おススメ記事
下請を使うのはアリ?ナシ?(後)

下請が手抜きをするには理由

前回お伝えした通りで、塗り替え業界における下請け業は、非常に厳しい状況に置かれています。技術よりもスピードが重視され、仕事の良し悪しも区別がつかず、ただ売って一部をかすめ取るだけの元請が増えたこともあるのですが、修業することを嫌がり、安易な方法で儲けようとする職人モドキが増えたことも業界のレベル低下の一因にはなっています。

元請けの社会的な責任

金融機関などは、方法は問わずに利益を上げる会社を良い評価をします。しかし、世界的な基準でみると不公平な取引で利益を上げる会社を社会は許していません。ユニクロが新疆ウイグル自治区で作られた綿を使った衣類を販売しているとしてアメリカで輸入差し止めとなり、フランスでは人道犯罪として捜査を受けています。これは経済的社会的に弱い立場にある発展途上国の生産者を著しく安い賃金で働くことで、経済的社会的に強い立場にある先進国の消費者が大きな利益を得ることを問題として「公正な取引をすべき!」という考え方に基づいた行動です。今の世界において企業はより高い倫理観と真の意味でのコンプライアンス遵守(現代日本の表面的なコンプライアンス遵守とは異なります)が求められています。
しかし!日本の建築業界では国内にも関わらずアンフェアな取引が日常的に行われており、職人たちも技術を学ぶ場所がほとんどありません。技術が向上せず、手抜きが増えれば、最終的に消費者にシワ寄せが行き、高額な代金を支払っても低いレベルのサービスしか受けられなくなります。事実そうなっている地域は少なくありません。

当社では基本的に塗装職人を直接雇い入れています!

もちろん儲けられるに越したことはありませんが、不公平な取引で職人からも搾り取るようなビジネスは正しくないと当社では考えています。自社で直接行わないような工種(足場など)でも、なるべく安い金額での協力はお願いしながらも毎回利益として問題がないか確認し、フェアな取引となるように心がけています。

また、自社では基本的に職人も社員として雇い入れ、社会保険など公的手続きは会社が担うことで安心して働けるようにしています。安心して働いてもらい、その中で技術を習得できるような環境づくりに当社は早くから取り組んでおりますが、まだまだ古いシステム下での労働が主流な業界で、社会保険料の自己負担分が理解できない者も多く、自社職人の限界を感じ始めています。。。。

下請を使うのならば、厳選し、公正な取引をすることが重要!

先にも書きましたが、今の塗り替え業界では不公平な取引が横行し、そのためいくら元請が「手抜きがない」と言っても現場レベルで行われてしまうといった問題があります。「下請けでも約束とおりの工事をするべき。」という意見もあるかと思いますが、請負金額が低すぎているわけですから、下請けである職人たちには届きません。納得できる手間賃を支払うからこそ、下請け業者もそれに見合った仕事をしてくれます。ただし・・・・日ごろから手抜きをし慣れている職人は意図せずに作業が手抜になってしまいます。日ごろから手間暇をかけられる仕事を主体としていないと良い仕事は出来ないのが職人の仕事です。
元請は、手間暇かけることを厭わない職人を厳選し、その上で公正な手間賃で作業をしてもらうように心がけないといけない、相当者は考え実行しています。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
塗装トラブル相談の事例①
塗装トラブル相談の事例①
消費者からの塗装トラブル相談① 自称ナンバーワンの会社の手抜きとウソ 弊社では、消費者から他社が起こしたリフォームトラブルに関しての相談を受けています。 県内の業者が起こしたリフォームトラブルについても相談されるのですが、その中で常連というか、よく出てくる会社が県内で数社あります。 今回は、最近一般の人にも分かりやすい...
第5話 引き止め
第5話 引き止め
日本からアメリカに帰って、スグに大学の相談員に事情を話した。 相談員は、アメリカで勉強を続けないかと言ってくれ、奨学金など斡旋してくれると言ってくれた。 ただ、僕は父が回復したらまたアメリカに戻ろうと考え、休学をすることにした。 熱心に引き止められると思っていなかったので、少しうれしかった。 アパートのマネージャー(管...
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年最新版 アクリル塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第1弾として、アクリル樹...
第1話 ハロウィーン
第1話 ハロウィーン
午後、窓から通りを見下ろすと仮装をした子供の集団が移動していく姿が見えた。 大学のすぐ近くに住んでいたが、アメリカと言っても都会でアパート・・・日本で言うマンションばかりの地域であるため、子供たちは闇雲に「トリック・オア・トリート」と言って家を回ることはなく、知り合いの家だけを大人が同伴して回っていたのだ。 その夜には...
スレート屋根塗装
スレート屋根塗装
スレート屋根の塗装が正しく出来ない塗装屋が多い! コロニアル屋根とも呼ばれているスレート屋根の塗装は意外と正確な塗装がなされていないものが多いです。そのため、施工業者に技術が有るか無いかで将来的な結果が大きく変わってしまいます。 原因の第一位は、施工業者がスレート屋根用塗料の施工要領書をしっかりと読み込むことなく「ただ...
FRP防水とは?
FRP防水とは?
戸建て住宅のベランダに多く採用されているFRP防水 塗り替え時にベランダなどの防水工事の上塗りを一緒に行うことが多いですが、この防水工事を普通の塗装屋さんが行うと次回のメンテナンス時に困ったことになるケースがあります。 今回は小面積の防水(ベランダなど)で多く採用されているFRP防水についてメリット・デメリットも交えな...
タスペーサーで縁切りできるのか?
タスペーサーで縁切りできるのか?
タスペーサーは、スレート屋根塗装時には縁切りする?? 「縁切り」とは 「縁切り」とは、スレート屋根瓦同士が塗料で接着してしまって水が抜けるための隙間を埋めてしまうことを避けるために、塗装が終わった後に行う作業です。 スレート屋根は、重ねて葺いてあるので、重なった間に液状である塗料は入り込むため、塗ったままだと接着してし...