おススメ記事
塗装トラブル相談の事例①

消費者からの塗装トラブル相談① 自称ナンバーワンの会社の手抜きとウソ

弊社では、消費者から他社が起こしたリフォームトラブルに関しての相談を受けています。 県内の業者が起こしたリフォームトラブルについても相談されるのですが、その中で常連というか、よく出てくる会社が県内で数社あります。 今回は、最近一般の人にも分かりやすい部位で問題が起こった現場がありましたので、そのことを中心にお知らせします。

「防水が不完全だから鉄骨の塗装が剥がれた。」と平然とウソをつく悪い業者

ある日「オフィスビルの階段をトラブル常連の会社で塗装してもらったら、1年もしないでところどころ剥がれてきたので、調べて欲しい。」というようなご相談を受けました。確かに、その会社の仕事は雑ですし、どの職人も刷毛が上手く使えないようなので素人は誤魔化せてもプロが見れば「下手だな・・・」と一発で分かるような仕事ばかりなのですが、さすがに施工が簡単な鉄骨階段ぐらいはちゃんと塗っただろうと思い、お客さんの要求が大き過ぎではないかと考えながら現地に向かいました。(弊社では、いくら施工が悪い会社と思っても適切に施工してあれば、無理にそれを問題視することはありません。) 現地に付き、問題となって階段を見てみました。 一見はキレイです。お客さんが言うには、「その会社の部長が来て『階段の床面防水が悪いので水が染みだしてきて塗装が剥がれた』と説明された。」という事でした。実際に詳細に調べると、お客さんの言う通りで所々にハガレがありました。

相談者保護のため、写真の色は変えてあります。

写真は雨がかからない床の裏です。雨が染み込んだことが原因ならば接合部(鉄板が合わさっている場所)から剥がれが出るハズなのに鉄板の途中から剥がれが起こっています。これは下地処理をろくにしていないことが原因で剥がれたものです。この他にも、全く雨がかからない場所や雨が染み込まない場所にも剥がれがあり、下地処理の他、塗装工程にも問題があったと思われます。 まとめると
  • 下地の見極めが出来ていない
  • 下地処理が不適切。
  • 下塗りが不適切
  • 隅の塗装方法が不適切

悪徳業者が「悪徳業者に注意」のブログ

上記のような手抜きを平気で行い、バレると嘘までつく業者なのですが、その会社のホームページには悪徳業者に注意するように喚起する投稿があります。コピペしてご紹介したいところですが、著作権の問題もあるので要点だけかいつまみます。
手抜き業者のブログから
悪徳業者が行う手抜きについて書かれています。 ・下地作業の手抜きをして高圧洗浄などを省く。そのような手抜きは外壁塗装のハガレの原因にもなる。 ・適正な塗り回数をごまかす。下塗りから上塗りまで本来3回は塗らなければならないのに行わない。 ・塗装の養生時間を守らず、乾燥しないうちに次の工程を行ってしまう。
などと書かれていますが、それらはその会社では、自らが手抜きとして批判している行為を、自らの会社の職人が日常的に行っていると思われます。まさに厚顔無恥で呆れてしまいます。また、この記載内容には知識のなさが露呈している部分もあるのですが、それについてはまた改めて書きます。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
「塗り替え」に当たり業者が少ない理由①
「塗り替え」に当たり業者が少ない理由①
塗り替えでハズレ業者を引いてしまう人が多い現実 「塗装屋」が減って「塗り替え屋」が増えた バブル崩壊後、建物の外壁塗装の主流は吹付けではなくなりました。それまでは吹付け工事だけを行っていたガン屋と呼ばれる人々は仕事が激減したのですが・・・彼らの多くは吹付け機をローラーに持ち替えて住宅の「塗り替え屋」に変身していきました...
塗装トラブル相談の事例①
塗装トラブル相談の事例①
消費者からの塗装トラブル相談① 自称ナンバーワンの会社の手抜きとウソ 弊社では、消費者から他社が起こしたリフォームトラブルに関しての相談を受けています。 県内の業者が起こしたリフォームトラブルについても相談されるのですが、その中で常連というか、よく出てくる会社が県内で数社あります。 今回は、最近一般の人にも分かりやすい...
フッ素樹脂とは~2022年最新塗料事情
フッ素樹脂とは~2022年最新塗料事情
フッ素樹脂は本当に耐久性が高く価値があるのか? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第4弾として、フッ素樹脂塗料に...
出版社の誤った記事②
出版社の誤った記事②
上梓(本を出すこと)も費用を出せば出版社から出してもらえる時代 その1で、インターネット上だけでなく信頼できる情報を載せなくてはいけない出版物にもウソや間違いが多くあることを書きましたが、今回はさらに進んで市場が萎み収益を上げられくなった出版会社がメディアコンサルティングと呼ばれる新たなビジネスを始めたことが生んだ闇に...
第4話 帰ってきて欲しい
第4話 帰ってきて欲しい
父の様子は想像していたよりも良かった。 ただ少しマヒが出てしまったので、リハビリが必要であるとのことだった。 父を見舞った夜に、母から帰国を打診された。 母には言わなかったが、卒業後はすでに政府機関からお誘いを受けていて、その方向に進もうと考えていた。 生粋のアメリカ人でも、なかなか就職(就任?)することが出来ない機関...
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装する弊害
ローラーだけで塗装するのは手抜きと言える! 弊社の建築現場のお隣で、塗り替え工事が行われており、施工の様子を見ることと工事を行っていた職人さんたちと話す機会があったので、今の塗り替え業界で起きている問題点と施工している人たちの厳しい現状をお話しします。 ローラーだけで工事を行う職人(?) 本来は、端部や入隅、細幅の部分...
スレート屋根塗装
スレート屋根塗装
スレート屋根の塗装が正しく出来ない塗装屋が多い! コロニアル屋根とも呼ばれているスレート屋根の塗装は意外と正確な塗装がなされていないものが多いです。そのため、施工業者に技術が有るか無いかで将来的な結果が大きく変わってしまいます。 原因の第一位は、施工業者がスレート屋根用塗料の施工要領書をしっかりと読み込むことなく「ただ...