おススメ記事
住宅塗装 夏に気を付ける事

夏の塗装の注意点!気を付けることがいっぱい

今年(令和3年)の関東甲信越地方は7月16日に梅雨明けをしました。
気温も一気に上がり、まさに夏本番を迎えましたが、真夏だからこそ気を付けるべきことがあるので、ご紹介します。

1.夕立とゲリラ豪雨に注意

夕立もゲリラ豪雨も、何の前触れもなく突然降りだします。昔と違って、気象庁の他に民間天気予報会社の通知などもあるので事前に予測は付くのですが、最も雲の動きを読むことで、これは経験がものを言います。
夏場になると、他社で工事を請けている方からですが「塗装されてからスグに夕立に降られたのですが・・・・」と相談が結構あります。弊社の場合は、雨が予想されたり、降ってきそうな状況になったら塗装は行わないですし、天気が急変しそうな場合は雨に叩かれないように養生をして万が一にも塗装が流されないように予防策を講じます(それでも仕上面が湿気等でよくない場合は塗り直します)が、相談をして来る方のお宅を施工している会社(職人)の多くが雨が降り出すまでと塗っていたり、屋根からブルーシートをかけて工事を続行したなどの問題施工をしています。雲の流れを読む力もないのでしょうが、工事を早く終わらせないと稼ぐことが出来ない下請けが施工をしているといった、違った問題も見えてきます。
弊社の近所でも大手ハウスメーカーが請負った塗り替え工事が雨が上がったとたんにスレート屋根を塗っていましたし、他社(広告多い会社)が雨上がり後すぐに水気を拭いて塗装をしていましたので、残念ながら良心を持って施工をしている会社は少ないのではないかと思われます。

2.高すぎる気温に注意

塗料の乾燥時間は気温23度を基準にしています。気温が低くなるに比例して乾燥硬化までの時間は長くなり、気温5度以下になると塗料は固まりません。逆に、気温が高すぎると不適切に硬化をしてしまい塗膜が問題を起こすことがあります。一般の方の中には「気温が高いと塗料が伸びるから(塗膜が薄くなり)良くない」といった間違った知識を言う人がいますが、気温が高すぎると塗料は伸びる前に固まり不均一な塗膜となってしまいます。なので、弊社では気温が高すぎて施工には適さないと判断した場合、あえて施工を中止することがあります。本来はこれもどこの施工会社でも行うべきことなのですが・・・・そこまで考えて工事をしている会社は殆どありません。

3.テープ類の糊に気を付ける

余談ですが、暑いと熱でテープの糊が解けて付着してしまうことがあります。施工後にしっかりと清掃をする必要があります。この清掃も重要な施工の一部であることは言うまでもありません。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
信頼される岡部塗装店
信頼される岡部塗装店
信頼されるから名所も岡部塗装店の仕事です!前橋ハリストス正教会(ロシア正教) 2015年に建てた新しい聖堂 ロシアによるウクライナ侵略で、日本国内に住むロシアの方々も本当に心を痛めています。 前橋でもロシアの人たちがロシア正教の前橋ハリストス正教会で祈りをささげています。 前橋ハリストス正教会の礼拝(日曜日)で祈りがさ...
ホームページが新しくなりました!
ホームページが新しくなりました!
岡部塗装店のホームページは新しくなりました! 大規模展開(支店を出すなど)しない本物の地元密着型で、明治の昔から地元の人に信頼をいただいており、古くからの建築関係者の多くが「前橋で技術がある塗装店と言えば岡部塗装店」と認識しています。 データベースの更新に伴い、ホームページの内容をアップデートしています。 最新の情報に...
正直塗装店とは何だ?
正直塗装店とは何だ?
正直塗装店・・・ってなに? ネット広告での「正直塗装店」の文字で感じた違和感 ネットでは表示された広告は様々なものがありますが、その中に「正直塗装店」というものを見ました。 「ちょっと待って、この会社の下請けから泣きの相談が入ったばかりでウソばっかりじゃないか!」と怒りにも似た感情がありましたので、ここで洗いざらい話し...
「塗り替え」で当り業者が少ない理由②
「塗り替え」で当り業者が少ない理由②
塗り替えの当たり業者を見分けるためには消費者自身の知識も必要 良い塗り替え業者に出会うのは「宝くじに当たるのと同じくらい難しい」、「九十九里浜で一粒の赤い砂を見つけ出すのと同じ」などと言われるくらい、真の意味で信頼できる業者は少ないのが塗装業界です。 今回は、「『塗り替え』でハズレ業者が多い理由」の続きをお話しします。...
省エネ塗装って何だ?
省エネ塗装って何だ?
省エネ塗装は実在するのか? 「省エネ塗装」というPRを目にすることがありますが、そんな物が実在するのでしょうか? 屋根や外壁に塗るだけで、消費電力が減る塗料が本当にあるのか? 今回は「省エネ」に該当しそうな商品類とその実際の効果について書きます。 「省エネ」になる可能性が有る塗料と塗装 省エネというと、まず「遮熱塗装」...
下地診断 ~サイディングの塗り替え②~
下地診断 ~サイディングの塗り替え②~
サイディングの塗り替え時には必ず下地診断が必要 前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第2弾です。 今回は下塗りの選択方法について書きたいと思います。 2新築時の仕上げと傷み具体を見て下塗りを決めるべし! シーラーとサーフ材 現在の窯業系サイディングに適した下塗り材にはシーラーとサ...
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装するのは手抜きと言える! 弊社の建築現場のお隣で、塗り替え工事が行われており、施工の様子を見ることと工事を行っていた職人さんたちと話す機会があったので、今の塗り替え業界で起きている問題点と施工している人たちの厳しい現状をお話しします。 ローラーだけで工事を行う職人(?) 本来は、端部や入隅、細幅の部分...
塗装時に、家を直す専門家の資格とは?
塗装時に、家を直す専門家の資格とは?
塗り替えは、塗装の資格だけでよいのか? 塗装技能士は塗り替え時などに家を直す資格でない! よく「一級塗装技能士の店」などと看板や広告を出している塗装会社がありますが、塗装技能士は技術力を保証する資格ではありません。 なんと!厚生労働省の管轄でして、技能士という資格は労働者のための資格であるのです。労働者のための資格と言...