おススメ記事
百年以上前の石製鳥居をコーティング
前橋東照宮 鳥居

汚れていた前橋東照宮の鳥居

特殊なコーティング剤を選定

石材には撥水剤が有効ではないため、大理石の床などに使えるコーティング剤があったことを思い出し、その中から屋外でも使えるものを選定し、素材の情報をメーカーにつたえ、その有効性を確認してから使用を決定しました。

石製鳥居のコーティング工程

  1. 足場の設置
  2. コケを根から除去
  3. 長年で付いた水垢の除去
  4. 高圧洗浄
  5. 石材用のコーティング
  6. 足場の解体・完成
以上の、内容で鳥居を奇麗にすることにしました。なお、より確実な施工のために高所作業車ではなく足場を設置して施工をすることにしました。

薬品で洗浄中

洗浄をして元の色を取り戻した前橋東照宮鳥居

単に高圧洗浄するだけでなく、コケを薬品で根から落とし、水垢も薬品でキレイにしてから、御影石に適したコーティング剤を使って保護しました。このコーティングがどのくらいの耐久性があるのかは不明ですが、単に水で洗うよりも長くキレイを保ってくれることを期待しています。

明治44年に建立された石製の鳥居

鳥居の材質調査からスタート

前橋東照宮に今から110年も前の明治44年に建立された石製の鳥居があります。 「令和の大改修」にて、この石製鳥居を徹底的にキレイにすることを依頼されました。依頼では高圧洗浄機で洗った後に、撥水剤を塗布するという内容でしたが、石はコンクリートとその性質が異なるのでオリジナルでコーティング計画をたてることとしました。そこで、計画を立てるにあたり、まず最初に石材について調べてみました。 汚れが強くあるので、上の方の色は分かりませんが柱は白いので、鳥居に多く使われた宇寿石か坂戸石(いずれも花崗岩)で作られているのではないかと考えました。 この時点で石に撥水剤が有効に作用するのか調べてみましたが、思った通りで撥水剤を作っているどのメーカーも石材には向いていないとの回答がありました。
前橋東照宮 鳥居

汚れていた前橋東照宮の鳥居

特殊なコーティング剤を選定

石材には撥水剤が有効ではないため、大理石の床などに使えるコーティング剤があったことを思い出し、その中から屋外でも使えるものを選定し、素材の情報をメーカーにつたえ、その有効性を確認してから使用を決定しました。

石製鳥居のコーティング工程

  1. 足場の設置
  2. コケを根から除去
  3. 長年で付いた水垢の除去
  4. 高圧洗浄
  5. 石材用のコーティング
  6. 足場の解体・完成
以上の、内容で鳥居を奇麗にすることにしました。なお、より確実な施工のために高所作業車ではなく足場を設置して施工をすることにしました。

薬品で洗浄中

洗浄をして元の色を取り戻した前橋東照宮鳥居

単に高圧洗浄するだけでなく、コケを薬品で根から落とし、水垢も薬品でキレイにしてから、御影石に適したコーティング剤を使って保護しました。このコーティングがどのくらいの耐久性があるのかは不明ですが、単に水で洗うよりも長くキレイを保ってくれることを期待しています。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
出版社の誤った記事①
出版社の誤った記事①
誤りがあっても紹介してしまう雑誌「建築知識」 インターネット上には様々な情報が溢れていますが、数年前からその内容には簡単に信頼を置けないとまで言われるようになってしまいました。実際、ウソが非常に多く、自己のビジネスのために都合よく話を作り変えて複数サイトで発表するグループもあり、一般消費者は真実がどうであるのかどんどん...
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金はでるのか? 補助金が出される対象 令和3年度は、以下が補助対象でした。 屋根(ふき材料及び防水材)、外壁、雨樋等の外部に面している部分の改修 屋根、外壁等の塗装 テラス、ベランダ、バルコニーの改修 これらは、年度によって変わる場合がありますが、ほぼ同じ内容で継続されると思われます。 補助金が出...
コロニアル屋根は塗装が必要か?
コロニアル屋根は塗装が必要か?
スレート屋根は塗り替えなくても良いと言う説は本当か? 屋根には塗り替えが必要な種類がいくつかあります。コロニアルやカラーベストと呼ばれる薄型スレート瓦屋根はその中でも代表格!塗り替えが不要と言う屋根屋さんもいるので消費者には悩ましい問題です。今回はスレート屋根の塗装についてお話いたします。 劣化するスレート屋根の表面 ...
下請を使うのはアリ?ナシ?(後)
下請を使うのはアリ?ナシ?(後)
下請が手抜きをするには理由 前回お伝えした通りで、塗り替え業界における下請け業は、非常に厳しい状況に置かれています。技術よりもスピードが重視され、仕事の良し悪しも区別がつかず、ただ売って一部をかすめ取るだけの元請が増えたこともあるのですが、修業することを嫌がり、安易な方法で儲けようとする職人モドキが増えたことも業界のレ...
塗装トラブル相談の事例①
塗装トラブル相談の事例①
消費者からの塗装トラブル相談① 自称ナンバーワンの会社の手抜きとウソ 弊社では、消費者から他社が起こしたリフォームトラブルに関しての相談を受けています。 県内の業者が起こしたリフォームトラブルについても相談されるのですが、その中で常連というか、よく出てくる会社が県内で数社あります。 今回は、最近一般の人にも分かりやすい...
足場キャンペーンは本当に得か?
足場キャンペーンは本当に得か?
足場が「無料」や「半額」のキャンペーンには裏がある! キャンペーンと称して「足場無料」とか「足場半額」で広告を出している会社がありますが、それらは本当に得なのでしょうか?今回はそのようなキャンペーンを検証したいと思います。 市内 某リフォーム会社 「足場半額キャンペーン」の折り込みチラシが入ってきました。 その内容をよ...
FRP防水とは?
FRP防水とは?
戸建て住宅のベランダに多く採用されているFRP防水 塗り替え時にベランダなどの防水工事の上塗りを一緒に行うことが多いですが、この防水工事を普通の塗装屋さんが行うと次回のメンテナンス時に困ったことになるケースがあります。 今回は小面積の防水(ベランダなど)で多く採用されているFRP防水についてメリット・デメリットも交えな...
下地診断 ~サイディングの塗り替え②~
下地診断 ~サイディングの塗り替え②~
サイディングの塗り替え時には必ず下地診断が必要 前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第2弾です。 今回は下塗りの選択方法について書きたいと思います。 2新築時の仕上げと傷み具体を見て下塗りを決めるべし! シーラーとサーフ材 現在の窯業系サイディングに適した下塗り材にはシーラーとサ...