おススメ記事
メーカー直接はありえない理由

塗料メーカー直営工事もメーカーが施工店に直接塗料を卸すことはない!

訪問販売等でメーカーを名乗り「ウチはメーカー直営だから安く出来ます!」と言ったり、「ウチはメーカーから直接仕入れているので安く出来ます!」という営業マンがいますが、彼らは本当のことを言っているのでしょうか?今回は、直営や直接仕入れが本当に行われているのかを検証します。なお、ここで言うメーカーとは大きなプラントを持ち、塗料を自社で製造している上場会社もしくは同等会社を指します。OEMの商品を自社製品として売っているような会社は製造会社ではなく販売会社でしかないので含めません。

メーカー直営は本当?

一時よりも少なくなりましたが、今でも有名メーカーを名乗って「直営の塗装会社」として受注をしようとする営業マンがいます。でも、それらはすべて偽物です。メーカーとは何の関係もない詐欺まがい会社(実際に詐称をしていますが)で、当然ですが資本関係はありませんし、提携もしてはいません。「そんなこと分からないじゃないのか?」と疑問に思う方もいるかもしれませんが、現在の日本の企業で資本関係があったり、提携していたりする場合はディスクロージャーとしてすべて開示されます。そこには、そんな会社は一切出てきません。
一部の商品で「責任施工」の物もありますが、それは塗り替えなどの一般商品ではなく、全て特殊な製品でメーカーが技術的に確認を取っている会社に施工を依頼して工事を行い、メーカーの特務部が受注することで施工の確実さを担保しているような商品です。

「メーカーから直接仕入れ」は本当?

メーカーのロゴを勝手に名刺に入れて、「ウチはメーカーから直接仕入れているから安く出来ます。」という会社は非常に多いです。これも分かりやすいウソです。
まずメーカーは塗料販売店にさえも直接は卸しません。各メーカーは製造とは別に塗料販売会社を持っていてそこが卸を行っています。そこから各塗料問屋に卸すわけですが、これも1次、2次、3次とありまして、田舎の塗料販売店はちょっと大きな会社で2次と3次(メーカーごとに違う)が混ざるような状態、多くは3次販売店です。ただし、3次販売店と言っても1次、2次は伝票が通ってくるだけなので大きく値段が変わることはないことになっています。「では1次問屋から買えば安く仕入れられるのでは?」と安易に考えるかもしれませんが、そこは商売ですので問屋間の取引と施工会社への販売とでは金額が異なり、結果として「あまり変わらない」という事になります。ただ、弊社では悪評がある地元の塗料販売店ではなく大手の塗料問屋(大半の塗料の一次販売店)と長年取引をしているので、物によっては地元の塗料販売店から買うよりも30%以上安く仕入れられる場合もあります。

塗料を安く仕入れられることが価格に大きく影響するのか?

ハッキリ言えば塗料がいくらか安く仕入れて最終的な価格に大きな影響を与えることはありません。むしろ、塗料のレベルを下げるほうが金額としては下がります。例えば、品質に定評がある大手塗料メーカーの汎用シリコン樹脂塗料よりも品質はイマイチであるメーカーの汎用シリコン樹脂塗料は最大15%ぐらい金額が安いです。下塗りとして使うシーラーは高性能の物の半分程度の金額で買える製品もあります。もちろん性能は価格に比例します。

直営でも直接仕入れでも、安くなることはない!

仮にメーカーが直営で工事を請けたとしても(実際はありません)代金の大半を占める施工をするのは下請ですので価格が安くなることはないです。直接仕入れでも同じで、塗料代がゼロになるわけではないので安くはならないです。そもそもですが、多くの施工店を敵に回して工事を直接受注することをメーカーは行いませんし、自らの販売網を無視して一部の会社にだけ直接販売してもメーカーには旨味はありませんので、その様なことを行うことはあり得ないです。
もし、「メーカー直営です!」、「メーカーから直接仕入れています!」という会社をみましたら、あなたを騙そうとしていると思ってください。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年最新版 アクリル塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第1弾として、アクリル樹...
下請を使うのはアリ?ナシ?(後)
下請を使うのはアリ?ナシ?(後)
下請が手抜きをするには理由 前回お伝えした通りで、塗り替え業界における下請け業は、非常に厳しい状況に置かれています。技術よりもスピードが重視され、仕事の良し悪しも区別がつかず、ただ売って一部をかすめ取るだけの元請が増えたこともあるのですが、修業することを嫌がり、安易な方法で儲けようとする職人モドキが増えたことも業界のレ...
信頼される岡部塗装店
信頼される岡部塗装店
信頼されるから名所も岡部塗装店の仕事です!前橋ハリストス正教会(ロシア正教) 2015年に建てた新しい聖堂 ロシアによるウクライナ侵略で、日本国内に住むロシアの方々も本当に心を痛めています。 前橋でもロシアの人たちがロシア正教の前橋ハリストス正教会で祈りをささげています。 前橋ハリストス正教会の礼拝(日曜日)で祈りがさ...
コロナ禍で塗り替えのトラブル相談が急増!
コロナ禍で塗り替えのトラブル相談が急増!
コロナ禍で、塗り替えのトラブル相談が急増 接客があまり必要でない建設関連業は新型コロナウィルスの影響を直接はありませんが、自粛期間中に多くの人が在宅していたことで思ってもよらない事態になっている会社があるようです。外壁塗装や屋根塗装においては、在宅していながら塗り替えやリフォーム工事を行った消費者から、工事の出来や工程...
住宅塗装 夏に気を付ける事
住宅塗装 夏に気を付ける事
夏の塗装の注意点!気を付けることがいっぱい 今年(令和3年)の関東甲信越地方は7月16日に梅雨明けをしました。 気温も一気に上がり、まさに夏本番を迎えましたが、真夏だからこそ気を付けるべきことがあるので、ご紹介します。 1.夕立とゲリラ豪雨に注意 夕立もゲリラ豪雨も、何の前触れもなく突然降りだします。昔と違って、気象庁...
工事業者はミスしたときの対応が重要!
工事業者はミスしたときの対応が重要!
業者の良し悪しは、万が一工事でミスしたときの対応で決まる! 人は絶対にミスをする生き物・・・・・そう思っています。 だからこそ、うっかりミスをしないように事前に注意を促し、会社として各工程や仕上がり状態を確認する作業をしています。何重にもチェックをしても、見逃してしまうミスもあるかもしれません。 そんな時にどんな行動を...