おススメ記事
何回塗りをしますか? ~よくある質問に答えます!その2~

多くの方から頂く質問をブログ形式で紹介する第2回目は、「(塗装は)何回塗りをしますか?」という質問に回答します。

標準は2回塗り、でも工程や塗料によって異なります!

 表面に塗られる仕上げとされる塗装は原則として2回塗りです。1回目も2回目も全体を塗るのですが、2回塗ることで透けやカスレがない様にすることと、2回で期待される性能が出る厚みにする目的もあります。ただし、これらの仕上げ塗料は下塗りがなされた上に2回塗りするもので、そのものだけ2回塗りではありません。
 プライマー(シーラーや錆止め)は1回塗りでもOKですが、これは素地を適切な状態にするために塗る工程ですので、本来は1回塗りで収まらなければ2回塗りでも3回塗りでも行わなければならないです。
 商品の中にはプライマーが不要で仕上げ塗料を2回塗ればよいものもありますが、使用できる場所は限定されています。具体的には内装壁や軒の塗り替え時や、一部の特殊な瓦用屋根用塗料ぐらいで、外壁などの外部に使う場合は職人や営業マンが「大丈夫」と言ってもプライマーを塗ってから上塗り2回が正しい方法です。

工程・工種塗り回数
上塗り(仕上げ)2回塗り必須
下塗り(プライマー)1回~2回塗り
一部の内壁や軒の仕上げなど2回同じ塗料塗り(下塗り不要)

弊社は必要ならば2回以上塗り重ねます。回数はあくまでも目安であるので必要なときはそれ以上塗るのが技術です。ただし、闇雲に3回、4回と塗り重ねても悪影響となる場合もありますので、ただ意味なく数を塗るというのは技術がない会社が行うことです。

塗り回数を誤魔化す人々

 よくある手抜きの手法に「1.5回塗り」と呼ばれている方法があります。これは1回塗りで仕上げて2回目は透けていたり擦れている場所を直す程度で終えてしまう方法です。安い金額で使われている下請けさんの多くはこの方法で工事を仕上げています。
 塗り回数を減らせば、手間も塗料も同時に削減できるわけで不当に大きな利益を生むことが出来ます。数多い営業マンがいる会社、訪問販売をしている会社、広告を頻繁に出す会社にはご注意ください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事