おススメ記事
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 

前橋の国道17号沿いビルで外壁が剥がれ落ちる事故が発生

令和2年6月19日午後7時ごろ、前橋市住吉町の国道17号沿いの河ビルの4階付近から外壁のタイルが縦20センチ以上、横2メートル以上にわたって剥がれ落ちる事故がありました。幸い怪我人は出ませんでしたが、朝晩は通学通勤で多くの人が通る場所ですのでタイミングが違えば大事故になった可能性もありました。現在歩道は封鎖され、応急処理がなされているようですが、弊社ではこの事故を1年以上前に予見し、所有者と思われる東京都内の不動産会社に指摘していたのです。

足場が掛かり修繕工事が行われていたが・・・

もう1年以上前のことですが、当該のビルに足場がかけられ修繕工事がなされているようでした。ただし、修繕と言っても塗装を直す程度の簡易なもので「足場までかけたのに検査もしないでお化粧直しだけなんてもったいない・・・」そう感じたのと同時に、30年以上を経ているタイル張りの外壁が落下するかもしれないと大きな不安を覚えました。しかし、所有者でもない者がどうこうできるものでもありません。ただただ危険であると思いながらも傍観するしかありませんでした。

グループの不動産会社に売り物件情報として連絡があり・・・

足場も解体されしばらくたったころ、都内の不動産業者(その時の所有者)から売ビルとして紹介がありました。 電話で案内されましたので修繕工事が不完全で危険であることや地域柄駐車場がない物件は売れないことを伝えたところ、非常に驚いた様子で、どのような修繕が足らないのかと質問されましたので、外壁の補修が行われていないこと、特にタイル面の修繕が行われていないことで(外壁が)落下の危険性があり、最悪の場合は人身事故につながると明確な指摘をしました。

指摘もむなしく・・・・

大きな危険があることは伝えましたが、修繕の知識がない者が知ったところで・・・根拠なき「きっと大丈夫」によって、その警告に蓋をされてしまいました。しかし、そのように危険を状態を知っていながら放置したのが明らかな場合は、万が一人身事故となると重い罰が下されまので、本当は決して無視してはいけない大変重要な指摘であったのです。

ビルオーナーには知っておいて欲しい

ビルの修繕は、打検をすることから始まるのですが、この打検をせず、危険個所を直さないまま塗装や洗浄のみで工事を済ませてしまう建築会社や塗装会社が非常に多く存在しています。ビルの改修の知識がない建物のオーナーにとっては、安い金額で出来るという会社に工事を依頼してしまい・・・事故になった時にオーナーが責任に問われるとも知らずに・・・必要な工事をしっかり提案してくる会社を「価格が高い」として内容も確認せずに切り捨ててしまうことが多くあります。また、不安に思ったとしても、ビル改修の知識がない建築会社などに意見を求めてしまい、根拠のない「大丈夫です」を信じて、不都合なことを見ようとはしません。 大きな事故となれば刑事罰も下されますので、ビル改修に関して知識のない建築会社や塗装会社の根拠なき「大丈夫です」で安心せず、弊社のような経験と実績に加え必要な資格を持ったベテラン業者に一度意見を求めてください。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
アクリル塗料とは~2022年最新塗料事情
2022年最新版 アクリル塗料とは、どのような物か? リフォーム会社などは無機塗料やフッ素といった20年以上の耐久性が期待できる超耐久塗料をメインで売り込んでいますが本当にそれらの塗料を使うことは有効なのでしょうか? 今回は、現在使われている主な塗料について振り返りながら最近の塗料事情を検証する第1弾として、アクリル樹...
信頼される岡部塗装店
信頼される岡部塗装店
信頼されるから名所も岡部塗装店の仕事です!前橋ハリストス正教会(ロシア正教) 2015年に建てた新しい聖堂 ロシアによるウクライナ侵略で、日本国内に住むロシアの方々も本当に心を痛めています。 前橋でもロシアの人たちがロシア正教の前橋ハリストス正教会で祈りをささげています。 前橋ハリストス正教会の礼拝(日曜日)で祈りがさ...
足場シートで分かる!塗り替え業者の質②
足場シートで分かる!塗り替え業者の質②
業者の質は足場シートにも出る! 塗料の飛散とはどのような物かを知っている本職の塗装屋 その1では、塗り替え工事を請負っている業者について、いろいろな種類があることをお話ししました。 塗装を請負う会社は種類によって良し悪しがあり、技術にも違いがあります。例えば、お蕎麦屋さんが見様見真似で握る寿司と、本職の寿司屋さんの寿司...
住宅塗装 夏に気を付ける事
住宅塗装 夏に気を付ける事
夏の塗装の注意点!気を付けることがいっぱい 今年(令和3年)の関東甲信越地方は7月16日に梅雨明けをしました。 気温も一気に上がり、まさに夏本番を迎えましたが、真夏だからこそ気を付けるべきことがあるので、ご紹介します。 1.夕立とゲリラ豪雨に注意 夕立もゲリラ豪雨も、何の前触れもなく突然降りだします。昔と違って、気象庁...
クリヤー塗装 ~サイディングの塗り替え④~
クリヤー塗装 ~サイディングの塗り替え④~
クリヤー塗装ならば、高意匠サイディングの模様を潰さない! 前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第4弾です。 今回は高意匠サイディングへのクリアー塗装について書きます。 4サイディングをクリヤー塗装するには条件がある! 高意匠サイディングのメンテナンス 石調やレンガ調などの意匠性が...
週刊誌のリフォーム会社選び指南は大問題
週刊誌のリフォーム会社選び指南は大問題
あなたの家が、知らぬ間にショウルームにされていても大丈夫ですか?良いリフォーム会社は絶対に行わない事 8月9日に「SPA!」から配信された「悪徳リフォーム業者から家を守る方法。大幅値引きは危ない?」は全てではありませんが問題があるので、あえて名前を出して指摘します。 「専門工事会社に頼むのが正解」ではあるが・・・ 特定...
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
外壁落下!前橋のビル外壁崩落事故を予見! 
前橋の国道17号沿いビルで外壁が剥がれ落ちる事故が発生 令和2年6月19日午後7時ごろ、前橋市住吉町の国道17号沿いの河ビルの4階付近から外壁のタイルが縦20センチ以上、横2メートル以上にわたって剥がれ落ちる事故がありました。幸い怪我人は出ませんでしたが、朝晩は通学通勤で多くの人が通る場所ですのでタイミングが違えば大事...
下地診断 ~サイディングの塗り替え②~
下地診断 ~サイディングの塗り替え②~
サイディングの塗り替え時には必ず下地診断が必要 前回からサイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第2弾です。 今回は下塗りの選択方法について書きたいと思います。 2新築時の仕上げと傷み具体を見て下塗りを決めるべし! シーラーとサーフ材 現在の窯業系サイディングに適した下塗り材にはシーラーとサ...