おススメ記事
サイディング板への塗装 ④クリアー塗装

前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第4弾です。
今回は高意匠サイディングへのクリアー塗装について書きます。

4.クリヤー塗装は条件が厳しい!

高意匠サイディングのメンテナンス

石調やレンガ調などの意匠性があるサイディングがふえています。高意匠サイディングも他のサイディングと同様にメンテナンスが必要です。最近は長持ちするようなコーティングが施されている窯業系サイディング板も増えており、そのようなコーティングは塗料の密着を妨げる物もありますので、メンテナンスは慎重に行う必要があります。当然ですが難易度は年々上がっており、比例して施工のトラブルも増えていると言われています。

シーリングの打ち替えは?

クリヤー塗装を施す場合のシーリングは必ず後打ちにしなければなりません。明確な理由もありますが、これもまた技術がない者が切り取って悪用するためここでは控えます。もし疑いがあるようでしたら、当社に工事を依頼してくださるか、メーカーなどの技術資料をお読みください。

補修する場合

クリアー塗装するサイディング板を補修する場合は、通常よりも費用が掛かります。クリアー塗装を施すわけですから補修痕が全て見えてしまうためですが、全く分からないように補修することも可能です。

ツヤはどうする?艶あり?艶消し?

元々は艶がない状態であったはずなので、弊社ではツヤ消しもしくは半ツヤをおススメしています。ここでも注意点があって、艶消しでも半艶でも、艶を調整して仕上げる場合は同じ艶を調整した塗料を2回塗ってはいけません。また、塗り方にムラがあると艶がムラになるので、均一に塗装する技術も必要です。

クリアー塗装が出来ないケース

サイディング板自体が傷みすぎていたり、表面の仕上げが劣化しすぎたりしている場合は残念ながらクリアー塗装は出来ません。これは目視でも判断できますし、事前にテストすることで簡単に分かるのですが、明らかにクリアー塗装には適さない状態でもお構いなしに塗装してしまう業者が多いので気を付けましょう。適さない状態にクリアー塗装をしても美観は戻りません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事