おススメ記事
塗装トラブル相談の事例①

消費者からの塗装トラブル相談① 自称ナンバーワンの会社の手抜きとウソ

弊社では、消費者から他社が起こしたリフォームトラブルに関しての相談を受けています。 県内の業者が起こしたリフォームトラブルについても相談されるのですが、その中で常連というか、よく出てくる会社が県内で数社あります。 今回は、最近一般の人にも分かりやすい部位で問題が起こった現場がありましたので、そのことを中心にお知らせします。

「防水が不完全だから鉄骨の塗装が剥がれた。」と平然とウソをつく悪い業者

ある日「オフィスビルの階段をトラブル常連の会社で塗装してもらったら、1年もしないでところどころ剥がれてきたので、調べて欲しい。」というようなご相談を受けました。確かに、その会社の仕事は雑ですし、どの職人も刷毛が上手く使えないようなので素人は誤魔化せてもプロが見れば「下手だな・・・」と一発で分かるような仕事ばかりなのですが、さすがに施工が簡単な鉄骨階段ぐらいはちゃんと塗っただろうと思い、お客さんの要求が大き過ぎではないかと考えながら現地に向かいました。(弊社では、いくら施工が悪い会社と思っても適切に施工してあれば、無理にそれを問題視することはありません。) 現地に付き、問題となって階段を見てみました。 一見はキレイです。お客さんが言うには、「その会社の部長が来て『階段の床面防水が悪いので水が染みだしてきて塗装が剥がれた』と説明された。」という事でした。実際に詳細に調べると、お客さんの言う通りで所々にハガレがありました。

相談者保護のため、写真の色は変えてあります。

写真は雨がかからない床の裏です。雨が染み込んだことが原因ならば接合部(鉄板が合わさっている場所)から剥がれが出るハズなのに鉄板の途中から剥がれが起こっています。これは下地処理をろくにしていないことが原因で剥がれたものです。この他にも、全く雨がかからない場所や雨が染み込まない場所にも剥がれがあり、下地処理の他、塗装工程にも問題があったと思われます。 まとめると
  • 下地の見極めが出来ていない
  • 下地処理が不適切。
  • 下塗りが不適切
  • 隅の塗装方法が不適切

悪徳業者が「悪徳業者に注意」のブログ

上記のような手抜きを平気で行い、バレると嘘までつく業者なのですが、その会社のホームページには悪徳業者に注意するように喚起する投稿があります。コピペしてご紹介したいところですが、著作権の問題もあるので要点だけかいつまみます。
手抜き業者のブログから
悪徳業者が行う手抜きについて書かれています。 ・下地作業の手抜きをして高圧洗浄などを省く。そのような手抜きは外壁塗装のハガレの原因にもなる。 ・適正な塗り回数をごまかす。下塗りから上塗りまで本来3回は塗らなければならないのに行わない。 ・塗装の養生時間を守らず、乾燥しないうちに次の工程を行ってしまう。
などと書かれていますが、それらはその会社では、自らが手抜きとして批判している行為を、自らの会社の職人が日常的に行っていると思われます。まさに厚顔無恥で呆れてしまいます。また、この記載内容には知識のなさが露呈している部分もあるのですが、それについてはまた改めて書きます。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金はでるのか? 補助金が出される対象 令和3年度は、以下が補助対象でした。 屋根(ふき材料及び防水材)、外壁、雨樋等の外部に面している部分の改修 屋根、外壁等の塗装 テラス、ベランダ、バルコニーの改修 これらは、年度によって変わる場合がありますが、ほぼ同じ内容で継続されると思われます。 補助金が出...
信頼される岡部塗装店
信頼される岡部塗装店
信頼されるから名所も岡部塗装店の仕事です!前橋ハリストス正教会(ロシア正教) 2015年に建てた新しい聖堂 ロシアによるウクライナ侵略で、日本国内に住むロシアの方々も本当に心を痛めています。 前橋でもロシアの人たちがロシア正教の前橋ハリストス正教会で祈りをささげています。 前橋ハリストス正教会の礼拝(日曜日)で祈りがさ...
前橋東照宮の本殿改修を請負いました!
前橋東照宮の本殿改修を請負いました!
前橋東照宮 本殿 令和の大改修 を請負いました! 神様のいる場所が本殿です 昨年(2020年)、前橋東照宮の本殿の改修を仰せつかり、12月から工事を行っております。 内容は、銅で出来た屋根を葺き替え、建物は築年数相応の古さ傷みを残したままキレイにすること。灰汁洗いで白木に戻すのではなく、「相応の」色味を残せという特別な...
安さ強調のチラシ広告には要注意!!
安さ強調のチラシ広告には要注意!!
安さ前面に出した塗装リフォーム広告は危険がいっぱい! 毎週のように外壁や屋根の塗装、塗り替えやリフォームに関するチラシが新聞に折り込まれます。コロナ禍の現在でもたくさんの広告が入ってきますが、それらの中には「SALE」や「キャンペーン」などと称して大きく値引きすることを表示している広告もありますが、「安さ」には必ず安く...
下請職人を使うのはアリ?ナシ?(前)
下請職人を使うのはアリ?ナシ?(前)
下請職人を偽装 「塗装は自社職人」が真実とは限らない 「自社職人で工事をしています。」といった広告をみることがありますが、それは絶対の安心を保証する言葉なのでしょうか?また、自社職人という言葉を信じてよいものなのでしょうか?(ここで言う自社職人とは、通常自社施工すべき塗装等の職人で、足場や熟練が必要な特定種の防水工事な...
百年以上前の石製鳥居をコーティング
百年以上前の石製鳥居をコーティング
明治44年に建立された石製の鳥居 鳥居の材質調査からスタート 前橋東照宮に今から110年も前の明治44年に建立された石製の鳥居があります。 「令和の大改修」にて、この石製鳥居を徹底的にキレイにすることを依頼されました。依頼では高圧洗浄機で洗った後に、撥水剤を塗布するという内容でしたが、石はコンクリートとその性質が異なる...