おススメ記事
塗装時に、家を直す専門家の資格とは?
そもそも論になってしまいますが、もっとしっかりした資格が取れればそんな資格を掲げないわけです。取れる能力もないが、でも消費者には優良であるかのように思われたい(思われて受注をしたい)という魂胆です。例えると美容師が整形外科医のフリをしているようなもので、いくら「丁寧に工事をします」、「完璧にやります」といったところで出来ないわけです。ダマす意図がある会社に頼んでも良いことはありません。

外壁診断士などの民間資格を前面に出している会社には頼んではいけない!!

そもそも論になってしまいますが、もっとしっかりした資格が取れればそんな資格を掲げないわけです。取れる能力もないが、でも消費者には優良であるかのように思われたい(思われて受注をしたい)という魂胆です。例えると美容師が整形外科医のフリをしているようなもので、いくら「丁寧に工事をします」、「完璧にやります」といったところで出来ないわけです。ダマす意図がある会社に頼んでも良いことはありません。

外壁仕上診断技術者

公益社団法人ロングライフビル推進協会(BELCA)が認定する資格です。準公的資格とされており、公共建物を診断するには必要とされる資格です(根拠となる法令:旧平成2年5月19日付建設省住宅局建築指導課長通達第221号)。 簡単に取れるという人もいますが、私が取得したときの最終合格率は10%後半でした。(今はもう少し簡単になっていると思いますが・・・)。受験資格も、所有資格を前提とするならば「1級建築士、2級建築士、1級建築施工管理技士、2級施工管理技士(建築又は仕上げ)、特殊建築物等調査資格者の資格のいずれかを有し、かつ、外壁又は防水の施工時の検査又は診断の実績を5件以上有する者」とされておりますので、そう簡単には取得できないものであるされています。

外壁診断士などの民間資格を前面に出している会社には頼んではいけない!!

そもそも論になってしまいますが、もっとしっかりした資格が取れればそんな資格を掲げないわけです。取れる能力もないが、でも消費者には優良であるかのように思われたい(思われて受注をしたい)という魂胆です。例えると美容師が整形外科医のフリをしているようなもので、いくら「丁寧に工事をします」、「完璧にやります」といったところで出来ないわけです。ダマす意図がある会社に頼んでも良いことはありません。

塗り替えは、塗装の資格だけでよいのか?

塗装技能士は塗り替え時などに家を直す資格でない!

よく「一級塗装技能士の店」などと看板や広告を出している塗装会社がありますが、塗装技能士は技術力を保証する資格ではありません。 なんと!厚生労働省の管轄でして、技能士という資格は労働者のための資格であるのです。労働者のための資格と言うと分かりづらいかもしれませんので言い替えると、「一定の基本技術はあります。」という証明がされるので雇用主が雇い入れるときに基準とする資格です。試験も国が管理せず、各地域の組合に任せていますので、合否の判定も地域ごとに違うなど曖昧なしかくであり、高い技術を保証するものではありません。

外壁診断士などと言う公的な資格はありません!

外壁塗装のチラシなどに「専門家が診断します」などと記載がありますが、それは信用してよいものなのでしょうか? また、「外壁診断士」なる肩書が名刺に書いてある営業マンや塗装会社の経営者などが結構多くいますが、この資格は信用できるのでしょうか? ハッキリ言えば“公的には全く通用しない”資格です。

こんなに簡単!外壁診断士が意味ない理由

主催は一般社団法人であるので社団法人といっても会社と同等と考えられているものです。受験資格も「営業(住宅関連事業)、塗装業、左官業、板金業、建材販売業、不動産管理業、住宅リフォーム業、建設業、エクステリア業、その他当協会が当該関連業に携わると認めた方」で、要するに誰でも受けられます。申し込むと送られてくる試験対策講習DVDと専用テキストおよび過去の問題と解答を教材として勉強し、なんとテキスト持ち込み可で選択問題30問、記述問題1問。試験時間90分間のテストを受けるだけで認定されます。 国家資格を受験したことがある人ならわかると思いますが、これで専門家が養成できる訳がありません。 もっと言えば、このような資格を提示し、専門家を自称するような業者は信用してはいけないです。

公共工事における外壁診断の専門資格とは?

