おススメ記事
タスペーサーで縁切りできるのか?

タスペーサーは、スレート屋根塗装時には縁切りする??

「縁切り」とは

「縁切り」とは、スレート屋根瓦同士が塗料で接着してしまって水が抜けるための隙間を埋めてしまうことを避けるために、塗装が終わった後に行う作業です。

スレート屋根は、重ねて葺いてあるので、重なった間に液状である塗料は入り込むため、塗ったままだと接着してしまいます。特に、刷毛を上手く使わないでローラーだけで塗装したような場合は、隙間に塗料が入り込み溜まりやすくなり問題が起きやすいです。最近の技術が低い業者が行った物件では、重ねた角に塗料が多くたまる現象が見られます。

 

縁切りをしないとどうなるのか

縁切りをしないと屋根から抜けるべき水分が抜けなくなります。

「屋根瓦だけで雨などの水を防いでいる」と思っている方が多いかもしれませんが、瓦は外からの水の大部分を防ぐだけで、雨はチョッとした隙間などから瓦の下に入り込むことが多々あります。しかし、瓦の下にはルーフィングと呼ばれる防水紙があり、瓦をすり抜けた雨をこのルーフィングが弾き、外に排出します。入り込んだ雨が排出できないで溜まるとルーフィングをも通り抜け野地板(屋根の下地)を傷めて雨漏りの原因となります。

「隙間が内容にコーキングなどで全て塞いでしまえば雨漏りが起きないのでは?」と考えるかもしれませんが、それだと家の中からです水蒸気が抜けず、屋根裏がラップを頭に被ったような状態になります。これもまた野地板を腐らせる原因となります。縁切りをしない状態

建築知識があまりないと、平気で「全部塞げば雨漏りしない」とか言い出しまして、その様な施工をされてしまったお宅を何度も見たことがあります。リフォーム店や普通の塗装店だと、その様な愚かな方法で家を壊してしまいます。

タスペーサーは有効か?

タスペーサーとはどんなものか

縁切り部材であるタスペーサー(株式会社セイム)を使う会社が増えてきていますが、当社では発売当時から採用しており、現在でもつかっています。

このタスペーサーは、塗装する前にスレート瓦の隙間に取り付けることで、塗装後の縁切りを不要にし、さらにスレート瓦を割れづらくします。

写真は新型のタスペーサーです。

新型タスペーサー

これを、スレート瓦2枚に対して2か所に設置方法に従って取り付けるだけでOKです。

間違った使い方をしている人が多い

ネット上には「タスペーサーは役に立たない」という主張をしている人がいますが、間違いなく使い方を間違っているか、ケチって必要数を取り付けていないなど、使用者自身に問題があったのだと思います。メーカーの取扱説明書をしっかり読んで、指示通りに取り付ければ全く問題ないどころか、非常に有効な商品です。

余談ですが、今まで多くの職人に取付を指導してきましたが、はじめからまともに出来た職人は一人もいませんでした。文字を読まないのかも。。。。

スレート屋根塗装については過去に書いたスレート屋根に関する記事をご覧ください。

 

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
補修 ~サイディングの塗り替え③~
補修 ~サイディングの塗り替え③~
ただ直せばよいだけではないサイディング補修 前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第3弾です。 今回はサイディングの補修について書きます。 3サイディングの補修方法 窯業系サイディングの割れはどうして起こるのか? 家は、地震や地殻の変動、風などで微細ですが動いています。少しの動きな...
コロナ禍で塗り替えのトラブル相談が急増!
コロナ禍で塗り替えのトラブル相談が急増!
コロナ禍で、塗り替えのトラブル相談が急増 接客があまり必要でない建設関連業は新型コロナウィルスの影響を直接はありませんが、自粛期間中に多くの人が在宅していたことで思ってもよらない事態になっている会社があるようです。外壁塗装や屋根塗装においては、在宅していながら塗り替えやリフォーム工事を行った消費者から、工事の出来や工程...
メーカー直接はありえない理由
メーカー直接はありえない理由
塗料メーカー直営工事もメーカーが施工店に直接塗料を卸すことはない! 訪問販売等でメーカーを名乗り「ウチはメーカー直営だから安く出来ます!」と言ったり、「ウチはメーカーから直接仕入れているので安く出来ます!」という営業マンがいますが、彼らは本当のことを言っているのでしょうか?今回は、直営や直接仕入れが本当に行われているの...
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
前橋の国道17号沿いビルで外壁が剥がれ落ちる事故が発生 令和2年6月19日午後7時ごろ、前橋市住吉町の国道17号沿いの河ビルの4階付近から外壁のタイルが縦20センチ以上、横2メートル以上にわたって剥がれ落ちる事故がありました。幸い怪我人は出ませんでしたが、朝晩は通学通勤で多くの人が通る場所ですのでタイミングが違えば大事...
令和4年度外装改修補助金 前橋市
令和4年度外装改修補助金 前橋市
令和4年度外装改修補助金 令和4年度外装改修補助金が今年も空家対策事業として前橋市で行われます。 (前橋市令和4年度外装改修補助金の申請に関するホームページ) 対象は、 60歳以上が住んでいる、築25年以上経過している戸建ての住宅の外装改修工事に係る費用で、事前相談を受けた案件の中から建築年の古い順に150件です。 (...
スレート屋根塗装
スレート屋根塗装
スレート屋根の塗装が正しく出来ない塗装屋が多い! コロニアル屋根とも呼ばれているスレート屋根の塗装は意外と正確な塗装がなされていないものが多いです。そのため、施工業者に技術が有るか無いかで将来的な結果が大きく変わってしまいます。 原因の第一位は、施工業者がスレート屋根用塗料の施工要領書をしっかりと読み込むことなく「ただ...
契約を守らない消費者の言い分
契約を守らない消費者の言い分
契約書を交わしていただくのは、それ相応の理由があります。 前回、実際にあったトンデモナイ要求をしてくる人たちをご紹介しましたが、今回はその派生版で契約をしてもトンデモナイ要求をする人たちをご紹介します。 原価で工事をしろ 「安く(工事を)して」という方が多いのは当たり前なのですが、中には原価で工事をしろと要求して来る方...
住宅塗装 夏に気を付ける事
住宅塗装 夏に気を付ける事
夏の塗装の注意点!気を付けることがいっぱい 今年(令和3年)の関東甲信越地方は7月16日に梅雨明けをしました。 気温も一気に上がり、まさに夏本番を迎えましたが、真夏だからこそ気を付けるべきことがあるので、ご紹介します。 1.夕立とゲリラ豪雨に注意 夕立もゲリラ豪雨も、何の前触れもなく突然降りだします。昔と違って、気象庁...