おススメ記事
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情

2022年最新版 アクリル塗料とは、どのような物か?

リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか?
今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第1弾として、アクリル樹脂塗料についてお話しします。

アクリル樹脂塗料は、まだ存在しているのか?

アクリルを主体とする塗料は、屋根や外壁に使われる塗料としてはもう無いと言っても良いかもしれません。ただし、外部でも紫外線による劣化が少ない軒天や内部で使われる塗料は今でもアクリル樹脂系が多く使われています。

ピュアアクリルって良いものなの?

少し前に「ピュアアクリル」を売りにした輸入塗料を良い者の様に売り込む塗り替え屋(技術的には塗装屋と呼べるレベルではないのでそう呼びます)が多くいましたが、本当に100%アクリルであるというのならば色は付きませんし、硬いため刷毛やローラーで塗ることも出来ないので、よく考えればインチキであると分かるはずなのですが、印刷されたカタログには「不純物がなく、伸びるのでひび割れにも追従して、耐久性も高い」なんて書いてあると信じてしまう人が多かったようです。でも、色が付いて伸びる時点で100%アクリルではないですし、ご存じのとおりアクリル樹脂塗料の耐久性はそれほど高くありません。
実際、クレームがすごかったらしく、ほどなくしてピュアアクリルは聞かれなくなりました。

素材としてのアクリルは万能

アクリルは、単体ではそれほど機能が高くないですが、何かを加えることで機能が増します。現在、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料などと言われている塗料の多くは、本当は(アクリル)ウレタン樹脂塗料ですし、(アクリル)シリコン樹脂塗料である物も多く、多くの塗料の基本素材として使われています。

 

次回は、ウレタン樹脂編です。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
フッ素樹脂塗料の特徴
フッ素樹脂塗料の特徴
フッ素樹脂の特徴とは フッ素樹脂塗料とは フッ素樹脂塗料とは、フッ素原子が含まれている樹脂を原材料として作られている塗料の総称です。フッ素樹脂は、原子間の結合力が非常に強く、耐熱性・耐薬品性に優れ、摩擦係数が小さいのが特徴で、その性質を生かしフライパンの表面加工(焦げ付き防止)に使われているのが一般的に知られています。...
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦の2004年問題 初期のノンアスベスト瓦が割れて崩れる! 最近は金属屋根の家が増えてきましたが、まだまだ薄型スレート瓦が多くの家で使われています。価格が安く、軽く工事も比較的簡単なので建築コストを抑えるために「コロニアル」や「カラーベスト」の別称(いずれも商品名)で1980年頃から多く使われるようになりました...
補修 ~サイディングの塗り替え③~
補修 ~サイディングの塗り替え③~
ただ直せばよいだけではないサイディング補修 前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第3弾です。 今回はサイディングの補修について書きます。 3サイディングの補修方法 窯業系サイディングの割れはどうして起こるのか? 家は、地震や地殻の変動、風などで微細ですが動いています。少しの動きな...
「塗り替え」に当たり業者が少ない理由①
「塗り替え」に当たり業者が少ない理由①
塗り替えでハズレ業者を引いてしまう人が多い現実 「塗装屋」が減って「塗り替え屋」が増えた バブル崩壊後、建物の外壁塗装の主流は吹付けではなくなりました。それまでは吹付け工事だけを行っていたガン屋と呼ばれる人々は仕事が激減したのですが・・・彼らの多くは吹付け機をローラーに持ち替えて住宅の「塗り替え屋」に変身していきました...
丁寧な仕事が故に、お待ちいただきます。
丁寧な仕事が故に、お待ちいただきます。
塗り替えでの丁寧に仕事には、時間がかかります! 外壁や屋根の塗装をご依頼くださる方が多くいらして本当にありがたいのですが、弊社は自身を持って工事を提供できる数しか受けませんので、大量に受注することは出来ません。 一般住宅の塗り替えであっても、安易に下請け任せにしたり、未熟な者だけを職人として工事をさせることは出来ないで...