おススメ記事
「塗り替え」で当り業者が少ない理由②

塗り替えの当たり業者を見分けるためには消費者自身の知識も必要

良い塗り替え業者に出会うのは「宝くじに当たるのと同じくらい難しい」、「九十九里浜で一粒の赤い砂を見つけ出すのと同じ」などと言われるくらい、真の意味で信頼できる業者は少ないのが塗装業界です。
今回は、「『塗り替え』でハズレ業者が多い理由」の続きをお話しします。
(前回の記事はこちら

会社になっていれば大丈夫か?

建設業許可があるから安心かといえば、そうとも限りません。なんと、独立して5年で技能検定1級があれば建設業許可は取得できます。塗装の他に500万円以上のリフォームなども請負っている場合でも塗装専門からスタートしている会社では2級建築士や2級建築施工管理技士(仕上)が在籍している程度である場合が多く、建物の構造について十分な知識があるか疑問です。「では、1級建築士がいるリフォーム店なら大丈夫でしょう?」と聞かれる方もいます。1級2級にかかわらず、建築士では資格試験でも実務でも塗装などの仕上げに関する知識を深く求められることはありません。要するに畑違いなのです。最低限の知識はあるので工程は分かるかもしれませんが、仕上げの良し悪しは見た目でしか判断できないといった人が実に多く、カタチだけで検査をしても一般消費者が行うのと何ら変わりがないということもあります。それでは下請けの職人に上手く誤魔化されても判りませんので、工事に介在する意味がありません。

消費者が出来の良し悪しの判断を誤る心理学上の理由

業界では決して評判が良くなく、良い技術者もいない会社であっても工事を依頼した消費者はプロが見ればあちこちに施工ミスや技術不足である部分が見受けられても「丁寧に工事をしてくれた」ということが少なくありません。理由は、人は認知バイアス(自分の思い込みや周囲の環境によって無意識のうちに合理的でない判断をしてしまう心理現象のこと)によって、自分が選んだ物事を肯定したいからなのです。
また、アンカリングによって、事前に見た広告などを強く印象に停め、実際に手にした物とは違ったとしても判断を歪めてしまったり、正常性バイアスによって支払った費用に見合わない出来であることを認めることができないこともあります。

「知り合いからの紹介」で、知り合いが工事をしてもらって良かったというからと依頼をしたら大変な目にあったということが起きるのはこれらが作用しているとも考えられます。

技術がある者にはそれなりの評価も必要!

塗装工事の請負金額から建築が出来る知識に加えて塗料・塗装の他、防水などの類似工事の技術や知識を持っている人材を雇えるだけの費用を捻出するのは非常に困難です。私の知っている限りですが塗装やリフォームを主体とする会社では役員か身内でない限り1級建築士や1級建築施工管理技士が在籍している会社はありません(資格だけの高齢の社員がいるところはあります)。もっというと、そこまでの知識と経験があるのならば、もっと待遇と給与が良い建築会社に勤めることができるので、現実的に考えると塗装やリフォーム会社の社員にはいる可能性が限りなくゼロに近いのです。

ハズレ業者の方が儲かり、広告を多く出している

前回は「塗装屋」が減って「塗り替え屋」が増え、技術を持たない者が多くなり弊害が生じていることをお伝えしましたが、ハズレ業者の多くは、1件の工事で当たり業者よりもはるかに大きな利益を取ります。手抜きかどうかも分からず「手抜きがない」とか「ナンバーワン技術力」と言っているわけですから、判る者では恐れ多くて取れないような暴利も平然と受け取るのです。その利益で広告を多く出し、年間何百万円もかけて立派なホームページを作り、営業マンに電話番と社員も増やすわけですから、非常に目立つわけです。

当たり自体がほとんどない現実・・・

このように、構造的にハズレ業者が多くなるようになっているので、当たり業者に出会える確率は非常に低いのです。特に、営業マンをまわし、派手な宣伝広告や無料のセミナーなどで客寄せをしているような会社は、工事に以外にかかっている費用が大きいので頼りも価格がずば抜けて高くなければ手抜きを生み安い環境にあるのでご注意ください。

弊社では、本物の自社職人と彼らへのトレーニングの積み重ね、経営者が相応の資格を多数持ち直接指導することで難しいとされている問題を克服していますが、その基本体制を作り上げるだけで10年以上の月日がかかっています。もちろん営業マンもいませんし、広告も限られた予算の中からでしか行っておりません。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
コロニアル屋根は塗装が必要か?
コロニアル屋根は塗装が必要か?
スレート屋根は塗り替えなくても良いと言う説は本当か? 屋根には塗り替えが必要な種類がいくつかあります。コロニアルやカラーベストと呼ばれる薄型スレート瓦屋根はその中でも代表格!塗り替えが不要と言う屋根屋さんもいるので消費者には悩ましい問題です。今回はスレート屋根の塗装についてお話いたします。 劣化するスレート屋根の表面 ...
シリコン樹脂塗料とは~2022年最新塗料事情
シリコン樹脂塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年度最新版 シリコン樹脂塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第2弾として、シリ...
無機塗装の安い物は、性能が低い!
無機塗装の安い物は、性能が低い!
無機塗料は、価格で性能が雲泥の差があり(無機塗装) 無機塗装(無機塗料)は、「フッ素樹脂塗装より耐久性が高い」との売り込みで最近出回っており、広告で大々的に売っている会社もあります。しかし、それらの価格は本物の無機塗料を使用したら絶対に実現できない金額であることが多いので、詳しく調べてみるとトンデモナイことが分かりまし...
省エネ塗装って何だ?
省エネ塗装って何だ?
省エネ塗装は実在するのか? 「省エネ塗装」というPRを目にすることがありますが、そんな物が実在するのでしょうか? 屋根や外壁に塗るだけで、消費電力が減る塗料が本当にあるのか? 今回は「省エネ」に該当しそうな商品類とその実際の効果について書きます。 「省エネ」になる可能性が有る塗料と塗装 省エネというと、まず「遮熱塗装」...
第6話 帰国準備
第6話 帰国準備
大学のアドバイザーから、一旦休学して落ち着いたら戻ってきてはどうかと提案があった。 リハビリが必要と言っても父の状態は悪くなかったので、1年もしないうちに戻れると思い、休学をすることにした。 ただ、アパートも家具も車もそのままにして離れるわけにはいかないので、すべて手放してから帰国することになった。 意外にも、それに時...
フッ素樹脂塗料の特徴
フッ素樹脂塗料の特徴
フッ素樹脂の特徴とは フッ素樹脂塗料とは フッ素樹脂塗料とは、フッ素原子が含まれている樹脂を原材料として作られている塗料の総称です。フッ素樹脂は、原子間の結合力が非常に強く、耐熱性・耐薬品性に優れ、摩擦係数が小さいのが特徴で、その性質を生かしフライパンの表面加工(焦げ付き防止)に使われているのが一般的に知られています。...