おススメ記事
老舗が安心できる理由

国内屈指の老舗塗装店は伊達ではありません!

品質を求める昔からの顧客が多い

先代や先々代(もっと前?)から弊社にご依頼をくださるお客様もいらっしゃいます。多分、途中で他社にも依頼したことがあると思われる方もいらっしゃいますが、まわって弊社に依頼をなさって来ています。
理由は、やっぱり安心と間違いがない施工ではないかと思われます。
忙しい方で任せておけばしっかりと工事をしてくれる会社に頼みたい方、言わなくても最高品質の工事をしてくれる会社に頼みたい方、社会的な地位があり品質のしっかりとした工事でないと困る方など・・・・。
期待を口にする方もいらっしゃいますし、完工後に「やっぱり老舗だけあるね」とお褒めくださる方もいます。
そんな期待をなさってくれる方がたを裏切るわけにはいかないという想いが弊社にはございます。

「お客様のため」が第一優先

工事をなさる方には建築会社を間に入れて・・・というケースもありますが、今は建築会社の作る仕様や、弊社以外の工事業者による問題がある場合は、ズバズバと指摘して「それでもよろしいですか?」とお客様に確認します。高度経済成長期やバブル期は建築会社の力が強かったので、そんな事を言うと建築会社からの嫌がらせが酷かったので言うに言えませんでしたが、今は自社でも建築会社がありますし、元請け率が非常に高いので(建築会社と)対峙する技術も知識も能力もあるため、お客様のためにならなければ躊躇わず進言をします。そんなところも老舗でいる理由かと思います。

新築で指定なさってくれたお客様
以前、突然知らない建築会社から工事の依頼がありました。それまでに取引がないところなので理由を尋ねると「施主(建築主)からの指定」だという事でしたので施主の名前をうかがったのですが知らない方でした。注文してきた建築会社の信用も分からないのでいろいろと確認して、工事をしても問題がないだろうという事になり、工事に入りました。工事中には施主のお父様が頻繁に現場にいらしていて、話しかけられました。その方が自身の家を建てたときに「塗装は岡部なら間違いがない」と大工の棟梁(昔のことです)から言われたことを何となく覚えていて弊社を指定してくださったという事でした。弊社の職人が普通では見えないドア枠の上もしっかりと塗っている姿を見て「やっぱり老舗は手抜きをしないんだね。」と感心されたことを覚えています。

老舗として信頼と安心を守るためにしている事

1技術的な”出来ない”、”分からない”がない様に努めています!

いくら老舗だといっても、それにふさわしい技術や知識がなければ価値がありません。塗装業者には、文章を読まない、書かない、確認しないという方が少なくないですが、弊社ではメーカーの技術資料をしっかりと読み、確認をし、普通の職人でも分かるようにレクチャーをするなどして、間違いのない技術で施工をしております。最新の塗料や塗装機器の情報もくまなく調べ、より良い施工をするよう努力を続けています。

また、文章だけではなく、技術的な研究と改革を進めております。塗装に関する基本技術はもちろん、欧米では塗装でも使われる油絵の描画技術をくまなく会得し、それらを言葉で説明しながら教えることができるようになるまでの理解をして現場の技術も向上させています。

2建築全般の知識を得て学んでいます!

建物の塗装を行うには、ただ塗るだけでは足らないです。建物ごとに使われている素材も違いますし、修繕が必要な場合も多く、それらはしっかりとした知識に基づいて工事を行わないといけません。
建築の基礎知識、素材の知識などもそれぞれ専門図書や公的な専門資格を取得して学んでいます。

ネットやYouTubeでは学べません
ネット検索やYouTubeで補修方法を調べるといった業者も多いですが、ハッキリ言ってネットやYouTubeにはウソやいい加減、素人の思い付きが多いですので、しっかりと学んだプロから見たら子供の砂遊び程度にしか見えません。自称で「日本一の・・・・」といってYouTubeチャンネルを持っている職人(?)もいますが、昔ならば見習いのレベルです。

3使用する塗料や資材を厳選しています!

