おススメ記事

大手ハウスメーカーが直せなかった 塗装と雨漏り修理 

建物と工事の概要

構造:木造金属屋根葺き3階建て

築年数:22年

外壁:サイディング貼り

屋根:金属屋根

建築:大手ハウスメーカー(一部上場)

工事の内容:屋根と外壁の塗装 ベランダの防水 雨漏り修理

外壁の築年数なりの傷みは塗装で健全な状態にし、屋根は遮熱塗装で焼けこみを減らす

築22年も経つと、流石にサイディングは荒れ、目地のシーリングは劣化が進んで完全に硬くなりボロボロの状態でした。

そこで、シーリングはすべて撤去して打ち替え、荒れていたサイディングは高品質な下塗り材を用いて健全な状態にし、さらに当時の最高品質を誇る塗料を使いキレイに仕上げました。

付帯物(破風板、雨樋、水切りなど)も丁寧にケレンをし、必要な下塗り(プライマー)を塗ってから半艶で仕上げました。雨戸は、弊社の作業場で吹付仕上げをし再度組付いたしました。

屋根は金属製で夏になると夜でも照り返しがあって暑いということでしたので、遮熱塗装を採用しました。

遮熱塗料は、メーカーによって効きが違うものなので、提供があるサーモアイシリーズのサーモアイ4Fを使用しました。下塗りは安価なものは使用せず、遮熱機能があるエポキシ系防錆プライマーを使用したので、下塗りが終わった途端に屋根の温度は一定以上上がりませんでした。

遮熱塗装前温度
遮熱塗装 後温度

 

なお、先だって確認をしましたが、施工後5年以上経過していてもキレイな状態でした。

建築した大手ハウスメーカーが「原因不明」とした雨漏り

このお宅には、塗装以外の問題がありました。

雨漏りです。

常に雨漏りするのではなく、主に大雨の時だけ雨漏りをするとのことで、建築した大手ハウスメーカーが何度も調査したのだけども、結局原因は分からずじまいで月日が経ってしまったそうです。

工事前の調査で、雨漏り原因をほぼ断定

雨漏りの特定は、まずお客様から聞き取ることから始めます。

何処に、どんな雨の時に、どのくらい雨漏りがあるのかを聞き取ります。大抵のお客様は、自身で予想した原因をおっしゃいますが、基本的にそれらは参考にしないようにしています。なぜならば、先入観は原因を特定する妨げになるからです。

次に、家全体の造りと、現状で雨漏り以外の故障などが無いかを確認します。
雨樋の詰まりや外れ、変形なども雨漏りの原因となる場合があります。

この状態で、外から見えない家の中の構造を想像します。お医者さんのお客様は、「やっていることが心臓外科医と同じだ」と言っていましたが、そのくらいこの想像は重要です。

想像によって想定した場所を調査します。雨漏りの原因箇所には、何らかの痕跡があることが多いので、その痕跡があればほぼ100%特定は成功です。
痕跡が発見できなかったとしても、内部を想像することで原因エリアの特定は終わっているので、今までは無事に雨漏りを直せてはいます。

で、その時の原因がこの部分です。

雨漏りの原因

一見、表面が単にひび割れているだけに見えます。ハウスメーカーは、トップコートなどで、そこを何度か直したようですが直すことができなかったわけです。
この部分から雨漏りする原因は建物の構造にあり、線のように見えるひび割れが開くこともあるので、雨漏りが不規則に起こっていました。
弊社にて、この原因に対処した防水を行いましたので、それ以降雨漏りは起こっていません。

 

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
7月16日は、七色の「虹」の日 ~塗装の世界にも色のセンスは必要です!~
7月16日は、七色の「虹」の日 ~塗装の世界にも色のセンスは必要です!~
今日7月16日は虹の日です。7(なな)16(いろ)をもじって虹の日にしたということなので、今日は虹の色について書きたいと思います。 虹は7色ではない!? 「虹は七色」日本では7色と当たり前のように思われていますが、虹の色の数は国や地域によって違っています。もちろん、虹の色はプリズム現象で生じるもので巣から、どこでも同様...
正直塗装店とは何だ?
正直塗装店とは何だ?
正直塗装店・・・ってなに? ネット広告での「正直塗装店」の文字で感じた違和感 ネットでは表示された広告は様々なものがありますが、その中に「正直塗装店」というものを見ました。 「ちょっと待って、この会社の下請けから泣きの相談が入ったばかりでウソばっかりじゃないか!」と怒りにも似た感情がありましたので、ここで洗いざらい話し...
下地診断 ~サイディングの塗り替え②~
下地診断 ~サイディングの塗り替え②~
サイディングの塗り替え時には必ず下地診断が必要 前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第2弾です。 今回は下塗りの選択方法について書きたいと思います。 2新築時の仕上げと傷み具体を見て下塗りを決めるべし! シーラーとサーフ材 現在の窯業系サイディングに適した下塗り材にはシーラーとサ...
1級塗装技能士とは?
1級塗装技能士とは?
一級塗装技能士は、家を直せる資格ではありません! 塗装会社の宣伝文句に「1級技能士の店」という表示がよくありますが、1級技能士とは技術が高いことを示すものなのでしょうか? 建築における技術的な資格は国土交通大臣認定ですが、技能士は厚生労働大臣認定の資格です。厚生労働省は、技術ではなく労働者を管轄する象徴なので・・・・ ...
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装するのは手抜きと言える! 弊社の建築現場のお隣で、塗り替え工事が行われており、施工の様子を見ることと工事を行っていた職人さんたちと話す機会があったので、今の塗り替え業界で起きている問題点と施工している人たちの厳しい現状をお話しします。 ローラーだけで工事を行う職人(?) 本来は、端部や入隅、細幅の部分...
週刊誌のリフォーム会社選び指南は大問題
週刊誌のリフォーム会社選び指南は大問題
あなたの家が、知らぬ間にショウルームにされていても大丈夫ですか?良いリフォーム会社は絶対に行わない事 8月9日に「SPA!」から配信された「悪徳リフォーム業者から家を守る方法。大幅値引きは危ない?」は全てではありませんが問題があるので、あえて名前を出して指摘します。 「専門工事会社に頼むのが正解」ではあるが・・・ 特定...
フッ素樹脂塗料の特徴
フッ素樹脂塗料の特徴
フッ素樹脂の特徴とは フッ素樹脂塗料とは フッ素樹脂塗料とは、フッ素原子が含まれている樹脂を原材料として作られている塗料の総称です。フッ素樹脂は、原子間の結合力が非常に強く、耐熱性・耐薬品性に優れ、摩擦係数が小さいのが特徴で、その性質を生かしフライパンの表面加工(焦げ付き防止)に使われているのが一般的に知られています。...