おススメ記事
住宅塗装 夏に気を付ける事

夏の塗装の注意点!気を付けることがいっぱい

今年(令和3年)の関東甲信越地方は7月16日に梅雨明けをしました。
気温も一気に上がり、まさに夏本番を迎えましたが、真夏だからこそ気を付けるべきことがあるので、ご紹介します。

1.夕立とゲリラ豪雨に注意

夕立もゲリラ豪雨も、何の前触れもなく突然降りだします。昔と違って、気象庁の他に民間天気予報会社の通知などもあるので事前に予測は付くのですが、最も雲の動きを読むことで、これは経験がものを言います。
夏場になると、他社で工事を請けている方からですが「塗装されてからスグに夕立に降られたのですが・・・・」と相談が結構あります。弊社の場合は、雨が予想されたり、降ってきそうな状況になったら塗装は行わないですし、天気が急変しそうな場合は雨に叩かれないように養生をして万が一にも塗装が流されないように予防策を講じます(それでも仕上面が湿気等でよくない場合は塗り直します)が、相談をして来る方のお宅を施工している会社(職人)の多くが雨が降り出すまでと塗っていたり、屋根からブルーシートをかけて工事を続行したなどの問題施工をしています。雲の流れを読む力もないのでしょうが、工事を早く終わらせないと稼ぐことが出来ない下請けが施工をしているといった、違った問題も見えてきます。
弊社の近所でも大手ハウスメーカーが請負った塗り替え工事が雨が上がったとたんにスレート屋根を塗っていましたし、他社(広告多い会社)が雨上がり後すぐに水気を拭いて塗装をしていましたので、残念ながら良心を持って施工をしている会社は少ないのではないかと思われます。

2.高すぎる気温に注意

塗料の乾燥時間は気温23度を基準にしています。気温が低くなるに比例して乾燥硬化までの時間は長くなり、気温5度以下になると塗料は固まりません。逆に、気温が高すぎると不適切に硬化をしてしまい塗膜が問題を起こすことがあります。一般の方の中には「気温が高いと塗料が伸びるから(塗膜が薄くなり)良くない」といった間違った知識を言う人がいますが、気温が高すぎると塗料は伸びる前に固まり不均一な塗膜となってしまいます。なので、弊社では気温が高すぎて施工には適さないと判断した場合、あえて施工を中止することがあります。本来はこれもどこの施工会社でも行うべきことなのですが・・・・そこまで考えて工事をしている会社は殆どありません。

3.テープ類の糊に気を付ける

余談ですが、暑いと熱でテープの糊が解けて付着してしまうことがあります。施工後にしっかりと清掃をする必要があります。この清掃も重要な施工の一部であることは言うまでもありません。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」はカモを探す手段 「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」と称して、人々を集める会社がありますが、その催しは本当に役に立つのでしょうか? ハッキリ言えば、カモにされることはあっても消費者にとっては役立つことは全くないです。 なぜ「役に立たない」と言い切れるのか、今日はその理由につ...
コロニアル屋根は塗装が必要か?
コロニアル屋根は塗装が必要か?
スレート屋根は塗り替えなくても良いと言う説は本当か? 屋根には塗り替えが必要な種類がいくつかあります。コロニアルやカラーベストと呼ばれる薄型スレート瓦屋根はその中でも代表格!塗り替えが不要と言う屋根屋さんもいるので消費者には悩ましい問題です。今回はスレート屋根の塗装についてお話いたします。 劣化するスレート屋根の表面 ...
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
サイディングの貼り方は一つではない!建築工法で変えるべきな塗り替えの方法 前回は、サイディング板へのクリヤー塗装について書きましたが、今回は家の造り方で変えるべき工法について書きます。 サイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第5弾(最終回)です。 5建築工法でサイディングの塗り替え方法も変...
打ち放しコンクリートの再生工法
打ち放しコンクリートの再生工法
新築同様に直せる!打ち放しコンクリートの再生工法 弊社は修繕から仕上げまで行い、コンクリート打ち放し建物を新築時の様に再生する工事が可能です! 高級建築である「コンクリート打ち放し建物」は商業ビルやマンション、一般住宅でも見かけます。 しかし、高級であるのに「雨漏りはつきもの」と言われていたり、打ち放しの場合は塗り替え...
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦の2004年問題 初期のノンアスベスト瓦が割れて崩れる! 最近は金属屋根の家が増えてきましたが、まだまだ薄型スレート瓦が多くの家で使われています。価格が安く、軽く工事も比較的簡単なので建築コストを抑えるために「コロニアル」や「カラーベスト」の別称(いずれも商品名)で1980年頃から多く使われるようになりました...
丁寧な仕事が故に、お待ちいただきます。
丁寧な仕事が故に、お待ちいただきます。
塗り替えでの丁寧に仕事には、時間がかかります! 外壁や屋根の塗装をご依頼くださる方が多くいらして本当にありがたいのですが、弊社は自身を持って工事を提供できる数しか受けませんので、大量に受注することは出来ません。 一般住宅の塗り替えであっても、安易に下請け任せにしたり、未熟な者だけを職人として工事をさせることは出来ないで...
メーカー直接はありえない理由
メーカー直接はありえない理由
塗料メーカー直営工事もメーカーが施工店に直接塗料を卸すことはない! 訪問販売等でメーカーを名乗り「ウチはメーカー直営だから安く出来ます!」と言ったり、「ウチはメーカーから直接仕入れているので安く出来ます!」という営業マンがいますが、彼らは本当のことを言っているのでしょうか?今回は、直営や直接仕入れが本当に行われているの...
出版社の誤った記事①
出版社の誤った記事①
誤りがあっても紹介してしまう雑誌「建築知識」 インターネット上には様々な情報が溢れていますが、数年前からその内容には簡単に信頼を置けないとまで言われるようになってしまいました。実際、ウソが非常に多く、自己のビジネスのために都合よく話を作り変えて複数サイトで発表するグループもあり、一般消費者は真実がどうであるのかどんどん...