おススメ記事

大手ハウスメーカーが直せなかった 塗装と雨漏り修理 

建物と工事の概要

構造:木造金属屋根葺き3階建て

築年数:22年

外壁:サイディング貼り

屋根:金属屋根

建築:大手ハウスメーカー(一部上場)

工事の内容:屋根と外壁の塗装 ベランダの防水 雨漏り修理

外壁の築年数なりの傷みは塗装で健全な状態にし、屋根は遮熱塗装で焼けこみを減らす

築22年も経つと、流石にサイディングは荒れ、目地のシーリングは劣化が進んで完全に硬くなりボロボロの状態でした。

そこで、シーリングはすべて撤去して打ち替え、荒れていたサイディングは高品質な下塗り材を用いて健全な状態にし、さらに当時の最高品質を誇る塗料を使いキレイに仕上げました。

付帯物(破風板、雨樋、水切りなど)も丁寧にケレンをし、必要な下塗り(プライマー)を塗ってから半艶で仕上げました。雨戸は、弊社の作業場で吹付仕上げをし再度組付いたしました。

屋根は金属製で夏になると夜でも照り返しがあって暑いということでしたので、遮熱塗装を採用しました。

遮熱塗料は、メーカーによって効きが違うものなので、提供があるサーモアイシリーズのサーモアイ4Fを使用しました。下塗りは安価なものは使用せず、遮熱機能があるエポキシ系防錆プライマーを使用したので、下塗りが終わった途端に屋根の温度は一定以上上がりませんでした。

遮熱塗装前温度
遮熱塗装 後温度

 

なお、先だって確認をしましたが、施工後5年以上経過していてもキレイな状態でした。

建築した大手ハウスメーカーが「原因不明」とした雨漏り

このお宅には、塗装以外の問題がありました。

雨漏りです。

常に雨漏りするのではなく、主に大雨の時だけ雨漏りをするとのことで、建築した大手ハウスメーカーが何度も調査したのだけども、結局原因は分からずじまいで月日が経ってしまったそうです。

工事前の調査で、雨漏り原因をほぼ断定

雨漏りの特定は、まずお客様から聞き取ることから始めます。

何処に、どんな雨の時に、どのくらい雨漏りがあるのかを聞き取ります。大抵のお客様は、自身で予想した原因をおっしゃいますが、基本的にそれらは参考にしないようにしています。なぜならば、先入観は原因を特定する妨げになるからです。

次に、家全体の造りと、現状で雨漏り以外の故障などが無いかを確認します。
雨樋の詰まりや外れ、変形なども雨漏りの原因となる場合があります。

この状態で、外から見えない家の中の構造を想像します。お医者さんのお客様は、「やっていることが心臓外科医と同じだ」と言っていましたが、そのくらいこの想像は重要です。

想像によって想定した場所を調査します。雨漏りの原因箇所には、何らかの痕跡があることが多いので、その痕跡があればほぼ100%特定は成功です。
痕跡が発見できなかったとしても、内部を想像することで原因エリアの特定は終わっているので、今までは無事に雨漏りを直せてはいます。

で、その時の原因がこの部分です。

雨漏りの原因

一見、表面が単にひび割れているだけに見えます。ハウスメーカーは、トップコートなどで、そこを何度か直したようですが直すことができなかったわけです。
この部分から雨漏りする原因は建物の構造にあり、線のように見えるひび割れが開くこともあるので、雨漏りが不規則に起こっていました。
弊社にて、この原因に対処した防水を行いましたので、それ以降雨漏りは起こっていません。

 

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
第1話 ハロウィーン
第1話 ハロウィーン
午後、窓から通りを見下ろすと仮装をした子供の集団が移動していく姿が見えた。 大学のすぐ近くに住んでいたが、アメリカと言っても都会でアパート・・・日本で言うマンションばかりの地域であるため、子供たちは闇雲に「トリック・オア・トリート」と言って家を回ることはなく、知り合いの家だけを大人が同伴して回っていたのだ。 その夜には...
打ち放しコンクリートの直し方
打ち放しコンクリートの直し方
直し方で、見た目も価格も違う打ち放しコンクリートの再生工法 値段と品質は比例 弊社は修繕から仕上げまで行い、打ち放しコンクリート建物を新築時の様に再生する工事が可能です! 後編では、再生工法が実際にはどのようなプロセスで行われるのかお伝えしたいと思いますが、その前に「再生工法」と「カラークリア工法」の違いについてご説明...
打ち放しコンクリートの再生工法
打ち放しコンクリートの再生工法
新築同様に直せる!打ち放しコンクリートの再生工法 弊社は修繕から仕上げまで行い、コンクリート打ち放し建物を新築時の様に再生する工事が可能です! 高級建築である「コンクリート打ち放し建物」は商業ビルやマンション、一般住宅でも見かけます。 しかし、高級であるのに「雨漏りはつきもの」と言われていたり、打ち放しの場合は塗り替え...
艶ありと艶消しの違い
艶ありと艶消しの違い
艶ありと艶消しは、仕上げとしてどちらがよいのか!? 多くの方から頂く質問をブログ形式で紹介する第1回目です。 今回は「ツヤありとツヤ消しはどっちがよいの?」という質問に回答します。 工業製品は殆ど艶ありがない 日用品も含めて工業製品がツヤありで作られることは殆どありません。 なぜか? それはツヤがあると少しの凸凹や変形...
無機塗料とは~2022年最新塗料事情 
無機塗料とは~2022年最新塗料事情 
無機塗料とは!? リフォーム会社や塗り替え屋(大量の広告を出し、技術を問わないで下請けを使って工事をしているような会社)を中心として、「フッ素樹脂塗料」よりも耐久性が高いとして無機塗料を薦められていますが、実際はどの様な物なのでしょうか?今回は、無機塗料の現状をお話ししたいと思います。 本来の意味の無機塗料とは、無機成...
メーカー直接はありえない理由
メーカー直接はありえない理由
塗料メーカー直営工事もメーカーが施工店に直接塗料を卸すことはない! 訪問販売等でメーカーを名乗り「ウチはメーカー直営だから安く出来ます!」と言ったり、「ウチはメーカーから直接仕入れているので安く出来ます!」という営業マンがいますが、彼らは本当のことを言っているのでしょうか?今回は、直営や直接仕入れが本当に行われているの...
異業種が「塗り替え」に参入する理由
異業種が「塗り替え」に参入する理由
「塗り替え」に異業種が続々参入 安易に儲けられると考える他業種が参入しています! 正直言って、手抜きをしてもバレづらいのが塗り替えです。キレイになって当たり前!よほどでない限り素人では上手い下手の判断が出来ないでしょう。なので、ホームセンターや家電販売店、生協やクリーニング店まで・・・異業種が塗り替え事業に参入していま...