おススメ記事
スレート瓦が割れる!「2004年問題」

スレート瓦の2004年問題 初期のノンアスベスト瓦が割れて崩れる!

最近は金属屋根の家が増えてきましたが、まだまだ薄型スレート瓦が多くの家で使われています。価格が安く、軽く工事も比較的簡単なので建築コストを抑えるために「コロニアル」や「カラーベスト」の別称(いずれも商品名)で1980年頃から多く使われるようになりました。現在でも建売住宅を中心に多く使われています。

むかしのスレート屋根は強かった

今は使われていませんが、昔の薄型スレート瓦には石綿(アスベスト)が含まれていたので丈夫でした。割れることもあまりなく、今でも古い建物に使われた薄型スレート瓦がそのままの姿で使われている建物もあるくらいです。私の知っている限りだと40年を優に超えている屋根があります。さすがに反りは出ていますが、造り方の理由もあって現在でも現役の屋根です。

アスベスト(石綿)の問題

石綿は「燃えない布」として古代の文献にものこっており、古くから生活に使われていました。 20世紀に入るとその熱に強く丈夫な性質を利用して建築物の断熱材や防火材、機械類の摩擦防止部品などの大量に使われるようになりました。 1970年代に掘削作業などをしていた人たちが細かくなった石綿を吸い込んだことが原因と思われる肺病を発生していることが分かり、発がん性などがあると分かったことから建物の耐火被覆として使用するなどの吹付作業での使用が昭和50年(1975年)に原則として禁止されましたが、その後も製品に練り込む方法では使用され続けました。しかし、練り込まれた製品からも剥がれ落ちて飛散する恐れがあると分かり、平成16年(2004年)に重さの1%を超える石綿含有建材、摩擦材、接着剤等10品目での使用が禁止されました。この規制で薄型スレート瓦(コロニアル)には石綿が使用されなくなりました。

ノンアスベスト瓦がどんどん割れて崩れている!

瓦メーカーが石綿を使わなくなった平成13年(2001年)頃から販売された薄型スレート瓦は、強さを持たせるために使われていた石綿が使われていなくなったので、明らかに劣化しやすく割れやすく、それらが使われた家の屋根がどんどん崩れています。パミールは、ノンアスベストで造られた初めてのスレート瓦で、劣化が早く問題となりました。 平成13年から平成20年(2008年)に建てられた場合は、このような症状を持つ屋根材が使われている可能性が非常に高いです。ただし、平成20年に強度が上がった新型の薄型スレート瓦が発売開始されていますが、平成21年に建てられた建物であっても在庫品の瓦を使われているケースもありますので建築年だけで判断しないようにしましょう。

屋根に上げるな、上がるな!

塗装の見積で「屋根に上がって診断します!」という会社がありますが、このような会社には絶対に頼んではいけません。想像できるかと思いますが、ただでさえも脆い屋根材に人が上れば多くが割れ、劣化を早めてしまいます。塗装の見積ならば屋根に上がる必要は一切ありません。上がるの必要があると言うのは建築知識がない証拠です。

屋根が心配で点検して欲しいときは

もし、屋根として点検したいのであれば弊社にご依頼くださるか、新築をやっている本物の屋根専門業者に見てみらって下さい。リフォーム会社などではなく、工務店などの建築の正しい知識がある会社を通せば依頼できます。(当社の場合は、ごループの近未来工務店が対応いたします。)
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
プロの完成検査の仕方
プロの完成検査の仕方
完成検査は、プロならではのポイントがある! 弊社では自社で工事を行った工事を検査をしてお客様にお渡しをしています。 この検査を行っていない会社や検査とは言えない程度の確認で終える会社も少なくないですが、弊社は老舗ならではのノウハウで重要なポイントをしっかりと見ています。 今日は、そんな「プロの検査」を一部ご紹介したいと...
第3話 一時帰国
第3話 一時帰国
以前は、上野から新幹線に乗るしかなかったのだが、その時初めて東京駅まで新幹線が延びていることを知った。 慣れない東京駅は、巨大すぎてどちらに行けば新幹線ホームがあるのか全く分からず、右往左往してしまった。 日本語を長い間まともの話していないと、日本に帰ってきてもとっさに日本語が出て来ないもので、考えれば考えるほど英語し...
回転寿司と塗装店
回転寿司と塗装店
寿司業界と似ている塗装業界 昔は「すし」は高級品でしたが、回転寿司が普及した今はそれほど高い印象もなく気軽に口にすることが出来るようになりました。でも・・・回転寿司は本当に安いのでしょうか?もちろん超高級寿司店から見たら非常にリーズナブルではありますが一般的なお寿司屋さんと比べると最近はあまり変わらないような気がします...
「質問だけ」は、有料です!
「質問だけ」は、有料です!
質問への回答は、無料ではありません!有料のサービスです。 技術的な質問の電話をなさって来る方が多いですが、有料です! 電話を掛けてきて質問だけなさる方がいらっしゃいますが、当社は企業ですので顧客以外からの質問は基本的に有料です。質問なされば、それに回答している時間も人件費が発生していますし、技術的な内容はその知識を得る...
バイオ洗浄は必要か?
バイオ洗浄は必要か?
高圧洗浄時に、バイオ洗浄は必要か? バイオ洗浄とは何なのか? バイオ洗浄の名前を初めて聞いたのは1990年代の後半、今では破綻して無くなっているペイントハウスが行っていた洗浄方法でした。どういった物かというと、高圧洗浄をするときに洗浄水の中に洗剤を入れて洗うというもので、普通の高圧洗浄よりも高い費用を得るための手段であ...
手抜職人が激増中!
手抜職人が激増中!
下手な手抜職人は、悪びれもなく手を抜く 本日、塗装工事中だけども相談をしたいという方から1枚の写真が送られてきました。 写真を見て心底驚きました。この事実をウェブ上に掲載してよいかとお尋ねしたところ、こころよく承諾してくださったので、ご紹介します。 送られてきた写真はこれです。(場所等が分からない様に一部モザイクがかけ...
コンクリート造(RC)の雨漏り修繕
コンクリート造(RC)の雨漏り修繕
コンクリート造の建物は雨漏りがつきものなのか? コンクリート造の建物は高級感もアリ、デザイン的にも素敵な建物が多いですが、なぜか築数年で雨漏りが起こるというジンクスがあります。 大きな雨漏りもありますし、染み出すような原因不明の雨漏りもあり、悩んでいる方も少なくありません。 コンクリート造建物が雨漏りする理由 コンクリ...
塗り替え工事、塗装が他社より安い?!
塗り替え工事、塗装が他社より安い?!
定価で計算しても他店のチラシよりも安い!弊社の塗り替え工事 外壁や屋根の塗り替えを新聞折込チラシで工事を検討する方も多いかと思いますが、そこに安さを強調して記載されている外壁塗装や屋根塗装の金額を、同じ条件で見積りをしたら弊社の場合は幾らになるのか計算してみました。すると、驚きの事実が判明しました。ななんと!塗り替えは...