おススメ記事
手抜きの証拠写真

手抜きの証拠写真!「手抜がない、ナンバーワン」を自称する会社の実態

「手抜がない」や「ナンバーワン」を自称する会社さんで屋根塗装をしてもらったという方が、2022年3月19日の「スレート屋根の縁切り タスペーサーは有効か?」をご覧になりタスペーサーを使い方が正しいのかという相談がありまして、その過程で施工会社が撮影した工事写真を拝見する機会が、その中から手抜きの証拠写真を発見しました。

これがその中の写真の1枚です。(元画像がばれないように一部切り取っています。また、相談者から許可を得て掲載しています。)

シーラーを塗ってから入れられるタスペーサー02

元の画像

タスペーサー02を取り付けている状況の写真ですが、よく見ると色々と手抜きがあることが分かります。

同じ写真のコントラストを上げて問題がある場所にコメントをつけました。

それがこちら

手抜塗装の証拠写真

コントラストを上げた画像で手抜きが丸見えに

技術がない職人とは言えない者が施工している実態

実は、この写真だけを見たわけでなく、もっと沢山の写真を拝見しました。
そのなかで、おかしいと感じ、写真を分析しましたら出るわ出るわで、手抜きのオンパレードでした。

おかしいと思った最初の写真がこちら

屋根の間違ったシーラー塗り

一見問題がなさそうな写真も・・・

これも、一見は普通の写真に見えますが、これを拡大してみると・・・・

拡大した手抜塗装写真

よく見ると塗料が入っていない場所が見えます

こうなるわけです。実際は大きな面もシーラーが塗り足らない部分もあり、実際はまだらにシーラーが塗られている状態です。

シーラーが入っていない部分があると起こる問題

では、写真の様にシーラーが入っていない不完全な状態のまま上塗りをするとどうなるのでしょうか?

塗装してスグはキレイに見えるでしょう。上塗りはシーラーと違って入隅や目地にも塗料を入れるでしょうから塗り残したようにも見えないです。

でも、シーラーの入っていない部分は下地と上塗り塗料は密着しづらいわけですから、塗料が固まり、時間が経って硬くなると剥がれやすい状態になります。平らな部分はシーラーが入っていて剥がれづらいのに、入隅などは剥がれやすいわけですから、その部分が割れ、先に目に見えないくらい塗膜の表面が割れます。冬になるとその隙間に雨が射して夜に凍り、昼に溶けてを繰り返しひび割れはどんどん大きくなります。で、最後にはそこが剥がれます。キレイに剥がれるということはなく、マダラに汚く剥がれますので、次回の塗装時には問題となります。ハッキリ言えば、もう十分な耐久性を持つ塗装は出来ない可能性が有る屋根になってしまいます。

このような施工になってしまう原因

手抜がないと言いながら、どうしてこのような施工をするのでしょうか?

職人、会社共に基本的な技術が全く出来ていません。技術も知識も見立ても管理も全部素人レベルです。
それに加え、ローラーだけで、かつ楽して仕事をしようとしている様子が透けて見えます。要するに、施工自体がプロと呼べるレベルにないのです。
おそらく、施工をした本人や会社は手抜きであるという感覚がないです。自信満々に写真を提出していますし、数年後に点検に来るとも言っていたそうです。(そもそも点検しても問題を見分けられないでしょうけど)

建築に限らず、どの世界でも取り扱う量を増やすとある時点から品質が急降下するそうです。もともとの品質が次第点と言えないのに施工数を増やせば、このような素人施工になっても仕方がないでしょう。

なお、この相談をなさってきた方が、施工した会社に問題点を指摘しても何の対応もしてくれなかったそうです。怒り心頭で評価で事実を書いても消されたとわざわざ報告をくださいました。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
遮熱塗装は本当に温度が下がるのか?
遮熱塗装は本当に温度が下がるのか?
夏本番!遮熱塗装は本当に屋根温度を下げる!? もうすぐ梅雨明けですね。梅雨が明けると暑い夏がやってきます。 特に寝室を2階になさっているお宅は屋根が焼けこんで寝苦しい夜を過ごすことに・・・。 今回は、屋根の遮熱塗装についてお話ししたいと思います。 遮熱塗装で部屋は涼しくなるの? 遮熱塗装で部屋が涼しくなるという表現をし...
シーリング ~サイディングの塗り替え①~
シーリング ~サイディングの塗り替え①~
サイディングの塗り替え時にはシーリング(コーキング)の打ち替えが必要! この20年ぐらいでサインディングが住宅外壁の主となりまして、ALCやモルタルで壁が作られる家はあまり見なくなりました。高意匠のジョリパットなどで仕上げられていて下地はモルタルかなと思ったらサイディングの大壁工法であったりで、窯業系にしろ金属系にしろ...
第2話 父の入院  
第2話 父の入院  
父が倒れてから数日たって、母から電話があった。 「一回帰国して欲しい」 不安な様子がよく分かった。 でも、学期中のため一時帰国は本当に難しいので、ベテランズデイと週末で本当に短期間で一時帰国することにした。 いずれでも父のことが気がかりで勉強も手に付きづらかったため、自分自身が安心したいという気持ちがあったのだと思う...
クリヤー塗装 ~サイディングの塗り替え④~
クリヤー塗装 ~サイディングの塗り替え④~
クリヤー塗装ならば、高意匠サイディングの模様を潰さない! 前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第4弾です。 今回は高意匠サイディングへのクリアー塗装について書きます。 4サイディングをクリヤー塗装するには条件がある! 高意匠サイディングのメンテナンス 石調やレンガ調などの意匠性が...
「火災保険で直せる」はウソ!
「火災保険で直せる」はウソ!
火災保険を使って無料で直せるというチラシ ダマそうとする意図があるチラシ 今日、郵便受けに写真のチラシが入っていました。 チラシの内容にも誤解を受ける表現があり問題です。公益性があると考えましたので、名前なども隠さないでご紹介します。 よく読めばわかりますが、このチラシは行政からの通知ではありません。また、公的な組織が...