おススメ記事
メーカー直営や直接仕入れをしている会社は本当にあるのか?!

訪問販売等でメーカーを名乗り「ウチはメーカー直営だから安く出来ます!」と言ったり、「ウチはメーカーから直接仕入れているので安く出来ます!」という営業マンがいますが、彼らは本当のことを言っているのでしょうか?今回は、直営や直接仕入れが本当に行われているのかを検証します。なお、ここで言うメーカーとは大きなプラントを持ち、塗料を自社で製造している上場会社もしくは同等会社を指します。OEMの商品を自社製品として売っているような会社は製造会社ではなく販売会社でしかないので含めません。

メーカー直営は本当?

 一時よりも少なくなりましたが、今でも有名メーカーを名乗って「直営の塗装会社」として受注をしようとする営業マンがいます。でも、それらはすべて偽物です。メーカーとは何の関係もない詐欺まがい会社(実際に詐称をしていますが)で、当然ですが資本関係はありませんし、提携もしてはいません。「そんなこと分からないじゃないのか?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、現在の日本の企業で資本関係があったり、提携していたりする場合はディスクロージャーとしてすべて開示されます。そこには、そんな会社は一切出てきません。
 一部の商品で「責任施工」の物もありますが、それは塗り替えなどの一般商品ではなく、全て特殊な製品でメーカーが技術的に確認を取っている会社に施工を依頼して工事を行い、メーカーの特務部が受注することで施工の確実さを担保しているような商品です。

「メーカーから直接仕入れ」は本当?

 メーカーのロゴを勝手に名刺に入れて、「ウチはメーカーから直接仕入れているから安く出来ます。」という会社は非常に多いです。これも分かりやすいウソです。
 まずメーカーは塗料販売店にさえも直接は卸しません。各メーカーは製造とは別に塗料販売会社を持っていてそこが卸を行っています。そこから各塗料問屋に卸すわけですが、これも1次、2次、3次とありまして、田舎の塗料販売店はちょっと大きな会社で2次と3次(メーカーごとに違う)が混ざるような状態、多くは3次販売店です。ただし、3次販売店と言っても1次、2次は伝票が通ってくるだけなので大きく値段が変わることはないことになっています。「では1次問屋から買えば安く仕入れられるのでは?」と安易に考えるかもしれませんが、そこは商売ですので問屋間の取引と施工会社への販売とでは金額が異なり、結果として「あまり変わらない」という事になります。ただ、弊社では悪評がある地元の塗料販売店ではなく大手の塗料問屋(大半の塗料の一次販売店)と長年取引をしているので、物によっては地元の塗料販売店から買うよりも30%以上安く仕入れられる場合もあります。

塗料を安く仕入れられることが価格に大きく影響するのか?

 ハッキリ言えば塗料がいくらか安く仕入れて最終的な価格に大きな影響を与えることはありません。むしろ、塗料のレベルを下げるほうが金額としては下がります。例えば、品質に定評がある大手塗料メーカーの汎用シリコン樹脂塗料よりも品質はイマイチであるメーカーの汎用シリコン樹脂塗料は最大15%ぐらい金額が安いです。下塗りとして使うシーラーは高性能の物の半分程度の金額で買える製品もあります。もちろん性能は価格に比例します。

直営でも直接仕入れでも、安くなることはない!

仮にメーカーが直営で工事を請けたとしても(実際はありません)代金の大半を占める施工をするのは下請ですので価格が安くなることはないです。直接仕入れでも同じで、塗料代がゼロになるわけではないので安くはならないです。そもそもですが、多くの施工店を敵に回して工事を直接受注することをメーカーは行いませんし、自らの販売網を無視して一部の会社にだけ直接販売してもメーカーには旨味はありませんので、その様なことを行うことはあり得ないです。
 もし、「メーカー直営です!」、「メーカーから直接仕入れています!」という会社をみましたら、あなたを騙そうとしていると思ってください。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事