おススメ記事
塗り回数は何回が適切か?

回数塗れば良いわけでない!塗り回数は、多すぎても不適切

多くの方から頂く質問をブログ形式で紹介する第2回目は、「(塗装は)何回塗りをしますか?」という質問に回答します。

標準は2回塗り、でも工程や塗料によって異なります!

表面に塗られる仕上げとされる塗装は原則として2回塗りです。1回目も2回目も全体を塗るのですが、2回塗ることで透けやカスレがない様にすることと、2回で期待される性能が出る厚みにする目的もあります。ただし、これらの仕上げ塗料は下塗りがなされた上に更に2回塗りするもので、そのものだけ2回塗りではありません。 プライマー(シーラーや錆止め)は1回塗りでもOKですが、これは素地を適切な状態にするために塗る工程ですので、本来は1回塗りで収まらなければ2回塗りでも3回塗りでも行わなければならないです。 商品の中にはプライマーが不要で仕上げ塗料を2回塗ればよいものもありますが、使用できる場所は限定されています。具体的には内装壁や軒の塗り替え時や、一部の特殊な瓦用屋根用塗料ぐらいで、外壁などの外部に使う場合は職人や営業マンが「大丈夫」と言ってもプライマーを塗ってから上塗り2回が正しい方法です。
工程・工種 塗り回数
上塗り(仕上げ) 2回塗り必須
下塗り(プライマー) 1回~2回塗り
一部の内壁や軒の仕上げなど 2回同じ塗料塗り(下塗り不要)
弊社は必要ならば2回以上塗り重ねます。回数はあくまでも目安であるので必要なときはそれ以上塗るのが技術です。ただし、闇雲に3回、4回と塗り重ねても悪影響となる場合もありますので、ただ意味なく数を塗るというのは技術がない会社が行うことです。

意味がない4回塗り

屋根の4回塗りをPRする業者は危ない

「屋根は4回塗ります」こう聞くと丁寧な施工をイメージするかもしれませんが、これは丁寧でも何でもありません。スレート屋根の場合は、塗り替え時には吸い込みが激しくて安い下塗りを2回塗っても収まらない(適切な下地にならない)ことが多いです。逆に性能の良い下塗りを使えば1回塗っても適切な下地になります。滅多にないことですが、性能の良い下塗りを使っても吸い込み残る場合に更に塗ればよいので、はじめから「4回塗ります」は安い下塗り塗料を使っていると吐露しているようなものなのです。

外壁の4回塗りは、無意味

一般的な戸建の塗り替えの場合は、外壁を4回塗る必要はないです。 コンクリート製の建物で中性化防止のために1回工程が増えて4回塗りになるというのなら理解できますが、それほど傷みが激しくない戸建て住宅に意味なく塗り替え数を増やしてもムダでしかなく、かえって塗膜剥離のリスクを増やすだけです。

塗り回数を誤魔化す人々

よくある手抜きの手法に「1.5回塗り」と呼ばれている方法があります。これは1回塗りで仕上げて2回目は透けていたり擦れている場所を直す程度で終えてしまう方法です。安い金額で使われている下請けさんの多くはこの方法で工事を仕上げています。 塗り回数を減らせば、手間も塗料も同時に削減できるわけで不当に大きな利益を生むことが出来ます。営業マンが多数いる会社、訪問販売をしている会社、広告を頻繁に出す会社にはご注意ください。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
ラジカル塗料とは、どんな塗料?
ラジカル塗料とは、どんな塗料?
ラジカル制御塗料とは ラジカル塗料について教えて欲しいという問い合わせが、最近多くなってきました。 正確には、ラジカルという塗料はなく、化学的には不対電子を持つ原子や分子のことを指します。ラジカルは極めて不安定かつ反応性の高い状態の分子種で、非ラジカル種と反応する際に電子を奪い取って安定化し、反応後には新たなラジカルを...
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年最新版 アクリル塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第1弾として、アクリル樹...
週刊誌のリフォーム会社選び指南は大問題
週刊誌のリフォーム会社選び指南は大問題
あなたの家が、知らぬ間にショウルームにされていても大丈夫ですか?良いリフォーム会社は絶対に行わない事 8月9日に「SPA!」から配信された「悪徳リフォーム業者から家を守る方法。大幅値引きは危ない?」は全てではありませんが問題があるので、あえて名前を出して指摘します。 「専門工事会社に頼むのが正解」ではあるが・・・ 特定...
クーリングオフの方法
クーリングオフの方法
クーリングオフとは? クーリングオフとは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも、契約を再考(よく考える)できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度です。(国民生活センター) 「営業マンに急かされて、よく確認もしないで契約書に判を押してしまった・・・。」 ...
塗り回数は何回が適切か?
塗り回数は何回が適切か?
回数塗れば良いわけでない!塗り回数は、多すぎても不適切 多くの方から頂く質問をブログ形式で紹介する第2回目は、「(塗装は)何回塗りをしますか?」という質問に回答します。 標準は2回塗り、でも工程や塗料によって異なります! 表面に塗られる仕上げとされる塗装は原則として2回塗りです。1回目も2回目も全体を塗るのですが、2回...
足場キャンペーンは本当に得か?
足場キャンペーンは本当に得か?
足場が「無料」や「半額」のキャンペーンには裏がある! キャンペーンと称して「足場無料」とか「足場半額」で広告を出している会社がありますが、それらは本当に得なのでしょうか?今回はそのようなキャンペーンを検証したいと思います。 市内 某リフォーム会社 「足場半額キャンペーン」の折り込みチラシが入ってきました。 その内容をよ...
無機塗装の安い物は、性能が低い!
無機塗装の安い物は、性能が低い!
無機塗料は、価格で性能が雲泥の差があり(無機塗装) 無機塗装(無機塗料)は、「フッ素樹脂塗装より耐久性が高い」との売り込みで最近出回っており、広告で大々的に売っている会社もあります。しかし、それらの価格は本物の無機塗料を使用したら絶対に実現できない金額であることが多いので、詳しく調べてみるとトンデモナイことが分かりまし...
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦の2004年問題 初期のノンアスベスト瓦が割れて崩れる! 最近は金属屋根の家が増えてきましたが、まだまだ薄型スレート瓦が多くの家で使われています。価格が安く、軽く工事も比較的簡単なので建築コストを抑えるために「コロニアル」や「カラーベスト」の別称(いずれも商品名)で1980年頃から多く使われるようになりました...