おススメ記事
安さ強調のチラシ広告には要注意!!

安さ前面に出した塗装リフォーム広告は危険がいっぱい!

毎週のように外壁や屋根の塗装、塗り替えやリフォームに関するチラシが新聞に折り込まれます。コロナ禍の現在でもたくさんの広告が入ってきますが、それらの中には「SALE」や「キャンペーン」などと称して大きく値引きすることを表示している広告もありますが、「安さ」には必ず安く出来る理由があります。

余剰生産はあり得ない塗装やリフォーム工事

工場製品ではない塗装やリフォームなどの建築工事は、計画的な生産は出来ません。依頼される工事ごとに内容も金額も異なる全て注文生産です。それに加えて基本は現地での工事ですので「暇な時に作っておいた」とかの余剰生産品は出ないので、工場生産品にあるようなSALEは出来ません。

塗装での安売り=手抜きをするしかない事実

余剰生産が出来ない商品なのに、塗装やリフォームのチラシにはSALE特別価格・が最前面に大きく書かれている物が多くあります。しかし、余剰在庫は存在しないのですから「安く仕入れが出来た」ということはないので、安売りした分は金額に含まれている「何か」を削ることになります。 経営者であれば分かると思うのですが、家計と違って利益を削ると会社は立ち行かなくなりますので、その様な会社は材料と人件費を削ります。材料費は問屋が協力をしてくれたとしても微々たる金額で特別価格と言えるような額にはなりません。なので、最も削られるのは人件費です。 真っ当な工事をするのには、どうしてもかかる手間があります。それを削るのですから、必然的に手抜きが生まれてしまいます。

塗り替えなどを安売りをしたい理由

では、なぜそのような会社はSALE(安売り)までして受注にやっきになるのでしょうか? あくまでも推測でしかありませんが、その様な値引きを始めるのは、受注量の減少があると考えられます。多くの広告代、事務員、電話番、営業マン、支店などに係る店舗の賃料や固定費・・・・それらを賄うためにはどうしても売り上げが必要ですので、安さという最も安易な客引きを行うわけです。 最近トラブルでコンサルタントの依頼があった方のうち3/4は、そのような会社で施工された方で、コロナ禍によって「在宅していたら事前説明とやっていることが違う」とか、「在宅を伝えないでいたら明らかに手抜きをしていることが分かった」などで組織ぐるみで手抜きを行っていたのではないかと思われました。いくら広告では「手抜きがない」とか書いたところで、バレてしまえば、口コミで広がるものです。 値引きを強調したような広告や、見積だけで物がもらえるというチラシには注意を十分にしてください。

安く見せかける不当広告もあるので注意!

その他に元の値段を高く設定し、そこから値引くという商法があります。それを広告などで期間限定などとしている場合、多くは景品表示法で禁止されている有利誤認表示となり、違法です。 残念ながら被害が多くないと、なかなか取り締まられないのが現状です。 大々的にチラシを配っていても、その様な違法行為を行っている会社がありますので、十分にご注意ください。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装するのは手抜きと言える! 弊社の建築現場のお隣で、塗り替え工事が行われており、施工の様子を見ることと工事を行っていた職人さんたちと話す機会があったので、今の塗り替え業界で起きている問題点と施工している人たちの厳しい現状をお話しします。 ローラーだけで工事を行う職人(?) 本来は、端部や入隅、細幅の部分...
無機塗料とは~2022年最新塗料事情 
無機塗料とは~2022年最新塗料事情 
無機塗料とは!? リフォーム会社や塗り替え屋(大量の広告を出し、技術を問わないで下請けを使って工事をしているような会社)を中心として、「フッ素樹脂塗料」よりも耐久性が高いとして無機塗料を薦められていますが、実際はどの様な物なのでしょうか?今回は、無機塗料の現状をお話ししたいと思います。 本来の意味の無機塗料とは、無機成...
出版社の誤った記事②
出版社の誤った記事②
上梓(本を出すこと)も費用を出せば出版社から出してもらえる時代 その1で、インターネット上だけでなく信頼できる情報を載せなくてはいけない出版物にもウソや間違いが多くあることを書きましたが、今回はさらに進んで市場が萎み収益を上げられくなった出版会社がメディアコンサルティングと呼ばれる新たなビジネスを始めたことが生んだ闇に...
第6話 帰国準備
第6話 帰国準備
大学のアドバイザーから、一旦休学して落ち着いたら戻ってきてはどうかと提案があった。 リハビリが必要と言っても父の状態は悪くなかったので、1年もしないうちに戻れると思い、休学をすることにした。 ただ、アパートも家具も車もそのままにして離れるわけにはいかないので、すべて手放してから帰国することになった。 意外にも、それに時...
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
サイディングの貼り方は一つではない!建築工法で変えるべきな塗り替えの方法 前回は、サイディング板へのクリヤー塗装について書きましたが、今回は家の造り方で変えるべき工法について書きます。 サイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第5弾(最終回)です。 5建築工法でサイディングの塗り替え方法も変...
ローラーの正しい使い方
ローラーの正しい使い方
ローラーの使い方は簡単なようで正しく使えていない職人が多くいる! いわゆる刷毛に代わってローラーが塗装工事のイメージシンボルになるほど多く普及していますが、このローラーを正しく使えない職人さんも多くいるようです。 他社の仕事を拝見するときに「どうしてあんな使い方をした?」と疑問に思うことも少なくなく、きっと、ローラーは...
コンクリート造(RC)の雨漏り修繕
コンクリート造(RC)の雨漏り修繕
コンクリート造の建物は雨漏りがつきものなのか? コンクリート造の建物は高級感もアリ、デザイン的にも素敵な建物が多いですが、なぜか築数年で雨漏りが起こるというジンクスがあります。 大きな雨漏りもありますし、染み出すような原因不明の雨漏りもあり、悩んでいる方も少なくありません。 コンクリート造建物が雨漏りする理由 コンクリ...