おススメ記事
プロの完成検査の仕方

完成検査は、プロならではのポイントがある!

弊社では自社で工事を行った工事を検査をしてお客様にお渡しをしています。
この検査を行っていない会社や検査とは言えない程度の確認で終える会社も少なくないですが、弊社は老舗ならではのノウハウで重要なポイントをしっかりと見ています。
今日は、そんな「プロの検査」を一部ご紹介したいと思います。

塗装工事における仕上げ検査

塗替えをはじめとする塗装工事の仕上検査はただ塗残しがないか確認するだけではありません。弊社では少なくとも以下の項目を確認しています。

  • 塗り厚は適当か
  • 適切な素地にしてから塗装してあるか
  • 刷毛、ローラーの目は通っているか
  • 透け・擦れはないか
  • 塗料ダレ、塗料溜まりはないか
  • 指定された艶調整が出来ているか
  • 変色、色交じりはないか
  • 塗り残しはないか
  • ハミ出し、塗りすぎはないか
  • 養生の被りは適当か
  • ゴミ、虫などの付着はないか
  • 清掃はしっかりできているか
  • 養生材などの残しはないか

文字で表すと簡単そうに見えますが、上記の内容をしっかりとチェックするのは意外と難しく、人間が行うことですので見落としも起こりえます。なので、弊社では社内検査として2重チェック+1として、管理者による検査後に手直しをしたら現場責任者が再度チェックし、その後再度管理者が検査をしています。

検査で気を付けるポイントは!?

お客様も検査と称して全体を見てまわる方もいますが、管理者はプロであるが故のポイントで仕上げを診ます。

これは経験によるところが大きく、言葉だけで表すことは出来ないものですが、その一部でも表現すると裁縫と同じで「襠(マチ)と角を見る」という事です。大きな面は大抵キチンとできる物ですが、角や端にはその仕事に手間を掛けたか、どうかが出ます。安い業者や大量受注している業者は、一見はキレイですが決まって角や端の精度が低く点数としては百点満点で56点といったイメージです。利益を上げるには手間を減らすしかないのですが、それを平然と行うのは三流です。弊社には出来ない行いです。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
正直塗装店とは何だ?
正直塗装店とは何だ?
正直塗装店・・・ってなに? ネット広告での「正直塗装店」の文字で感じた違和感 ネットでは表示された広告は様々なものがありますが、その中に「正直塗装店」というものを見ました。 「ちょっと待って、この会社の下請けから泣きの相談が入ったばかりでウソばっかりじゃないか!」と怒りにも似た感情がありましたので、ここで洗いざらい話し...
スレート屋根塗装
スレート屋根塗装
スレート屋根の塗装が正しく出来ない塗装屋が多い! コロニアル屋根とも呼ばれているスレート屋根の塗装は意外と正確な塗装がなされていないものが多いです。そのため、施工業者に技術が有るか無いかで将来的な結果が大きく変わってしまいます。 原因の第一位は、施工業者がスレート屋根用塗料の施工要領書をしっかりと読み込むことなく「ただ...
信頼される岡部塗装店
信頼される岡部塗装店
信頼されるから名所も岡部塗装店の仕事です!前橋ハリストス正教会(ロシア正教) 2015年に建てた新しい聖堂 ロシアによるウクライナ侵略で、日本国内に住むロシアの方々も本当に心を痛めています。 前橋でもロシアの人たちがロシア正教の前橋ハリストス正教会で祈りをささげています。 前橋ハリストス正教会の礼拝(日曜日)で祈りがさ...
フッ素樹脂とは~2022年最新塗料事情
フッ素樹脂とは~2022年最新塗料事情
フッ素樹脂は本当に耐久性が高く価値があるのか? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第4弾として、フッ素樹脂塗料に...
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真!「手抜がない、ナンバーワン」を自称する会社の実態 「手抜がない」や「ナンバーワン」を自称する会社さんで屋根塗装をしてもらったという方が、2022年3月19日の「スレート屋根の縁切り タスペーサーは有効か?」をご覧になりタスペーサーを使い方が正しいのかという相談がありまして、その過程で施工会社が撮影した...
出版社の誤った記事①
出版社の誤った記事①
誤りがあっても紹介してしまう雑誌「建築知識」 インターネット上には様々な情報が溢れていますが、数年前からその内容には簡単に信頼を置けないとまで言われるようになってしまいました。実際、ウソが非常に多く、自己のビジネスのために都合よく話を作り変えて複数サイトで発表するグループもあり、一般消費者は真実がどうであるのかどんどん...
回転寿司と塗装店
回転寿司と塗装店
寿司業界と似ている塗装業界 昔は「すし」は高級品でしたが、回転寿司が普及した今はそれほど高い印象もなく気軽に口にすることが出来るようになりました。でも・・・回転寿司は本当に安いのでしょうか?もちろん超高級寿司店から見たら非常にリーズナブルではありますが一般的なお寿司屋さんと比べると最近はあまり変わらないような気がします...
下請を使うのはアリ?ナシ?(後)
下請を使うのはアリ?ナシ?(後)
下請が手抜きをするには理由 前回お伝えした通りで、塗り替え業界における下請け業は、非常に厳しい状況に置かれています。技術よりもスピードが重視され、仕事の良し悪しも区別がつかず、ただ売って一部をかすめ取るだけの元請が増えたこともあるのですが、修業することを嫌がり、安易な方法で儲けようとする職人モドキが増えたことも業界のレ...