おススメ記事
スレート瓦が割れる!「2004年問題」

スレート瓦の2004年問題 初期のノンアスベスト瓦が割れて崩れる!

最近は金属屋根の家が増えてきましたが、まだまだ薄型スレート瓦が多くの家で使われています。価格が安く、軽く工事も比較的簡単なので建築コストを抑えるために「コロニアル」や「カラーベスト」の別称(いずれも商品名)で1980年頃から多く使われるようになりました。現在でも建売住宅を中心に多く使われています。

むかしのスレート屋根は強かった

今は使われていませんが、昔の薄型スレート瓦には石綿(アスベスト)が含まれていたので丈夫でした。割れることもあまりなく、今でも古い建物に使われた薄型スレート瓦がそのままの姿で使われている建物もあるくらいです。私の知っている限りだと40年を優に超えている屋根があります。さすがに反りは出ていますが、造り方の理由もあって現在でも現役の屋根です。

アスベスト(石綿)の問題

石綿は「燃えない布」として古代の文献にものこっており、古くから生活に使われていました。 20世紀に入るとその熱に強く丈夫な性質を利用して建築物の断熱材や防火材、機械類の摩擦防止部品などの大量に使われるようになりました。 1970年代に掘削作業などをしていた人たちが細かくなった石綿を吸い込んだことが原因と思われる肺病を発生していることが分かり、発がん性などがあると分かったことから建物の耐火被覆として使用するなどの吹付作業での使用が昭和50年(1975年)に原則として禁止されましたが、その後も製品に練り込む方法では使用され続けました。しかし、練り込まれた製品からも剥がれ落ちて飛散する恐れがあると分かり、平成16年(2004年)に重さの1%を超える石綿含有建材、摩擦材、接着剤等10品目での使用が禁止されました。この規制で薄型スレート瓦(コロニアル)には石綿が使用されなくなりました。

ノンアスベスト瓦がどんどん割れて崩れている!

瓦メーカーが石綿を使わなくなった平成13年(2001年)頃から販売された薄型スレート瓦は、強さを持たせるために使われていた石綿が使われていなくなったので、明らかに劣化しやすく割れやすく、それらが使われた家の屋根がどんどん崩れています。パミールは、ノンアスベストで造られた初めてのスレート瓦で、劣化が早く問題となりました。 平成13年から平成20年(2008年)に建てられた場合は、このような症状を持つ屋根材が使われている可能性が非常に高いです。ただし、平成20年に強度が上がった新型の薄型スレート瓦が発売開始されていますが、平成21年に建てられた建物であっても在庫品の瓦を使われているケースもありますので建築年だけで判断しないようにしましょう。

屋根に上げるな、上がるな!

塗装の見積で「屋根に上がって診断します!」という会社がありますが、このような会社には絶対に頼んではいけません。想像できるかと思いますが、ただでさえも脆い屋根材に人が上れば多くが割れ、劣化を早めてしまいます。塗装の見積ならば屋根に上がる必要は一切ありません。上がるの必要があると言うのは建築知識がない証拠です。

屋根が心配で点検して欲しいときは

もし、屋根として点検したいのであれば弊社にご依頼くださるか、新築をやっている本物の屋根専門業者に見てみらって下さい。リフォーム会社などではなく、工務店などの建築の正しい知識がある会社を通せば依頼できます。(当社の場合は、ごループの近未来工務店が対応いたします。)
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
「塗り替え」で当り業者が少ない理由②
「塗り替え」で当り業者が少ない理由②
塗り替えの当たり業者を見分けるためには消費者自身の知識も必要 良い塗り替え業者に出会うのは「宝くじに当たるのと同じくらい難しい」、「九十九里浜で一粒の赤い砂を見つけ出すのと同じ」などと言われるくらい、真の意味で信頼できる業者は少ないのが塗装業界です。 今回は、「『塗り替え』でハズレ業者が多い理由」の続きをお話しします。...
ラジカル塗料とは?~2022年最新塗料事情
ラジカル塗料とは?~2022年最新塗料事情
ラジカル塗料は、本当はラジカル制御型塗料。では、どのような物? ラジカル制御型塗料って何? 「ラジカルはシリコンよりも長持ちしますか?」と質問されることが多くあります。 答えの前に「ラジカル」について説明しますと、そもそもあラジカルというのは強いエネルギーによる電子の移動や、化学結合の解裂などによって不対電子を持った分...
令和4年度外装改修補助金 前橋市
令和4年度外装改修補助金 前橋市
令和4年度外装改修補助金 令和4年度外装改修補助金が今年も空家対策事業として前橋市で行われます。 (前橋市令和4年度外装改修補助金の申請に関するホームページ) 対象は、 60歳以上が住んでいる、築25年以上経過している戸建ての住宅の外装改修工事に係る費用で、事前相談を受けた案件の中から建築年の古い順に150件です。 (...
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
前橋の国道17号沿いビルで外壁が剥がれ落ちる事故が発生 令和2年6月19日午後7時ごろ、前橋市住吉町の国道17号沿いの河ビルの4階付近から外壁のタイルが縦20センチ以上、横2メートル以上にわたって剥がれ落ちる事故がありました。幸い怪我人は出ませんでしたが、朝晩は通学通勤で多くの人が通る場所ですのでタイミングが違えば大事...
クリヤー塗装 ~サイディングの塗り替え④~
クリヤー塗装 ~サイディングの塗り替え④~
クリヤー塗装ならば、高意匠サイディングの模様を潰さない! 前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第4弾です。 今回は高意匠サイディングへのクリアー塗装について書きます。 4サイディングをクリヤー塗装するには条件がある! 高意匠サイディングのメンテナンス 石調やレンガ調などの意匠性が...
プロの完成検査の仕方
プロの完成検査の仕方
完成検査は、プロならではのポイントがある! 弊社では自社で工事を行った工事を検査をしてお客様にお渡しをしています。 この検査を行っていない会社や検査とは言えない程度の確認で終える会社も少なくないですが、弊社は老舗ならではのノウハウで重要なポイントをしっかりと見ています。 今日は、そんな「プロの検査」を一部ご紹介したいと...