おススメ記事
出版社の誤った記事①

誤りがあっても紹介してしまう雑誌「建築知識」

インターネット上には様々な情報が溢れていますが、数年前からその内容には簡単に信頼を置けないとまで言われるようになってしまいました。実際、ウソが非常に多く、自己のビジネスのために都合よく話を作り変えて複数サイトで発表するグループもあり、一般消費者は真実がどうであるのかどんどん分かりづらくなっています。

1 インターネット草創期のある塗装店のブログ的サイトのウソ

ずいぶん前のことになりますが「建築知識」という建築専門の月刊誌を明らかに間違った内容の特集記事と共に神奈川県内のある塗装店のサイトが紹介されていました。どのようなサイトかと見て見たところ、アイデアは悪くないのですが総じてどれも”素人臭い”。思い付きで結果を考えてないでアイデアを実行しただけのものが多く、そこに理論はありませんでした。
そこにあった残念な素人的アイデアを上げると・・・・

  1. 中塗りと上塗りに色を一見で分かるぐらい極端に変える(耐久の半分でマダラになってしまう)
  2. 鉄部分を何でもステンレス製に交換(異種金属で腐食を誘発)
  3. 一般住宅にプラント用の重防食塗料を使用(ムダ。客からのオーダーではなく勧めてしまう・・・)
  4. コンクリート天端に防水塗料(耐久しない)

呆れたのは、レンガ調のサイディングの塗り替えを目地と表面の2色で塗り分けて元のレンガのように仕上げるというもので、素人から見れば「いいアイデア!」と思うかもしれませんが下塗り後に目地の色で全体を塗装して、上塗りで表面を塗るといった内容だったので、目地部分が塗装で言う「1度塗り」になるだけでなく表面も中塗りと上塗りの色が極端に違うため耐久の半分ぐらいの年月でマダラになってしまうといった塗装仕上げとしては欠陥品でした。更に残念だったのが、その欠陥に塗装組合も気づくことができず良いアイデアとして表彰してしまったことです。後に、あるメーカーの商品がその欠陥を指摘し、正しい工法を発表したことなどで軽はずみなアイデアであったことがプロの間には広まりました。

この様に施工には問題がありましたがメディアでよい会社のように報道されたので、それを鵜呑みにしてしまった一般消費者が多いです。技術はサイトからでは分からないので何とも言えませんが、内容を考えると期待は出来ないのではと想像できました。明白であるのは、その会社の建築の知識はゼロに近いということです。

(その2に続く)

 

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金は、どうなる?
令和4年度外装改修補助金はでるのか? 補助金が出される対象 令和3年度は、以下が補助対象でした。 屋根(ふき材料及び防水材)、外壁、雨樋等の外部に面している部分の改修 屋根、外壁等の塗装 テラス、ベランダ、バルコニーの改修 これらは、年度によって変わる場合がありますが、ほぼ同じ内容で継続されると思われます。 補助金が出...
丁寧な仕事が故に、お待ちいただきます。
丁寧な仕事が故に、お待ちいただきます。
塗り替えでの丁寧に仕事には、時間がかかります! 外壁や屋根の塗装をご依頼くださる方が多くいらして本当にありがたいのですが、弊社は自身を持って工事を提供できる数しか受けませんので、大量に受注することは出来ません。 一般住宅の塗り替えであっても、安易に下請け任せにしたり、未熟な者だけを職人として工事をさせることは出来ないで...
バイオ洗浄は必要か?
バイオ洗浄は必要か?
高圧洗浄時に、バイオ洗浄は必要か? バイオ洗浄とは何なのか? バイオ洗浄の名前を初めて聞いたのは1990年代の後半、今では破綻して無くなっているペイントハウスが行っていた洗浄方法でした。どういった物かというと、高圧洗浄をするときに洗浄水の中に洗剤を入れて洗うというもので、普通の高圧洗浄よりも高い費用を得るための手段であ...
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
サイディングの貼り方は一つではない!建築工法で変えるべきな塗り替えの方法 前回は、サイディング板へのクリヤー塗装について書きましたが、今回は家の造り方で変えるべき工法について書きます。 サイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第5弾(最終回)です。 5建築工法でサイディングの塗り替え方法も変...
職人の写真を掲載する会社は危ない!
職人の写真を掲載する会社は危ない!
下請職人の写真を、チラシやホームページで掲載している会社は、工事品質が低い リフォーム会社などで、職人の顔写真にキャッチフレーズを付けて掲載している会社がありますが、その様な会社には注意が必要です。その理由とそこから読みとれることをお伝えします。 職人の本当の所属先を確認せよ! 弊社は自社社員での施工を主体としています...
塗装時に、家を直す専門家の資格とは?
塗装時に、家を直す専門家の資格とは?
塗り替えは、塗装の資格だけでよいのか? 塗装技能士は塗り替え時などに家を直す資格でない! よく「一級塗装技能士の店」などと看板や広告を出している塗装会社がありますが、塗装技能士は技術力を保証する資格ではありません。 なんと!厚生労働省の管轄でして、技能士という資格は労働者のための資格であるのです。労働者のための資格と言...
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真
手抜きの証拠写真!「手抜がない、ナンバーワン」を自称する会社の実態 「手抜がない」や「ナンバーワン」を自称する会社さんで屋根塗装をしてもらったという方が、2022年3月19日の「スレート屋根の縁切り タスペーサーは有効か?」をご覧になりタスペーサーを使い方が正しいのかという相談がありまして、その過程で施工会社が撮影した...