おススメ記事
ベランダ防水の直し方

ベランダの防水が剥がれてきたときの直し方

最近の戸建住宅のベランダはFRP防水が主流

木造の戸建て住宅のベランダにはFRP防水が施されている物が多いですが、FRP防水は樹脂を塗り重ねて構築されるものなので当然として年月が経てば上塗りから劣化します。従って、定期的なメンテナンスが必要なのですが、このメンテナンス方法にも注意が必要です。

新築時の一般的な戸建FRP防水のレベル

新築時のベランダに施されるFRP防水は、通常正規の工程では行われていません。「どうして?」と思われる方が多いかと思いますが、それでも防水性が保ててしまうので、なかなか変わりません。 下記にその違いを表にしました。
工程 公共建築木造工事の標準仕様 一般的な新築時の仕様 意外と多い手抜工法
素地調整・素地づくり 素地調整・素地づくり 素地調整・素地づくり
プライマー塗布 プライマー塗布 プライマー塗布
防水用ポリエステル樹脂塗り 防水用ガラスマット張付け ガラスマットを防水用 ポリエステル樹脂で塗付け
防水用ガラスマット張付け 防水用ポリエステル樹脂塗り (トナー入り) 歩行用仕上塗料塗り
防水用ガラスマット張付け 歩行用仕上塗料塗り
防水用ポリエステル樹脂塗り (トナー入り)
歩行用仕上塗料塗り
参考:「公共建築木造工事標準仕様書
「一般的に行われている仕様」としましたが、これはよい方で多くは防水用ガラスマット張付けの時に一緒に多めに防水用ポリエステル樹脂(トナーなし)を塗り込み、その上に上塗りをして完成ということが多いです。

初めてのメンテナンスは・・・

初めに行われた工事仕様を考えて、弊社では初めてのメンテナンス時には防水となるガラスマット+樹脂層を1層設けてから、ポリエステル系トップコート(上塗り)という仕様をおススメしています。 多くの塗装業者は、扱いが難しいポリエステル系トップコートではなく、簡単に塗れるウレタン系トップコートを塗ってしまいますが、ウレタン系トップコートは膜厚も薄く耐摩耗性などが大きく劣り、次回の塗り替えやFRP防水自体のメンテナンスが必要なときには撤去の必要があるので弊社では基本的に使用しておりません。

2回目以降の修繕の方法

FRP防水層の2回目以降のメンテナンスは、その時の状態によって検討をします。 防水層に問題がなければ、トップコート(ポリエステル系)のみを塗り替えることもできますし、劣化が進行し防水層に問題があるようならば再度防水層を1層構築してからトップコートを塗ります。 もし、防水層の劣化が激しく素地から作り直さなければならない場合は、既存の防水層の上に素地を張り直してからご希望の防水を行っています。

FRP防水の修繕費用

一般住宅のベランダの場合、数量が少ないので平米単価での計算ではなく、一式となってしまうことが多いですので、次の価格はあくまでも参考としてください。 ポリエステル系トップコート塗り替え 3,000円/㎡~ 防水層+ポリエステル系トップコート 6,000円/㎡~ 「FRP防水トップコート2500円/㎡」などとしている会社は、ほぼ間違いなくウレタン系トップコートです。ここでも値段と品質は比例しています。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
「塗り替え」で当り業者が少ない理由②
「塗り替え」で当り業者が少ない理由②
塗り替えの当たり業者を見分けるためには消費者自身の知識も必要 良い塗り替え業者に出会うのは「宝くじに当たるのと同じくらい難しい」、「九十九里浜で一粒の赤い砂を見つけ出すのと同じ」などと言われるくらい、真の意味で信頼できる業者は少ないのが塗装業界です。 今回は、「『塗り替え』でハズレ業者が多い理由」の続きをお話しします。...
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーは外して塗る!丁寧な工事は細部に表れる! エアコンのホースをキレイに隠すエアコンホースカバー。昔はむき出しでまとめられてテープが巻かれているだけだったエアコンの本体と室外機をつなぐホース類ですが、最近は樹脂製のカバーを取り付けるのが一般的です。このカバーは正しくは「エアコン配管用ダクト」という名前で...
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年最新版 アクリル塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第1弾として、アクリル樹...
足場シートで分かる!塗り替え業者の質②
足場シートで分かる!塗り替え業者の質②
業者の質は足場シートにも出る! 塗料の飛散とはどのような物かを知っている本職の塗装屋 その1では、塗り替え工事を請負っている業者について、いろいろな種類があることをお話ししました。 塗装を請負う会社は種類によって良し悪しがあり、技術にも違いがあります。例えば、お蕎麦屋さんが見様見真似で握る寿司と、本職の寿司屋さんの寿司...
塗り替え工事、塗装が他社より安い?!
塗り替え工事、塗装が他社より安い?!
定価で計算しても他店のチラシよりも安い!弊社の塗り替え工事 外壁や屋根の塗り替えを新聞折込チラシで工事を検討する方も多いかと思いますが、そこに安さを強調して記載されている外壁塗装や屋根塗装の金額を、同じ条件で見積りをしたら弊社の場合は幾らになるのか計算してみました。すると、驚きの事実が判明しました。ななんと!塗り替えは...
百年以上前の石製鳥居をコーティング
百年以上前の石製鳥居をコーティング
明治44年に建立された石製の鳥居 鳥居の材質調査からスタート 前橋東照宮に今から110年も前の明治44年に建立された石製の鳥居があります。 「令和の大改修」にて、この石製鳥居を徹底的にキレイにすることを依頼されました。依頼では高圧洗浄機で洗った後に、撥水剤を塗布するという内容でしたが、石はコンクリートとその性質が異なる...
足場キャンペーンは本当に得か?
足場キャンペーンは本当に得か?
足場が「無料」や「半額」のキャンペーンには裏がある! キャンペーンと称して「足場無料」とか「足場半額」で広告を出している会社がありますが、それらは本当に得なのでしょうか?今回はそのようなキャンペーンを検証したいと思います。 市内 某リフォーム会社 「足場半額キャンペーン」の折り込みチラシが入ってきました。 その内容をよ...
打ち放しコンクリートの再生工法
打ち放しコンクリートの再生工法
新築同様に直せる!打ち放しコンクリートの再生工法 弊社は修繕から仕上げまで行い、コンクリート打ち放し建物を新築時の様に再生する工事が可能です! 高級建築である「コンクリート打ち放し建物」は商業ビルやマンション、一般住宅でも見かけます。 しかし、高級であるのに「雨漏りはつきもの」と言われていたり、打ち放しの場合は塗り替え...