おススメ記事
FRP防水とは?

戸建て住宅のベランダに多く採用されているFRP防水

塗り替え時にベランダなどの防水工事の上塗りを一緒に行うことが多いですが、この防水工事を普通の塗装屋さんが行うと次回のメンテナンス時に困ったことになるケースがあります。 今回は小面積の防水(ベランダなど)で多く採用されているFRP防水についてメリット・デメリットも交えながら紹介します。 (ベランダ防水の直し方はコチラ

FRP防水とは、どのような物?

1FRP防水の材質や形状

FRP防水は、現場施工でFRP(繊維強化プラスチック)の層を形成する防水工法で、主にガラス繊維をポリエステル樹脂で一体化して形成します。現場で成型するのでシームレス(つなぎがない)な一体の防水層とすることが出来ます。

2FRP防水のメリット

バスタブやボートにも使用されているFRPの特徴を応用した工法なので継ぎ目がない一体形成で、軽くて強く、耐候性や耐薬品性などにも優れます。現場形成であるので、補修することが可能です。また定期的なメンテナンスで長く防水性能を維持できます。

3FRP防水のデメリット

プラスチック(のようなもの)であるので、固く伸縮性が少ないため、広い面積への施工は向きません。また、ベランダのような狭い面積でも大きく動く木造の3階以上の部分に使用した場合は割れが起きることがあるので使用をしない方が良いです。
FRPとは何の略?
FRPは、繊維強化プラスチック(ガラス繊維や炭素繊維などの繊維を樹脂で固めてプラスチック状にしたもの)を英語表記したときの頭文字(Fiberglass Reinforced Plastics)の略称で軽く強度が強いという特徴があり、ボートやバスタブなどに多く使われています。

4FRP防水のメンテナンス

10年毎のメンテナンスをおススメします。大きな傷みがなく、十分な施工(※)がなされていれば、FRP防水はトップコートの塗り替えだけでも問題ありません。ただし、塗り替えるトップコートはポリエステル系のトップコートを使用しましょう。
(※)十分な施工とは・・・・一般的に行われている工法ではなくメーカーの規定通りに施工されたものを指します。新築時(木造住宅)には一層だけで施工されたFRP防水が多いため、その様な防水を改修する場合と、傷みが大きい場合はトップコートだけでなく、既存の防水の上にFRP層を一層構築することをおススメしています。

一般的な塗装屋さんが使う安いトップコートには要注意!

FRP防水のトップコートにウレタン系トップコートというものがあります。 このウレタン系トップコートは安易に塗れるので多くの塗装店が塗り替え時に使うのですが・・・これを塗られると次回のメンテナンス時やFRP防水自体に問題が起きたときに、表面にあるウレタントップコート層を全て剥がさなければならなくなり、非常に大変です。ウレタントップコートは剥がすときに粘るので多くの手間がかかるので防水屋は使いません。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
【要注意】②塗装一括見積サービス
【要注意】②塗装一括見積サービス
一括見積サービスは、無料でも、優良会社の紹介でもないです! 10年以上にわたり、インターネット上の大手相談サイトで塗装や防水、リフォーム、建築に関する多くの悩みなどの相談を受けながら、コンサルタントとしての当社に日本全国から直接寄せられた塗装・防水・リフォームに関する様々なトラブルや困りごとを解決してきた経験を元に、消...
下請職人を使うのはアリ?ナシ?(前)
下請職人を使うのはアリ?ナシ?(前)
下請職人を偽装 「塗装は自社職人」が真実とは限らない 「自社職人で工事をしています。」といった広告をみることがありますが、それは絶対の安心を保証する言葉なのでしょうか?また、自社職人という言葉を信じてよいものなのでしょうか?(ここで言う自社職人とは、通常自社施工すべき塗装等の職人で、足場や熟練が必要な特定種の防水工事な...
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーは外して塗る!丁寧な工事は細部に表れる! エアコンのホースをキレイに隠すエアコンホースカバー。昔はむき出しでまとめられてテープが巻かれているだけだったエアコンの本体と室外機をつなぐホース類ですが、最近は樹脂製のカバーを取り付けるのが一般的です。このカバーは正しくは「エアコン配管用ダクト」という名前で...
無機塗料とは~2022年最新塗料事情 
無機塗料とは~2022年最新塗料事情 
無機塗料とは!? リフォーム会社や塗り替え屋(大量の広告を出し、技術を問わないで下請けを使って工事をしているような会社)を中心として、「フッ素樹脂塗料」よりも耐久性が高いとして無機塗料を薦められていますが、実際はどの様な物なのでしょうか?今回は、無機塗料の現状をお話ししたいと思います。 本来の意味の無機塗料とは、無機成...
打ち放しコンクリートの再生工法
打ち放しコンクリートの再生工法
新築同様に直せる!打ち放しコンクリートの再生工法 弊社は修繕から仕上げまで行い、コンクリート打ち放し建物を新築時の様に再生する工事が可能です! 高級建築である「コンクリート打ち放し建物」は商業ビルやマンション、一般住宅でも見かけます。 しかし、高級であるのに「雨漏りはつきもの」と言われていたり、打ち放しの場合は塗り替え...
省エネ塗装って何だ?
省エネ塗装って何だ?
省エネ塗装は実在するのか? 「省エネ塗装」というPRを目にすることがありますが、そんな物が実在するのでしょうか? 屋根や外壁に塗るだけで、消費電力が減る塗料が本当にあるのか? 今回は「省エネ」に該当しそうな商品類とその実際の効果について書きます。 「省エネ」になる可能性が有る塗料と塗装 省エネというと、まず「遮熱塗装」...
ローラーの正しい使い方
ローラーの正しい使い方
ローラーの使い方は簡単なようで正しく使えていない職人が多くいる! いわゆる刷毛に代わってローラーが塗装工事のイメージシンボルになるほど多く普及していますが、このローラーを正しく使えない職人さんも多くいるようです。 他社の仕事を拝見するときに「どうしてあんな使い方をした?」と疑問に思うことも少なくなく、きっと、ローラーは...
コロニアル屋根は塗装が必要か?
コロニアル屋根は塗装が必要か?
スレート屋根は塗り替えなくても良いと言う説は本当か? 屋根には塗り替えが必要な種類がいくつかあります。コロニアルやカラーベストと呼ばれる薄型スレート瓦屋根はその中でも代表格!塗り替えが不要と言う屋根屋さんもいるので消費者には悩ましい問題です。今回はスレート屋根の塗装についてお話いたします。 劣化するスレート屋根の表面 ...