おススメ記事
money

ホームセンターや家電販売店、生協やクリーニング店まで・・・異業種が塗り替え事業に参入していますが、基本的な塗装知識も無く、職人が所属してもいないのに大々的に広告を出しているところも少なくありません。
建設業の利益率から考えれば(建設業としては)単価が高くなくウマ味(利益)は少ないはずなのですが・・・

異業種が取る、非常に高い利益

あるホームセンターから取引の申し込みがあり、担当者が弊社まで来ることになりました。
約束した日時にやってきた担当者は、その会社が店で出している単価表を示し、現調も下見積もコチラに行えという要望を出しながら「この50%で御社には工事をしてもらいたい。」と言ってきました。50%は現在(その当時)の仕入れ価格で、工事を行っている会社はクレームも多く評判が良くないので変えたいというのが、弊社に取引を持ち掛けてきた理由でした。
その時は返事を保留し、実際にその金額で工事が成り立つのか計算をしてみましたが、その会社の単価では当社の品質を維持するのは当然無理で、当社では”一般レベル”としている品質であっても(その会社単価の)80%以上を頂かないと厳しく、当然のことではありますが、取引は辞退いたしました。

安い価格の50%で工事が出来るカラクリ

辞退はしたものの、実際にホームセンターの価格の50%で見積から施工まで行う業者がいるという事実があるので、その実態を調べてみることにしました。
塗料などの仕入れについては同等レベルでした。しかし、人件費は全く異なっていました。ホームセンターは工事に掛ける人数も少なく、施工する人も私たちが職人とは呼ばない人たちで、当たり前ですが仕上がりはプロのそれとはまったく違います。正直言って、素人が塗ることに慣れ、一般の人よりは早く塗れるといったレベルでしかありません。本物の職人ならば恥ずかしくてお金を取れるような工事レベルではありませんが、何もわからない素人が見たら(塗り替えることで)キレイになったと思ってしまうのかもしれないです。
また、塗り替え業に参入してきた異業種に、積極的に売り込み、安い価格で請けながらも職人とは言えないレベルの下請けを使って利益を出している営業会社(当然クオリティーは最悪)もあります。ある程度長く営業していて組合にも入っている塗装会社でも、低い品質でも平気で通常料金を取っている会社も少なくはないので業界は混沌とするばかりです。
この様に塗り替えは、消費者が工事に依頼を考えても、価格だけでは判断できない面もあり、業者の選択からしてストレスのかかる作業となってしまっています。

異業種参入は儲かるから多い

この様に、異業種が参入する理由は利益が良いからです。
ホームセンターや家電量販店などは、受け付けるだけで数十万円という金額が得られます。リフォーム店のようなところでも見積を作るだけで、後は全て下請け任せというところも多く、それらの会社も1軒で多額の利益を得ています。
 では、弊社が同じ利益を得られるかというと・・・絶対に得られません。彼らが得ている利益は、本来は掛けるべき人件費や見えない部分に使う材料費を省いて生み出された金であるので、それらを省くことなく工事を行うと建築業では普通のレベルの利益しか得られないのです。
払った金額に見合った工事を得たいのならば、異業種の塗り替えサービスには絶対に依頼してはいけません。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事