彼のエルメスは、世界中の高級素材の中でも最高級品の良い部分だけを選んで買い、それらを間違いのない職人で製品にしているので、高い品質の素晴らしい商品を作ることが出来ています。世界中のセレブからも愛されているのには、価格だけではなく素材も含めた品質の高さにあるのではないかと思います。
弊社も、素材は厳選して、工事を行っております。
国産メーカーは総じて品質の高いものが多いですが、その中でも施工性だけでなく密着性や製品安定性もよく吟味してご案内するメーカーを選んでいます。海外メーカーの商品をありがたがって使う方もいますが、国産品と比べると耐久性などに問題があるため弊社では使用しておりません。詳しく言うと、カタログと実際のせいのが違い過ぎるからです。最近の国内販売メーカー(OEMで売る会社)のカタログも実際よりも誇大に性能を説明しているので、それらも使用しておりません。

 

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦の2004年問題 初期のノンアスベスト瓦が割れて崩れる! 最近は金属屋根の家が増えてきましたが、まだまだ薄型スレート瓦が多くの家で使われています。価格が安く、軽く工事も比較的簡単なので建築コストを抑えるために「コロニアル」や「カラーベスト」の別称(いずれも商品名)で1980年頃から多く使われるようになりました...
メーカーによるリフォーム店評価リスト
メーカーによるリフォーム店評価リスト
消費者が知りたいメーカーによるリフォーム店の評価リスト 全国リフォーム店が評価され、問題店の名が掲載されているリスト ある大手メーカーの「極秘・施工問題店リスト」(技術的に問題がある会社)を入手しました。ある会社の営業課が個人的にクレーム対応のために作ったリストで、施工技術に問題がある会社が一覧とされています。当然なが...
契約を守らない消費者の言い分
契約を守らない消費者の言い分
契約書を交わしていただくのは、それ相応の理由があります。 前回、実際にあったトンデモナイ要求をしてくる人たちをご紹介しましたが、今回はその派生版で契約をしてもトンデモナイ要求をする人たちをご紹介します。 原価で工事をしろ 「安く(工事を)して」という方が多いのは当たり前なのですが、中には原価で工事をしろと要求して来る方...
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金はでるのか? 補助金が出される対象 令和3年度は、以下が補助対象でした。 屋根(ふき材料及び防水材)、外壁、雨樋等の外部に面している部分の改修 屋根、外壁等の塗装 テラス、ベランダ、バルコニーの改修 これらは、年度によって変わる場合がありますが、ほぼ同じ内容で継続されると思われます。 補助金が出...
第3話 一時帰国
第3話 一時帰国
以前は、上野から新幹線に乗るしかなかったのだが、その時初めて東京駅まで新幹線が延びていることを知った。 慣れない東京駅は、巨大すぎてどちらに行けば新幹線ホームがあるのか全く分からず、右往左往してしまった。 日本語を長い間まともの話していないと、日本に帰ってきてもとっさに日本語が出て来ないもので、考えれば考えるほど英語し...
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真!「手抜がない、ナンバーワン」を自称する会社の実態 「手抜がない」や「ナンバーワン」を自称する会社さんで屋根塗装をしてもらったという方が、2022年3月19日の「スレート屋根の縁切り タスペーサーは有効か?」をご覧になりタスペーサーを使い方が正しいのかという相談がありまして、その過程で施工会社が撮影した...
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」はカモを探す手段 「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」と称して、人々を集める会社がありますが、その催しは本当に役に立つのでしょうか? ハッキリ言えば、カモにされることはあっても消費者にとっては役立つことは全くないです。 なぜ「役に立たない」と言い切れるのか、今日はその理由につ...
職人の写真を掲載する会社は危ない!
職人の写真を掲載する会社は危ない!
下請職人の写真を、チラシやホームページで掲載している会社は、工事品質が低い リフォーム会社などで、職人の顔写真にキャッチフレーズを付けて掲載している会社がありますが、その様な会社には注意が必要です。その理由とそこから読みとれることをお伝えします。 職人の本当の所属先を確認せよ! 弊社は自社社員での施工を主体としています...