おススメ記事
ガイナ(GAINA)とは

遮熱断熱塗料 GAINA(ガイナ)とは、どんな塗料か?

弊社では、ガイナの発売が開始されるほんの少し前に、セラミックバルーンが入った断熱・遮熱塗料を採用したい仕事があり、そこで出会ったのがガイナの前身となった塗料でした。

今回はガイナ(GAINA)について解説します。

30年ほど前に弊社に持ち込まれたアメリカの塗料

ガイナのような断熱塗料が、1990年代初頭にアメリカから弊社に持ち込まれたことがありました。価格は非常に高く、建築用塗料として使用するには色々と問題があったので使用することは出来ませんでしたが、薄い塗膜に断熱性が有ったので非常に驚きました。薄い金属板に、その塗料が塗ってあり、下からライターであぶっても塗膜の上は厚くありませんでしたし、塗料が熱で焦げることもありませんでした。

国産の断熱塗料

やがて時がたち、断熱塗料は価格面や建築用塗料として使用できる性能になり、国産化もされたので「使おう」となった訳ですが、普通の「塗装屋さん」であると元請けから設計図などで指定された塗料を使うことはあっても、自ら仕様を組み立てて仕事をすることは殆どないので、まだ珍しかった断熱塗料を使うということはなかったのではないかと思います。弊社では自ら仕様設計をしての提案でしたので、当時としては珍しい断熱塗料を使用することになったのです。そのガイナの前進である塗料を使用したときにメーカーである日進産業の営業担当者が「今度出るの(ガイナのこと)は、すごいんですよ。いろいろな場所に使えます。」と興奮気味に話していたのを思い出します。

弊社としても「新しく出るすごい断熱塗料」に興味があり、発売開始後まもなくして工場の塗装に採用し様々な部位に使用してみました。

ガイナを使用して「効果的な場所」、「効果が実感しづらい場所」

GAINAを使用してメリットがある場所、ない場所

明確な効果があったのは鋼板部分でした。夏は日にさらされて熱くなるのを押さえられましたし、冬はそれ自体が冷たくなって冷気を出すように感じることが少なくなりました。問題点は、ガイナだけでは密着しないので適したプライマーを使用しないといけないという事でしたが、それは弊社の技術力で適切なプライマーを選択し問題ありませんでした。(当時はガイナブランドでのプライマーはなく、各施工店の判断で一般他社の製品から選んで使っていました。)

効果を感じづらかったのは、断熱がしっかりなされた内壁でした。臭いを減らす効果はあったかと思いますが、劇的なものではありませんでした。

GAINAを使うデメリット

 

ガイナは厚みを持たないと効果が感じられないモノ!

セラミックバルーンが入っているという特徴から、ガイナは適切な厚みを持って初めて効果が出るものであることを当初から承知していました。ただ、適切な厚みを持たせて施工するのはそう簡単ではなく、感覚で塗装したのではどうしても薄くなってしまいます。弊社では施工部位の性格な面積を計測し、使用する数量を明確にし、全て塗りきるように施工することで確かな品質を得られるように施工させています。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
職人の写真を掲載する会社は危ない!
職人の写真を掲載する会社は危ない!
下請職人の写真を、チラシやホームページで掲載している会社は、工事品質が低い リフォーム会社などで、職人の顔写真にキャッチフレーズを付けて掲載している会社がありますが、その様な会社には注意が必要です。その理由とそこから読みとれることをお伝えします。 職人の本当の所属先を確認せよ! 弊社は自社社員での施工を主体としています...
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
前橋の国道17号沿いビルで外壁が剥がれ落ちる事故が発生 令和2年6月19日午後7時ごろ、前橋市住吉町の国道17号沿いの河ビルの4階付近から外壁のタイルが縦20センチ以上、横2メートル以上にわたって剥がれ落ちる事故がありました。幸い怪我人は出ませんでしたが、朝晩は通学通勤で多くの人が通る場所ですのでタイミングが違えば大事...
打ち放しコンクリートの再生工法
打ち放しコンクリートの再生工法
新築同様に直せる!打ち放しコンクリートの再生工法 弊社は修繕から仕上げまで行い、コンクリート打ち放し建物を新築時の様に再生する工事が可能です! 高級建築である「コンクリート打ち放し建物」は商業ビルやマンション、一般住宅でも見かけます。 しかし、高級であるのに「雨漏りはつきもの」と言われていたり、打ち放しの場合は塗り替え...
クーリングオフの方法
クーリングオフの方法
クーリングオフとは? クーリングオフとは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも、契約を再考(よく考える)できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度です。(国民生活センター) 「営業マンに急かされて、よく確認もしないで契約書に判を押してしまった・・・。」 ...
シリコン樹脂塗料とは~2022年最新塗料事情
シリコン樹脂塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年度最新版 シリコン樹脂塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第2弾として、シリ...
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」はカモを探す手段 「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」と称して、人々を集める会社がありますが、その催しは本当に役に立つのでしょうか? ハッキリ言えば、カモにされることはあっても消費者にとっては役立つことは全くないです。 なぜ「役に立たない」と言い切れるのか、今日はその理由につ...
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーは外して塗る!丁寧な工事は細部に表れる! エアコンのホースをキレイに隠すエアコンホースカバー。昔はむき出しでまとめられてテープが巻かれているだけだったエアコンの本体と室外機をつなぐホース類ですが、最近は樹脂製のカバーを取り付けるのが一般的です。このカバーは正しくは「エアコン配管用ダクト」という名前で...