おススメ記事
ローラーだけで塗装する弊害

ローラーだけで塗装するのは手抜きと言える!

弊社の建築現場のお隣で、塗り替え工事が行われており、施工の様子を見ることと工事を行っていた職人さんたちと話す機会があったので、今の塗り替え業界で起きている問題点と施工している人たちの厳しい現状をお話しします。

ローラーだけで工事を行う職人(?)

本来は、端部や入隅、細幅の部分などはローラーでの施工は適さず刷毛塗りをするものです。
これには理由もありまして、端部の塗膜が厚くなれば塗装膜が剥がれやすくなるため適切に薄く塗り重ねる必要があるからなのです。
それが、弊社建築工事現場のお隣で塗装工事を行っていた職人(?)さんたちは、刷毛を使わず全てローラーで施工していました。細部を見るとやはり端部や塗分けに問題があり、弊社で検査すれば、当然不合格です。

なぜ刷毛を使わないの?

お隣で塗装工事をしている職人さんたちと休憩中に話すことがあったのですが・・・こんな会話になりました。
(弊社の発言を「私」、親方と思える職人さんを「A」、若い職人さんを「B」とします。)
私 「すごいね。ローラーだけで工事できるの?」
A 「あ、どうも。今はローラーですよ。」
私 「刷毛はもう使わないの?」
A 「刷毛なんか使わないっすね。全部ローラーっす。な!(Bに同意を求める)」
B 「そうっすね。」
私 「昔は細かなところを職人さんが刷毛でササっと塗ってたから驚いちゃったよ。」
A 「刷毛なんか使うのは年の人だけっすね。」
私 「今は刷毛の修業はしないの?」
A 「そういうのはないっすね。ローラーでいけます。」
私 「細かなとこもローラーで出来ちゃうんだ?」
A 「ローラーが入らないところは刷毛とか使いますけど、まず使わないでいけますよ。」

会話から、刷毛を「使わない」のではなく「使えない」のだと確信しました。そもそも刷毛を使った修行をしたことがないというのですから、技術を持ちようがないです。そのレベルが今の一般となっているわけで・・・・品質は下がるばかりです。

会話で分かったヤバイ下請施工の実態

私 「そうなんだ。もう(仕事を始めてから)長いの?」
A 「オレは20年やってます。お前(B)は?」
B 「オレは8年・・・かな。」
私 「へー。どこの会社さん?」
A 「オレたち下請なんすよ。会社(元請)は○○○○です。」
私 「あ、○○○○の下請けさんなんだ。。。あそこの会社って(下請けに払う金額が)安くない?」
A 「知ってますか?!有名なんですね。。。。」
私 「この規模だと○○万円くらい?」
A 「(驚いた顔をして)ピッタリです。2人で来てるんでキツイっすね。」
私 「1週間ぐらいで仕上げないと手間にならないね。ウチは検査が厳しいけど倍くらいの予算でやってるよ。」(彼らの技術レベルでは使えないですが・・・)
A 「今度使ってくださいよ。元請は(実入りが)イイんですけど、オレんちだと難しいっすね。」
私 「でも○○○○さんって、全部自社職人でやってるのじゃなかった?」
A 「現場は全部下請だよな!(Bに同意を求める)職人で勤めてる奴はいますけど営業が取ってくる建築屋の仕事用で使えねー奴ばかりです。現場出来るのは一人もいないっすよ。」
私 「あーそうなんだ。すごいね○○○○さんは、ウソも平気だ。」ミヤケン
A 「へっちゃらでしょう(笑い)。」ミヤケン 手抜き工事

下請さんたちですから愛社精神は持てなくとも、元請けと良好な関係であるのかと思いましたが実態は違っていました。それどころか、奴隷契約とも思えるような安い金額でコキ使われているので恨みに近い感情があるのではないかと感じました。このような関係で工事がなされているわけですから、下請けたちが隙あらば手抜きをすると考えてもおかしくないですね。広告を大量に出して、思考停止している消費者に質の悪い工事を売りつける商法が増えていますが、技術を主体とする仕事においてはそのような業者は淘汰されるべきだと強く思いました。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
第4話 帰ってきて欲しい
第4話 帰ってきて欲しい
父の様子は想像していたよりも良かった。 ただ少しマヒが出てしまったので、リハビリが必要であるとのことだった。 父を見舞った夜に、母から帰国を打診された。 母には言わなかったが、卒業後はすでに政府機関からお誘いを受けていて、その方向に進もうと考えていた。 生粋のアメリカ人でも、なかなか就職(就任?)することが出来ない機関...
シリコン樹脂塗料とは~2022年最新塗料事情
シリコン樹脂塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年度最新版 シリコン樹脂塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第2弾として、シリ...
出版社の誤った記事①
出版社の誤った記事①
誤りがあっても紹介してしまう雑誌「建築知識」 インターネット上には様々な情報が溢れていますが、数年前からその内容には簡単に信頼を置けないとまで言われるようになってしまいました。実際、ウソが非常に多く、自己のビジネスのために都合よく話を作り変えて複数サイトで発表するグループもあり、一般消費者は真実がどうであるのかどんどん...
ホームセンターに塗り替えは頼むな!
ホームセンターに塗り替えは頼むな!
ホームセンターに工事を頼む危険性 前回の塗り替えをホームセンターに頼んだという人からの依頼が入ることも度々あります。大抵は、高齢の方で前回の失敗をお子さんなどが見て、驚き、今回はちゃんとしたところに頼みたいと考えて弊社に依頼が入ります。今回は、ホームセンターに塗装工事を頼んでしまった方の家が年月が経ってどうなったかをご...
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」はカモを探す手段 「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」と称して、人々を集める会社がありますが、その催しは本当に役に立つのでしょうか? ハッキリ言えば、カモにされることはあっても消費者にとっては役立つことは全くないです。 なぜ「役に立たない」と言い切れるのか、今日はその理由につ...
出版社の誤った記事②
出版社の誤った記事②
上梓(本を出すこと)も費用を出せば出版社から出してもらえる時代 その1で、インターネット上だけでなく信頼できる情報を載せなくてはいけない出版物にもウソや間違いが多くあることを書きましたが、今回はさらに進んで市場が萎み収益を上げられくなった出版会社がメディアコンサルティングと呼ばれる新たなビジネスを始めたことが生んだ闇に...