おススメ記事
前橋東照宮の本殿改修を請負いました!

前橋東照宮 本殿 令和の大改修 を請負いました!

神様のいる場所が本殿です

昨年(2020年)、前橋東照宮の本殿の改修を仰せつかり、12月から工事を行っております。
内容は、銅で出来た屋根を葺き替え、建物は築年数相応の古さ傷みを残したままキレイにすること。灰汁洗いで白木に戻すのではなく、「相応の」色味を残せという特別なオーダーです。

神社は、本殿と拝殿があり、お祓いを受ける場所は拝殿です。この拝殿は、地元群馬県前橋市の大手建設会社である佐田建設が請負い建て直しをする予定です。(2021年10月完成)

弊社が仰せつかったのは、神様の居所である「本殿」で、江戸時代の建物です。

改修の方法と技術

本殿は古い木製の建物なので、苛性ソーダを主とした灰汁洗い用の薬品を使ってキレイにするのが王道なのですが、何せ江戸時代に作られた建物で表面が傷んでいるため、そんな薬品を使えば白くはなりますが、木材自体がボロボロになりますし、相応の古さを残すのではなく、白ボケたような建物になってしまうため、テストの結果で「使えない」という事になりました。
そこで過酸化水素などいろいろと試し、オリジナルで汚れ成分だけを抜く工法を編み出しました。オリジナル工法ですから当たり前なのですが、作業に当たっている職人が、高圧洗浄機を使っても水だけの洗浄では灰汁は落ちないのに、オリジナル工法では灰汁が浮き出てくることに非常に驚いております。

屋根は、有名な寺社仏閣の金属装飾品も製造し納めている山形県のアマルメ工芸社様に装飾品はご協力いただき、弊社協力会社の板金職人さんが中心となり現代の名工としても表彰されたベテランの職人さんたちの協力も得て、加工や取り付けの作業をしております。施工前には緑青がふき、腐食などが多くみられた屋根でしたが、工事によって現在のところ銅色に輝く屋根となっています(もうすぐ完成です)。

取り付けてあった鉄製の徳川家の紋(三つ葉葵)は全て取り外し、錆と汚れを取り除き再度仕上げを行っています。通常は、錆を落とすときに表面を削るため紋の陰影が薄くなってしまうのですが、こちらも特殊な工法を用いて紋の陰影をクッキリと残したままキレイに錆を落としました。

非常に簡単にご紹介いたしましたが、全てが古い物ですので、屋根も洗いも紋の修復も何をするにも通常の方法で簡単に進めることが出来ないものばかりで、その都度状態に応じて対応する能力が求められます。弊社の強みは、お客様の希望が高い高級住宅の建築を行うことが出来る技術を持ちながら、明治時代から続いている塗装業も同時に行っていることで、非常に細かなことまで臨機応変に対応できるますので、前橋東照宮の本殿改修はその強みと技能を発揮できた工事であると感じています。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
サイディングの貼り方は一つではない!建築工法で変えるべきな塗り替えの方法 前回は、サイディング板へのクリヤー塗装について書きましたが、今回は家の造り方で変えるべき工法について書きます。 サイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第5弾(最終回)です。 5建築工法でサイディングの塗り替え方法も変...
プロの完成検査の仕方
プロの完成検査の仕方
完成検査は、プロならではのポイントがある! 弊社では自社で工事を行った工事を検査をしてお客様にお渡しをしています。 この検査を行っていない会社や検査とは言えない程度の確認で終える会社も少なくないですが、弊社は老舗ならではのノウハウで重要なポイントをしっかりと見ています。 今日は、そんな「プロの検査」を一部ご紹介したいと...
第1話 ハロウィーン
第1話 ハロウィーン
午後、窓から通りを見下ろすと仮装をした子供の集団が移動していく姿が見えた。 大学のすぐ近くに住んでいたが、アメリカと言っても都会でアパート・・・日本で言うマンションばかりの地域であるため、子供たちは闇雲に「トリック・オア・トリート」と言って家を回ることはなく、知り合いの家だけを大人が同伴して回っていたのだ。 その夜には...
無機塗料とは~2022年最新塗料事情 
無機塗料とは~2022年最新塗料事情 
無機塗料とは!? リフォーム会社や塗り替え屋(大量の広告を出し、技術を問わないで下請けを使って工事をしているような会社)を中心として、「フッ素樹脂塗料」よりも耐久性が高いとして無機塗料を薦められていますが、実際はどの様な物なのでしょうか?今回は、無機塗料の現状をお話ししたいと思います。 本来の意味の無機塗料とは、無機成...
シーリング ~サイディングの塗り替え①~
シーリング ~サイディングの塗り替え①~
サイディングの塗り替え時にはシーリング(コーキング)の打ち替えが必要! この20年ぐらいでサインディングが住宅外壁の主となりまして、ALCやモルタルで壁が作られる家はあまり見なくなりました。高意匠のジョリパットなどで仕上げられていて下地はモルタルかなと思ったらサイディングの大壁工法であったりで、窯業系にしろ金属系にしろ...
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真!「手抜がない、ナンバーワン」を自称する会社の実態 「手抜がない」や「ナンバーワン」を自称する会社さんで屋根塗装をしてもらったという方が、2022年3月19日の「スレート屋根の縁切り タスペーサーは有効か?」をご覧になりタスペーサーを使い方が正しいのかという相談がありまして、その過程で施工会社が撮影した...
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年最新版 アクリル塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第1弾として、アクリル樹...