おススメ記事
異業種が「塗り替え」に参入する理由

「塗り替え」に異業種が続々参入

安易に儲けられると考える他業種が参入しています!

正直言って、手抜きをしてもバレづらいのが塗り替えです。キレイになって当たり前!よほどでない限り素人では上手い下手の判断が出来ないでしょう。なので、ホームセンターや家電販売店、生協やクリーニング店まで・・・異業種が塗り替え事業に参入していますが、基本的な塗装知識も無く、職人が所属してもいないのに大々的に広告を出しているところも少なくありません。本来の建設業の利益率から考えれば(建設業としては)単価が高くなくウマ味(利益)は少ないはずなのですが・・・・そこにはデフレ社会であるが故の闇が存在しています。

異業種が取る、非常に高い利益

あるホームセンターから取引の申し込みがあり、担当者が弊社まで来ることになりました。
約束した日時にやってきた担当者は、その会社が店で出している単価表を示し、現調も下見積もコチラに行えという要望を出しながら「この50%で御社には工事をしてもらいたい。」と言ってきました。50%は現在(その当時)の仕入れ価格で、工事を行っている会社はクレームも多く評判が良くないので変えたいというのが、弊社に取引を持ち掛けてきた理由でした。
その時は返事を保留し、実際にその金額で工事が成り立つのか計算をしてみましたが、その会社の単価では当社の品質を維持するのは当然無理で、当社では〝一般レベル〟としている品質であっても(その会社単価の)80%以上を頂かないと厳しく、当然のことではありますが、取引は辞退いたしました。

安い価格の50%で工事が出来るカラクリ

辞退はしたものの、実際にホームセンターの価格の50%で見積から施工まで行う業者がいるという事実があるので、その実態を調べてみることにしました。
塗料などの仕入れについては同等レベルでした。しかし、人件費は全く異なっていました。ホームセンターは工事に掛ける人数も少なく、施工する人も私たちが職人とは呼ばない人たちで、当たり前ですが仕上がりはプロのそれとはまったく違います。正直言って、素人が塗ることに慣れ、一般の人よりは早く塗れるといったレベルでしかありません。本物の職人ならば恥ずかしくてお金を取れるような工事レベルではありませんが、何もわからない素人が見たら(塗り替えることで)キレイになったと思ってしまうのかもしれないです。
また、塗り替え業に参入してきた異業種に、積極的に売り込み、安い価格で請けながらも職人とは言えないレベルの下請けを使って利益を出している営業会社(当然クオリティーは最悪)もあります。ある程度長く営業していて組合にも入っている塗装会社でも、低い品質でも平気で通常料金を取っている会社も少なくはないので業界は混沌とするばかりです。
この様に塗り替えは、消費者が工事に依頼を考えても、価格だけでは判断できない面もあり、業者の選択からしてストレスのかかる作業となってしまっています。

異業種参入は儲かるから多い

この様に、異業種が参入する理由は利益が良いからです。
ホームセンターや家電量販店などは、受け付けるだけで数十万円という金額が得られます。リフォーム店のようなところでも見積を作るだけで、後は全て下請け任せというところも多く、それらの会社も1軒で多額の利益を得ています。
では、弊社が同じ利益を得られるかというと・・・絶対に得られません。彼らが得ている利益は、本来は掛けるべき人件費や見えない部分に使う材料費を省いて生み出された金であるので、それらを省くことなく工事を行うと建築業では普通のレベルの利益しか得られないのです。
払った金額に見合った工事を得たいのならば、異業種の塗り替えサービスには絶対に依頼してはいけません。

塗装専門を掲げる業者も大きく利益率を取る会社がいる!

