おススメ記事
【要注意】②塗装一括見積サービス

一括見積サービスは、無料でも、優良会社の紹介でもないです!

10年以上にわたり、インターネット上の大手相談サイトで塗装や防水、リフォーム、建築に関する多くの悩みなどの相談を受けながら、コンサルタントとしての当社に日本全国から直接寄せられた塗装・防水・リフォームに関する様々なトラブルや困りごとを解決してきた経験を元に、消費者の皆さまに有益な情報を発信しています。

さて、「こんな業者には気を付けろ」シリーズ第2回となる今回は、一括見積サイトについて書いていきます。(前回の【要注意】①訪問販売はコチラ

一括見積サイトとは

一括見積サイトに、名前や連絡先などを入力するだけで複数の業者から見積が取れるというサービスで、塗装やリフォーム、保険、クルマの買取なども同様のサービスが複数展開されています。便利なサービスなようですが、「一度に多くの業者からしつこく連絡が来る」、「求めていた品質と違うサービスを勧められる」などトラブルも多く、便利だけのサービスではありません。

トラブルが多い?塗装・リフォームの一括見積

塗装やリフォームを一括見積サイトを利用して決めた方が業者とのトラブルになることが多くなっています。
「仕事がすごく雑だった」とか、「請求となったら多くの追加料金を請求された」などの事例が多数あります。このような一括見積サイトを利用するのに消費者は無料で利用できますが、登録している業者は見積をするだけで紹介料を取られ、契約に至った場合は成約手数料として少なくとも契約した金額の10%以上を支払わないといけません。当然、そこで支払う費用も工事代金の中から支払われます。また、相見積ならば、本来有るべきな「共通の仕様書」や「設計書」というものもないため、基準もなく単に金額の安さのみを競うこととなるので、真っ当な業者では受注することがまず不可能です。

審査を受けずとも登録可能

「厳選した業者」や「技術を持った業者だけ」、「厳しい審査を受けないと登録できない」というようなことが書いてあるサイトもありますが、その運営がたとえ大手資本であったとしても、サイト側が技術審査をするといったことはありません。審査と言っても単なる経営審査のみで、極端な話しでは悪徳詐欺業者であっても経理上の問題がなければ登録できてしまいます。
この様に、業者に求める一定の技術基準すらありませんので、消費者は単に安いだけのレベルが低い業者ばかりの見積の中から一番安い業者を選ぶこととなり、当然として一番リスクの高い業者を選んでしまうということになります。

相見積には素人が手を出すとキケン!

先にも書きましたが、相見積を行うには同じレベルの技術を持った会社に、同じ仕様、同じ数量を示して金額を出してもらわないといけません。使用や数量が異なれば当然として金額も異なりますし、技術が違えば出来ること自体が違うわけですから金額は変わりますから、単に複数の業者を集めて見積をさせても相見積にはならないのです。
バブル景気が弾け始めた頃は、建設会社でみ「見積は3社以上取る」という決まりを設けたところが多くありましたが、現在では殆ど廃止されています。理由は、会社ごとに技術が違うので値段だけで判断するとトラブルが多くなり、結果として瑕疵が増え、信用が落ちるだけで利益とならなかったからです。
プロでも失敗が多い相見積を素人が行えば・・・結果はトラブルの多さからもわかるとおり、失敗しかありません。

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
「塗り替え」に当たり業者が少ない理由①
「塗り替え」に当たり業者が少ない理由①
塗り替えでハズレ業者を引いてしまう人が多い現実 「塗装屋」が減って「塗り替え屋」が増えた バブル崩壊後、建物の外壁塗装の主流は吹付けではなくなりました。それまでは吹付け工事だけを行っていたガン屋と呼ばれる人々は仕事が激減したのですが・・・彼らの多くは吹付け機をローラーに持ち替えて住宅の「塗り替え屋」に変身していきました...
第4話 帰ってきて欲しい
第4話 帰ってきて欲しい
父の様子は想像していたよりも良かった。 ただ少しマヒが出てしまったので、リハビリが必要であるとのことだった。 父を見舞った夜に、母から帰国を打診された。 母には言わなかったが、卒業後はすでに政府機関からお誘いを受けていて、その方向に進もうと考えていた。 生粋のアメリカ人でも、なかなか就職(就任?)することが出来ない機関...
出版社の誤った記事①
出版社の誤った記事①
誤りがあっても紹介してしまう雑誌「建築知識」 インターネット上には様々な情報が溢れていますが、数年前からその内容には簡単に信頼を置けないとまで言われるようになってしまいました。実際、ウソが非常に多く、自己のビジネスのために都合よく話を作り変えて複数サイトで発表するグループもあり、一般消費者は真実がどうであるのかどんどん...
住宅塗装 夏に気を付ける事
住宅塗装 夏に気を付ける事
夏の塗装の注意点!気を付けることがいっぱい 今年(令和3年)の関東甲信越地方は7月16日に梅雨明けをしました。 気温も一気に上がり、まさに夏本番を迎えましたが、真夏だからこそ気を付けるべきことがあるので、ご紹介します。 1.夕立とゲリラ豪雨に注意 夕立もゲリラ豪雨も、何の前触れもなく突然降りだします。昔と違って、気象庁...
老舗が安心できる理由
老舗が安心できる理由
国内屈指の老舗塗装店は伊達ではありません! 品質を求める昔からの顧客が多い 先代や先々代(もっと前?)から弊社にご依頼をくださるお客様もいらっしゃいます。多分、途中で他社にも依頼したことがあると思われる方もいらっしゃいますが、まわって弊社に依頼をなさって来ています。 理由は、やっぱり安心と間違いがない施工ではないかと思...
職人の写真を掲載する会社は危ない!
職人の写真を掲載する会社は危ない!
下請職人の写真を、チラシやホームページで掲載している会社は、工事品質が低い リフォーム会社などで、職人の顔写真にキャッチフレーズを付けて掲載している会社がありますが、その様な会社には注意が必要です。その理由とそこから読みとれることをお伝えします。 職人の本当の所属先を確認せよ! 弊社は自社社員での施工を主体としています...
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーは外して塗る!丁寧な工事は細部に表れる! エアコンのホースをキレイに隠すエアコンホースカバー。昔はむき出しでまとめられてテープが巻かれているだけだったエアコンの本体と室外機をつなぐホース類ですが、最近は樹脂製のカバーを取り付けるのが一般的です。このカバーは正しくは「エアコン配管用ダクト」という名前で...
手抜職人が激増中!
手抜職人が激増中!
下手な手抜職人は、悪びれもなく手を抜く 本日、塗装工事中だけども相談をしたいという方から1枚の写真が送られてきました。 写真を見て心底驚きました。この事実をウェブ上に掲載してよいかとお尋ねしたところ、こころよく承諾してくださったので、ご紹介します。 送られてきた写真はこれです。(場所等が分からない様に一部モザイクがかけ...