おススメ記事
足場シートで分かる!塗り替え業者の質①

塗り替え業者の質は、足場シートに出る!

本職の「塗装屋」と、塗装を真似た「塗り替え屋」の違い

塗装技術を持って工事を行っている「塗装屋」と、十分な技術を持たない「塗り替え屋」とでは技術に大きな違いがあります。一見キレイに見えても、正しい技術を持たないで施工された物件は本来塗料がもつ性能を十分に発揮できないばかりか、後(次回の施工時)に問題となってしまうこともあるのです。

そんな違いがある「塗装屋」と「塗り替え屋」ですが、塗装工事をするときに塗料等が飛散しないように張る足場シートでその会社が、どんな業者であるのか判別できることがあります。

判別方法をお伝えする前に、塗装(塗り替え)を請負っているの業者についておさらいをしたいと思います。

  1.  本来の塗装会社・・・・・元々塗装会社で、塗装の技術を持った会社
  2.  外装会社・・・・・・・・元は吹付などで外装を専門としていた会社 刷毛塗りの技術が低い
  3.  鉄骨・配管塗装会社・・・鉄骨や配管の塗装を主に請け負っている会社 塗料知識が低く、塗り分けなども苦手
  4.  塗装(販売)会社・・・・専門店を名乗っているが、実態は販売だけで施工は下請け 広告を多く出し、営業マンが多い
  5.  リフォーム会社・・・・・下請けを使い施工を行う会社 技術はない、下請けの技術は低い傾向にある
  6.  工務店・建築会社・・・・下請けを使うが、下請けの技術はピンキリ
  7.  ハウスメーカー・・・・・リフォーム会社と同様
  8.  ホームセンター・・・・・リフォーム会社と同様 家電量販店なども同じ

1~4は、消費者からは同じに見えます。会社名やその会社のホームページなどでは違いが分かりませんが、細かなところで違いがあるので、同じ業界で長くやっている人なら違いが分かります。家の塗り替えなら2もよいと思われるかもしれませんが、細部の仕上げや素地判断技術は劣る傾向があります。
5と6はどう違うのかというと、リフォーム会社は何かしらの理由で工務店までの技術がない会社であることが多く、下請けを安さで選ぶことが多いので、総じて工務店に劣ります。ただし、最近は工務店もリフォーム会社のように利益を優先する会社が多くなっているので、手放しで信用するのは危険です。
ここでは1を「塗装屋」、2と3を「塗り替え屋」、6以外の4~8を「塗装販売会社」とします。塗装販売会社は、下請けとして塗り替え屋を使うことが多いです。

その続きは.その2でお話しします。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
クーリングオフの方法
クーリングオフの方法
クーリングオフとは? クーリングオフとは、いったん契約の申し込みや契約の締結をした場合でも、契約を再考(よく考える)できるようにし、一定の期間であれば無条件で契約の申し込みを撤回したり、契約を解除したりできる制度です。(国民生活センター) 「営業マンに急かされて、よく確認もしないで契約書に判を押してしまった・・・。」 ...
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
前橋の国道17号沿いビルで外壁が剥がれ落ちる事故が発生 令和2年6月19日午後7時ごろ、前橋市住吉町の国道17号沿いの河ビルの4階付近から外壁のタイルが縦20センチ以上、横2メートル以上にわたって剥がれ落ちる事故がありました。幸い怪我人は出ませんでしたが、朝晩は通学通勤で多くの人が通る場所ですのでタイミングが違えば大事...
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装するのは手抜きと言える! 弊社の建築現場のお隣で、塗り替え工事が行われており、施工の様子を見ることと工事を行っていた職人さんたちと話す機会があったので、今の塗り替え業界で起きている問題点と施工している人たちの厳しい現状をお話しします。 ローラーだけで工事を行う職人(?) 本来は、端部や入隅、細幅の部分...
モンスターカスタマー
モンスターカスタマー
モンスターカスタマー(迷惑消費者)は、健全な消費者の敵です! 数は少ないモンスターカスタマー(迷惑消費者)の心無い行為は、業者の業務を妨害するばかりか、健全な普通の消費者が本来得れれるであろるサービスの阻害にもなっています。 今回は趣を少し変えて、今までにあった「トンデモナイ要求」の一部をご紹介します。 電話で「教えろ...
下請職人を使うのはアリ?ナシ?(前)
下請職人を使うのはアリ?ナシ?(前)
下請職人を偽装 「塗装は自社職人」が真実とは限らない 「自社職人で工事をしています。」といった広告をみることがありますが、それは絶対の安心を保証する言葉なのでしょうか?また、自社職人という言葉を信じてよいものなのでしょうか?(ここで言う自社職人とは、通常自社施工すべき塗装等の職人で、足場や熟練が必要な特定種の防水工事な...
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーは外して塗る!丁寧な工事は細部に表れる! エアコンのホースをキレイに隠すエアコンホースカバー。昔はむき出しでまとめられてテープが巻かれているだけだったエアコンの本体と室外機をつなぐホース類ですが、最近は樹脂製のカバーを取り付けるのが一般的です。このカバーは正しくは「エアコン配管用ダクト」という名前で...
塗り回数は何回が適切か?
塗り回数は何回が適切か?
回数塗れば良いわけでない!塗り回数は、多すぎても不適切 多くの方から頂く質問をブログ形式で紹介する第2回目は、「(塗装は)何回塗りをしますか?」という質問に回答します。 標準は2回塗り、でも工程や塗料によって異なります! 表面に塗られる仕上げとされる塗装は原則として2回塗りです。1回目も2回目も全体を塗るのですが、2回...