では塗装専門であればそんなに高い利益を取らないのではないかと考えるかもしれませんが、頻繁に広告を出し、検索でも上部の広告欄に出てきて、ネットのプッシュ広告も多くみるような会社がありましたら、先ずそのような大きな利益を取っていると考えてよいでしょう。チラシだけで最低でも1回何十万円もかかります(配布範囲にもよる)し、検索上部の広告や、プッシュ広告はあっという間に数万円の費用が発生します。それらも全て消費者が支払う代金から賄われていますので大きな利益を取らないと成り立ちません。

100万円払って、行われる工事の原価が総額で50万円以下では・・・・真っ当な者が出来ると考えるのは無理があります。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
「質問だけ」は、有料です!
「質問だけ」は、有料です!
質問への回答は、無料ではありません!有料のサービスです。 技術的な質問の電話をなさって来る方が多いですが、有料です! 電話を掛けてきて質問だけなさる方がいらっしゃいますが、当社は企業ですので顧客以外からの質問は基本的に有料です。質問なされば、それに回答している時間も人件費が発生していますし、技術的な内容はその知識を得る...
艶ありと艶消しの違い
艶ありと艶消しの違い
艶ありと艶消しは、仕上げとしてどちらがよいのか!? 多くの方から頂く質問をブログ形式で紹介する第1回目です。 今回は「ツヤありとツヤ消しはどっちがよいの?」という質問に回答します。 工業製品は殆ど艶ありがない 日用品も含めて工業製品がツヤありで作られることは殆どありません。 なぜか? それはツヤがあると少しの凸凹や変形...
安さ強調のチラシ広告には要注意!!
安さ強調のチラシ広告には要注意!!
安さ前面に出した塗装リフォーム広告は危険がいっぱい! 毎週のように外壁や屋根の塗装、塗り替えやリフォームに関するチラシが新聞に折り込まれます。コロナ禍の現在でもたくさんの広告が入ってきますが、それらの中には「SALE」や「キャンペーン」などと称して大きく値引きすることを表示している広告もありますが、「安さ」には必ず安く...
ガルバリウム鋼板のメンテナンス方法
ガルバリウム鋼板のメンテナンス方法
屋根や外壁のトタンと思われているのはガルバリウムです! 最近ガルバリウム鋼板葺き屋根の新築が多くなっています。塗り替え頻度も少なくて済み、価格も安く軽いため躯体も安く出来るといったメリットがある反面、遮熱性能や雨音が大きいなどのデメリットもあります。今回は屋根だけでなく外壁にも使われているガルバリウム鋼板の塗り替え方法...
バイオ洗浄は必要か?
バイオ洗浄は必要か?
高圧洗浄時に、バイオ洗浄は必要か? バイオ洗浄とは何なのか? バイオ洗浄の名前を初めて聞いたのは1990年代の後半、今では破綻して無くなっているペイントハウスが行っていた洗浄方法でした。どういった物かというと、高圧洗浄をするときに洗浄水の中に洗剤を入れて洗うというもので、普通の高圧洗浄よりも高い費用を得るための手段であ...
塗装時に、家を直す専門家の資格とは?
塗装時に、家を直す専門家の資格とは?
塗り替えは、塗装の資格だけでよいのか? 塗装技能士は塗り替え時などに家を直す資格でない! よく「一級塗装技能士の店」などと看板や広告を出している塗装会社がありますが、塗装技能士は技術力を保証する資格ではありません。 なんと!厚生労働省の管轄でして、技能士という資格は労働者のための資格であるのです。労働者のための資格と言...
住宅塗装 夏に気を付ける事
住宅塗装 夏に気を付ける事
夏の塗装の注意点!気を付けることがいっぱい 今年(令和3年)の関東甲信越地方は7月16日に梅雨明けをしました。 気温も一気に上がり、まさに夏本番を迎えましたが、真夏だからこそ気を付けるべきことがあるので、ご紹介します。 1.夕立とゲリラ豪雨に注意 夕立もゲリラ豪雨も、何の前触れもなく突然降りだします。昔と違って、気象庁...
「火災保険で直せる」はウソ!
「火災保険で直せる」はウソ!
火災保険を使って無料で直せるというチラシ ダマそうとする意図があるチラシ 今日、郵便受けに写真のチラシが入っていました。 チラシの内容にも誤解を受ける表現があり問題です。公益性があると考えましたので、名前なども隠さないでご紹介します。 よく読めばわかりますが、このチラシは行政からの通知ではありません。また、公的な組織が...