久性なども理解した上で包括的に考える知識と経験が必要です。
異常に安い屋根の無機塗装
ある方から「30万円で屋根を無機塗装でやるという会社があるのだけど、お宅で出来ないか?」と聞かれました。外壁塗装も検討していた方なのですが、やはり無理があるので下記のような計算を示して無理であることを説明しました。 ・屋根用の無機塗料と対応した下塗りで材料費が約25万円 ・洗浄、下塗り(プライマー)、上塗り2回、それに縁切り部材の取り付けで最低4日 ・かかる人件費も5万円は軽くオーバーする にも拘らず、最終的に30万円で屋根の無機塗装を行うといった会社が、外壁と屋根と樋の交換で更に5万円値引くというので、弊社はハッキリとお断りしました。(見積前に、相見積はしないとお断りしたのに、弊社が見積提出した後にルール違反をされた方なので信用もできませんでしたが。。) で、結果どうなったかというと1年を断たずして屋根の端の塗料が薄くなってきています。 想像でしかないですが、見積書には無機塗料と記載があっても実態はシリコン樹脂塗料などが使われたのではないかと思います。安いには必ず裏があるものなのです。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
打ち放しコンクリートの再生工法
打ち放しコンクリートの再生工法
新築同様に直せる!打ち放しコンクリートの再生工法 弊社は修繕から仕上げまで行い、コンクリート打ち放し建物を新築時の様に再生する工事が可能です! 高級建築である「コンクリート打ち放し建物」は商業ビルやマンション、一般住宅でも見かけます。 しかし、高級であるのに「雨漏りはつきもの」と言われていたり、打ち放しの場合は塗り替え...
職人の写真を掲載する会社は危ない!
職人の写真を掲載する会社は危ない!
下請職人の写真を、チラシやホームページで掲載している会社は、工事品質が低い リフォーム会社などで、職人の顔写真にキャッチフレーズを付けて掲載している会社がありますが、その様な会社には注意が必要です。その理由とそこから読みとれることをお伝えします。 職人の本当の所属先を確認せよ! 弊社は自社社員での施工を主体としています...
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金はでるのか? 補助金が出される対象 令和3年度は、以下が補助対象でした。 屋根(ふき材料及び防水材)、外壁、雨樋等の外部に面している部分の改修 屋根、外壁等の塗装 テラス、ベランダ、バルコニーの改修 これらは、年度によって変わる場合がありますが、ほぼ同じ内容で継続されると思われます。 補助金が出...
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真!「手抜がない、ナンバーワン」を自称する会社の実態 「手抜がない」や「ナンバーワン」を自称する会社さんで屋根塗装をしてもらったという方が、2022年3月19日の「スレート屋根の縁切り タスペーサーは有効か?」をご覧になりタスペーサーを使い方が正しいのかという相談がありまして、その過程で施工会社が撮影した...
下請を使うのはアリ?ナシ?(後)
下請を使うのはアリ?ナシ?(後)
下請が手抜きをするには理由 前回お伝えした通りで、塗り替え業界における下請け業は、非常に厳しい状況に置かれています。技術よりもスピードが重視され、仕事の良し悪しも区別がつかず、ただ売って一部をかすめ取るだけの元請が増えたこともあるのですが、修業することを嫌がり、安易な方法で儲けようとする職人モドキが増えたことも業界のレ...
「質問だけ」は、有料です!
「質問だけ」は、有料です!
質問への回答は、無料ではありません!有料のサービスです。 技術的な質問の電話をなさって来る方が多いですが、有料です! 電話を掛けてきて質問だけなさる方がいらっしゃいますが、当社は企業ですので顧客以外からの質問は基本的に有料です。質問なされば、それに回答している時間も人件費が発生していますし、技術的な内容はその知識を得る...
異業種が「塗り替え」に参入する理由
異業種が「塗り替え」に参入する理由
「塗り替え」に異業種が続々参入 安易に儲けられると考える他業種が参入しています! 正直言って、手抜きをしてもバレづらいのが塗り替えです。キレイになって当たり前!よほどでない限り素人では上手い下手の判断が出来ないでしょう。なので、ホームセンターや家電販売店、生協やクリーニング店まで・・・異業種が塗り替え事業に参入していま...
第6話 帰国準備
第6話 帰国準備
大学のアドバイザーから、一旦休学して落ち着いたら戻ってきてはどうかと提案があった。 リハビリが必要と言っても父の状態は悪くなかったので、1年もしないうちに戻れると思い、休学をすることにした。 ただ、アパートも家具も車もそのままにして離れるわけにはいかないので、すべて手放してから帰国することになった。 意外にも、それに時...