おススメ記事
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装

エアコンホースカバーは外して塗る!丁寧な工事は細部に表れる!

エアコンのホースをキレイに隠すエアコンホースカバー。昔はむき出しでまとめられてテープが巻かれているだけだったエアコンの本体と室外機をつなぐホース類ですが、最近は樹脂製のカバーを取り付けるのが一般的です。このカバーは正しくは「エアコン配管用ダクト」という名前ですが、「化粧カバー」や「配管カバー」などとも呼ばれています。 塗り替えの時に、この「エアコン配管カバー」をどう扱うかは決まっているわけではありませんので、多くの会社はそのまま外壁に使う塗料で塗ってしまいます。 しかし、弊社をはじめ一部の会社は取り外して工事をしているのですが、これはどちらが正しいと思いますか?

エアコンホースカバー「外す」、「外さない」 意見が分かれる?誰がウソをついているのか!?

興味がわいて他社はどうやっているのかとネット検索して見ましたら、意見が分かれていることが分かりました。それぞれの理由(言い分)を読んでみたところ、次のような内容でした。

外さない派

  • エアコンのカバー取り外しは専門工(電気工事店など)の仕事
  • 戻せなくなると大変
  • カバーがシーリングなどで壁に固定されていると取るのが大変
  • 外すのもタダで出来ない

外す派

  • 外さないとカバーの裏は塗れない
  • ビスで留めてあるものなので、外すことは問題ない
  • 壁と一緒に塗ってしまえうと壁にくっついてしまう
  • 外すのも人件費がかかっているのだからその分丁寧にだと知って欲しい

弊社は外す派です。

念のため、外さない派の言い分に反論しますと
  1. エアコン配管カバーの取り外しに資格は不要です!
  2. 戻せなくなることはありません!納めるのに特別な技術はない(と思います)
  3. 固定されていたらきれいに取って再固定すればよいです
  4. 誰もタダでやれなんて言っていない
以上で分かる通り、外さないのはタダの言い訳にすぎません。

「外さない派」がバラされたくない裏事情

いろいろと言い訳をしている「外さない派」ですが、彼らにはエアコンカバーを外すなんてことが出来ない事情があります。それは何かというと、技術の確認もしていない下請けに安い金額で工事をやらせているだけなので均一した高い工事が出来ないといった隠された事実です。たくさん広告を出して、たくさん営業マンがいる会社はそうだと思ってよいでしょう。技術の仕事なので、簡単に高い品質を多くサービスすることは出来ません。

弊社なら、エアコンホースカバー以外も外し、下もキレイに塗装するまで出来る!

弊社では、電気工事士の資格も有していますし、建築のノウハウもあるので補修もできます。その他に、カバーの傷みが激しい場合は交換することも出来ますし、汚れている程度でしたら外壁と同じ色で塗装するサービスも行っております。なお、エアコン配管カバーを取り外すことは20年以上前からやっております。 それが出来るように職人をトレーニングし、必要な工具を用意し資材も与えて施工をしているので、「外さない派」が訴えるような危険性は一切ありません。もちろん、人件費が余分にかかっていますので、最近は(見積に)明示しています。
きれいに塗り替えられたエアコンホースカバー
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
塗り回数は何回が適切か?
塗り回数は何回が適切か?
回数塗れば良いわけでない!塗り回数は、多すぎても不適切 多くの方から頂く質問をブログ形式で紹介する第2回目は、「(塗装は)何回塗りをしますか?」という質問に回答します。 標準は2回塗り、でも工程や塗料によって異なります! 表面に塗られる仕上げとされる塗装は原則として2回塗りです。1回目も2回目も全体を塗るのですが、2回...
第6話 帰国準備
第6話 帰国準備
大学のアドバイザーから、一旦休学して落ち着いたら戻ってきてはどうかと提案があった。 リハビリが必要と言っても父の状態は悪くなかったので、1年もしないうちに戻れると思い、休学をすることにした。 ただ、アパートも家具も車もそのままにして離れるわけにはいかないので、すべて手放してから帰国することになった。 意外にも、それに時...
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真!「手抜がない、ナンバーワン」を自称する会社の実態 「手抜がない」や「ナンバーワン」を自称する会社さんで屋根塗装をしてもらったという方が、2022年3月19日の「スレート屋根の縁切り タスペーサーは有効か?」をご覧になりタスペーサーを使い方が正しいのかという相談がありまして、その過程で施工会社が撮影した...
モンスターカスタマー
モンスターカスタマー
モンスターカスタマー(迷惑消費者)は、健全な消費者の敵です! 数は少ないモンスターカスタマー(迷惑消費者)の心無い行為は、業者の業務を妨害するばかりか、健全な普通の消費者が本来得れれるであろるサービスの阻害にもなっています。 今回は趣を少し変えて、今までにあった「トンデモナイ要求」の一部をご紹介します。 電話で「教えろ...
遮熱塗装は本当に温度が下がるのか?
遮熱塗装は本当に温度が下がるのか?
夏本番!遮熱塗装は本当に屋根温度を下げる!? もうすぐ梅雨明けですね。梅雨が明けると暑い夏がやってきます。 特に寝室を2階になさっているお宅は屋根が焼けこんで寝苦しい夜を過ごすことに・・・。 今回は、屋根の遮熱塗装についてお話ししたいと思います。 遮熱塗装で部屋は涼しくなるの? 遮熱塗装で部屋が涼しくなるという表現をし...
コロニアル屋根は塗装が必要か?
コロニアル屋根は塗装が必要か?
スレート屋根は塗り替えなくても良いと言う説は本当か? 屋根には塗り替えが必要な種類がいくつかあります。コロニアルやカラーベストと呼ばれる薄型スレート瓦屋根はその中でも代表格!塗り替えが不要と言う屋根屋さんもいるので消費者には悩ましい問題です。今回はスレート屋根の塗装についてお話いたします。 劣化するスレート屋根の表面 ...