おススメ記事
施工後19年 吉岡町I様邸

塗装後19年を経過した家

家の造りと構造など

構造  木造瓦葺2階建て

外壁  ALC貼り アクリル吹付タイル凸部処理模様仕上

塗装時の築年数  9年

現在の築年数   27年

どんな塗料で工事をしたのか

工事の仕様

1.素地調整 高圧洗浄およびケレン 120kg/c㎡以上での洗浄
2.ALC目地補修 ポリウレタンシーリング
3.下塗り 微弾性フィラー 2回塗り
4.中塗り、上塗り 2液形シリコン樹脂塗料 各1回塗り(合計2回塗り)

現在の状態 (2022年2月)

流石に20年近く経過していますので、全体がピカピカというわけではないですが、状態としてはそれほど悪くありません。何と!直接日が当たりづらい壁は今でもツヤを保った状態です。
なお、お客様のプライバシーを守るために全体の写真を掲載は出来ませんが、壁の状態を一部ご紹介します。

総評  急いで塗り替える必要はない状態

結論から言うと、急いで塗り替えなくてもよい状態です。
塗り替えをした方が良いのは確かですが、この状態では一般の方は塗り替えない場合もあります。

19年を経てもこの状態であるのは、立地条件もありますが、しっかりとした施工がなされていたからではないかと思われます。

もし、この状態を塗り替えるとしたら?

現在の状態を塗り替えるとしましたら次のような仕様にします。

  1. 素地修繕
  2. 目地打ち替え(可能な範囲)
  3. 下塗り(シーラー塗り)
  4. 上塗り2回

②は、前回目地を増し打ちしているので、それを可能な限り撤去して、打ち替えます。

③で微弾性フィラーを使用しないのは、塗膜が健全な状態であるので厚塗りの微弾性フィラーよりもシーラーの方が適しているからです。

ただし、足場を掛けた時点で全面を点検し、必要な修繕や処理がありましたら行います。

 

 

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
第2話 父の入院  
第2話 父の入院  
父が倒れてから数日たって、母から電話があった。 「一回帰国して欲しい」 不安な様子がよく分かった。 でも、学期中のため一時帰国は本当に難しいので、ベテランズデイと週末で本当に短期間で一時帰国することにした。 いずれでも父のことが気がかりで勉強も手に付きづらかったため、自分自身が安心したいという気持ちがあったのだと思う...
コロナ禍で塗り替えのトラブル相談が急増!
コロナ禍で塗り替えのトラブル相談が急増!
コロナ禍で、塗り替えのトラブル相談が急増 接客があまり必要でない建設関連業は新型コロナウィルスの影響を直接はありませんが、自粛期間中に多くの人が在宅していたことで思ってもよらない事態になっている会社があるようです。外壁塗装や屋根塗装においては、在宅していながら塗り替えやリフォーム工事を行った消費者から、工事の出来や工程...
「質問だけ」は、有料です!
「質問だけ」は、有料です!
質問への回答は、無料ではありません!有料のサービスです。 技術的な質問の電話をなさって来る方が多いですが、有料です! 電話を掛けてきて質問だけなさる方がいらっしゃいますが、当社は企業ですので顧客以外からの質問は基本的に有料です。質問なされば、それに回答している時間も人件費が発生していますし、技術的な内容はその知識を得る...
老舗が安心できる理由
老舗が安心できる理由
国内屈指の老舗塗装店は伊達ではありません! 品質を求める昔からの顧客が多い 先代や先々代(もっと前?)から弊社にご依頼をくださるお客様もいらっしゃいます。多分、途中で他社にも依頼したことがあると思われる方もいらっしゃいますが、まわって弊社に依頼をなさって来ています。 理由は、やっぱり安心と間違いがない施工ではないかと思...
塗り回数は何回が適切か?
塗り回数は何回が適切か?
回数塗れば良いわけでない!塗り回数は、多すぎても不適切 多くの方から頂く質問をブログ形式で紹介する第2回目は、「(塗装は)何回塗りをしますか?」という質問に回答します。 標準は2回塗り、でも工程や塗料によって異なります! 表面に塗られる仕上げとされる塗装は原則として2回塗りです。1回目も2回目も全体を塗るのですが、2回...
省エネ塗装って何だ?
省エネ塗装って何だ?
省エネ塗装は実在するのか? 「省エネ塗装」というPRを目にすることがありますが、そんな物が実在するのでしょうか? 屋根や外壁に塗るだけで、消費電力が減る塗料が本当にあるのか? 今回は「省エネ」に該当しそうな商品類とその実際の効果について書きます。 「省エネ」になる可能性が有る塗料と塗装 省エネというと、まず「遮熱塗装」...