おススメ記事
【2021年】最新塗料の事情 ~アクリル・ウレタン編~

リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか?
今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第1弾として、アクリル樹脂塗料とウレタン樹脂塗料についてお話しします。

アクリル樹脂塗料は、まだあるの?

屋根や外壁に使われる塗料としてはもう無いと言っても良いかもしれません。ただし、外部でも紫外線による劣化が少ない軒天や内部で使われる塗料は今でもアクリル樹脂系が多く使われています。

ピュアアクリルって良いものなの?

少し前に「ピュアアクリル」を売りにした輸入塗料を良い者の様に売り込む塗り替え屋(技術的には塗装屋と呼べるレベルではないのでそう呼びます)が多くいましたが、本当に100%アクリルであるというのならば色は付きませんし、硬いため刷毛やローラーで塗ることも出来ないので、よく考えればインチキであると分かるはずなのですが、印刷されたカタログで”不純物がなく、伸びるのでひび割れにも追従して、耐久性も高い”なんて書いてあると信じてしまう人が多かったです。でも、色が付いて伸びる時点で100%アクリルではないですし、ご存じのとおりアクリル樹脂塗料の耐久性はそれほど高くありません。
実際、クレームがすごかったらしく、ほどなくしてピュアアクリルは聞かれなくなりました。

素材としてのアクリルは万能

アクリルは、単体ではそれほど機能が高くないですが、何かを加えることで機能が増します。現在、ウレタン樹脂塗料、シリコン樹脂塗料などと言われている塗料の多くは、本当は(アクリル)ウレタン樹脂塗料ですし、(アクリル)シリコン樹脂塗料である物も多く、多くの塗料の基本素材として使われています。

ウレタンは、もう過去の塗料か・・・・。

ウレタン樹脂塗料は期待耐久年数が外壁で8~10年ながらも価格が少しだけ安いことから今でもメインで使っている業者はいます。ただ、標準的なシリコン樹脂塗料と価格差があまりないので、多くの業者がウレタン樹脂塗料は特別なオーダーがない限り使うことがなくなりつつあります。
建築用のウレタン樹脂塗料の多くは(アクリル)ウレタン樹脂塗料ですが、アクリルではない樹脂を使ったポリウレタン樹脂塗料もあり、こちらは重防食塗料の上塗りや自動車板金塗装の塗料として使われています。
住宅に自動車板金用の塗料を使ったら長持ちするのではないかという人がいますが、自動車の素材と住宅の素材は全く異なるので、使用しても期待するような耐久性が得られないだけでなく問題も起きやすい(しかも高い)ので使用すべきではありません。

次回は、シリコン樹脂・ラジカル制御編です。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事