おススメ記事
艶ありと艶消しの違い

艶ありと艶消しは、仕上げとしてどちらがよいのか!?

多くの方から頂く質問をブログ形式で紹介する第1回目です。
今回は「ツヤありとツヤ消しはどっちがよいの?」という質問に回答します。

工業製品は殆ど艶ありがない

日用品も含めて工業製品がツヤありで作られることは殆どありません。

なぜか?
それはツヤがあると少しの凸凹や変形が目立ってしまうからで、多くがツヤがあるように見えても半ツヤで作られています。反対から見ればピカピカのツヤ有りの商品は、凸凹などが出来ないように注意して作られた製品であるという事です。

艶消し仕上げは汚れる?

間違いではありませんが正しいとも言えないです。
ツヤありとツヤ消しの塗料が塗られた板を露店放置して汚れ具合を見るような実験を元に「つや消しは汚れやすい」と結論付けている意見が多くあります。

しかし、実際の建築においては壁面が上を向くような建築は通常ありません。軒や水切りによって壁に雨が直接当たることも少ないので上記のような実験は意味がないのです。また、塗装や塗料の品質によっては施工後半年程度で艶が失われ始めることもあります。したがって、艶が有る無しだけで汚れると決めつけるのは適切ではありません。

ツヤ消しや半ツヤ仕上げはモチが悪い?

これも間違っています。

ツヤ調整をしている塗料を正しく施工していない結果、モチが悪くなってしまうことがあるというだけです。もち「つや消しはモチが悪いから・・・。」と説明する業者がいたら、それは自ら技術的がないと言っているようなものです。

弊社のおススメ

施工する立場から言えば「ツヤ消し」や「半ツヤ」など艶を調整した仕上げは手間がかかりますし少し技術も高くないとキレイに仕上がらないので避けたいのですが、でも仕上がりのイメージを考えるとツヤ調整をした仕上げの方が良いです。当然ながら、弊社ではツヤ調整をおススメることが多くあります。(儲かりません)

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
無機塗装の安い物は、性能が低い!
無機塗装の安い物は、性能が低い!
無機塗料は、価格で性能が雲泥の差があり(無機塗装) 無機塗装(無機塗料)は、「フッ素樹脂塗装より耐久性が高い」との売り込みで最近出回っており、広告で大々的に売っている会社もあります。しかし、それらの価格は本物の無機塗料を使用したら絶対に実現できない金額であることが多いので、詳しく調べてみるとトンデモナイことが分かりまし...
足場シートで分かる!塗り替え業者の質①
足場シートで分かる!塗り替え業者の質①
塗り替え業者の質は、足場シートに出る! 本職の「塗装屋」と、塗装を真似た「塗り替え屋」の違い 塗装技術を持って工事を行っている「塗装屋」と、十分な技術を持たない「塗り替え屋」とでは技術に大きな違いがあります。一見キレイに見えても、正しい技術を持たないで施工された物件は本来塗料がもつ性能を十分に発揮できないばかりか、後(...
シーリング ~サイディングの塗り替え①~
シーリング ~サイディングの塗り替え①~
サイディングの塗り替え時にはシーリング(コーキング)の打ち替えが必要! この20年ぐらいでサインディングが住宅外壁の主となりまして、ALCやモルタルで壁が作られる家はあまり見なくなりました。高意匠のジョリパットなどで仕上げられていて下地はモルタルかなと思ったらサイディングの大壁工法であったりで、窯業系にしろ金属系にしろ...
塗装職人を募集しています!
塗装職人を募集しています!
本気で、高い塗装技術を持った職人になりたい人を募集しています! 「塗り替え」が塗装の全てのようになっていますが、いわゆる建築塗装の世界で通用するには塗り替えで使う技術では全く足りません。もっとも、外装吹付塗装の職人でも塗り替え業界では通ってしまうわけですから、そこまでの技術はいらないと思われるかもしれません。 でも、基...
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年最新版 アクリル塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第1弾として、アクリル樹...
コロナ禍で塗り替えのトラブル相談が急増!
コロナ禍で塗り替えのトラブル相談が急増!
コロナ禍で、塗り替えのトラブル相談が急増 接客があまり必要でない建設関連業は新型コロナウィルスの影響を直接はありませんが、自粛期間中に多くの人が在宅していたことで思ってもよらない事態になっている会社があるようです。外壁塗装や屋根塗装においては、在宅していながら塗り替えやリフォーム工事を行った消費者から、工事の出来や工程...