おススメ記事
サイディング板への塗装 ③割れなどの補修

前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第3弾です。
今回は割れている場所の補修などについて書きたいと思います。

3.割れなどの傷みはどうすべき?

窯業系サイディングの割れはどうして起こるのか?

家は、地震や地殻の変動、風などで微細ですが動いています。少しの動きならば目地が動きを吸収してくれますが、それ以上の動きが掛かったり、力が寄る部分は板同士がぶつかり、もしくは板が引っ張られ割れてしまします。これが割れる原因です。ユニット工法などに多い直貼り工法の場合は、動き幅があまりないので通気工法よりも割れが起こりやすいです。

シーリングで直せるのか?

ひび割れがあるとシーリング材(コーキング材)を詰めて直すという業者が多いですが、実際はこれでは直せません。サイディングの割れにシーリング材を詰めても表面が繋がっているだけで長くは持ちません。

直し方

サイディングが貼られている工法や割れている状態によってそれぞれやり方が異なります。詳しく書くと技術のない業者が解ったフリをする手助けとなってしまいますのでここでは控えますが、少しだけ書くと基本的に板は固定されて他の板との間をシーリングで繋くことで構成されています。修繕も同じです。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事