スクラップ・アンド・ビルドが基本であった公共の建物を、修繕して長寿命化を図るように方針が変わったのはそれほど前ではありません。建物診断の専門家を国(国土交通省)が養成を図るようになったのもこの30年のことです。それ以前は全てにおいて1級建築士で賄っていましたが、平成元年(1989年)に北九州市で起こった外壁タイル落下事故(2名死亡・1人重傷)をきっかけに建物診断の重要性が明らかになり、建設省(当時)は平成3年(1991年)6月13日付で「建築仕上診断技術者の活用について」(建設省住防発第14号)という通達を全国の特定行政庁(建築主事をおく都道府県や市など)に行い、事実上、公共建物の修繕時には建築仕上診断技術者(ビルディングドクター、平成2年創設)が建物を診断することとなりました。 公では、最低でもこの資格を持つ者を外壁診断の専門家と称しています。 当社では、設立されて間もなく同資格を取得し、多くの公共建築物をはじめ数多くの建物を診断してきております。

外壁仕上診断技術者

公益社団法人ロングライフビル推進協会(BELCA)が認定する資格です。準公的資格とされており、公共建物を診断するには必要とされる資格です(根拠となる法令:旧平成2年5月19日付建設省住宅局建築指導課長通達第221号)。 簡単に取れるという人もいますが、私が取得したときの最終合格率は10%後半でした。(今はもう少し簡単になっていると思いますが・・・)。受験資格も、所有資格を前提とするならば「1級建築士、2級建築士、1級建築施工管理技士、2級施工管理技士(建築又は仕上げ)、特殊建築物等調査資格者の資格のいずれかを有し、かつ、外壁又は防水の施工時の検査又は診断の実績を5件以上有する者」とされておりますので、そう簡単には取得できないものであるされています。

外壁診断士などの民間資格を前面に出している会社には頼んではいけない!!

そもそも論になってしまいますが、もっとしっかりした資格が取れればそんな資格を掲げないわけです。取れる能力もないが、でも消費者には優良であるかのように思われたい(思われて受注をしたい)という魂胆です。例えると美容師が整形外科医のフリをしているようなもので、いくら「丁寧に工事をします」、「完璧にやります」といったところで出来ないわけです。ダマす意図がある会社に頼んでも良いことはありません。
おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
第1話 ハロウィーン
第1話 ハロウィーン
午後、窓から通りを見下ろすと仮装をした子供の集団が移動していく姿が見えた。 大学のすぐ近くに住んでいたが、アメリカと言っても都会でアパート・・・日本で言うマンションばかりの地域であるため、子供たちは闇雲に「トリック・オア・トリート」と言って家を回ることはなく、知り合いの家だけを大人が同伴して回っていたのだ。 その夜には...
正直塗装店とは何だ?
正直塗装店とは何だ?
正直塗装店・・・ってなに? ネット広告での「正直塗装店」の文字で感じた違和感 ネットでは表示された広告は様々なものがありますが、その中に「正直塗装店」というものを見ました。 「ちょっと待って、この会社の下請けから泣きの相談が入ったばかりでウソばっかりじゃないか!」と怒りにも似た感情がありましたので、ここで洗いざらい話し...
無機塗装の安い物は、性能が低い!
無機塗装の安い物は、性能が低い!
無機塗料は、価格で性能が雲泥の差があり(無機塗装) 無機塗装(無機塗料)は、「フッ素樹脂塗装より耐久性が高い」との売り込みで最近出回っており、広告で大々的に売っている会社もあります。しかし、それらの価格は本物の無機塗料を使用したら絶対に実現できない金額であることが多いので、詳しく調べてみるとトンデモナイことが分かりまし...
ローラーの正しい使い方
ローラーの正しい使い方
ローラーの使い方は簡単なようで正しく使えていない職人が多くいる! いわゆる刷毛に代わってローラーが塗装工事のイメージシンボルになるほど多く普及していますが、このローラーを正しく使えない職人さんも多くいるようです。 他社の仕事を拝見するときに「どうしてあんな使い方をした?」と疑問に思うことも少なくなく、きっと、ローラーは...
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーを外す丁寧な塗装
エアコンホースカバーは外して塗る!丁寧な工事は細部に表れる! エアコンのホースをキレイに隠すエアコンホースカバー。昔はむき出しでまとめられてテープが巻かれているだけだったエアコンの本体と室外機をつなぐホース類ですが、最近は樹脂製のカバーを取り付けるのが一般的です。このカバーは正しくは「エアコン配管用ダクト」という名前で...
契約を守らない消費者の言い分
契約を守らない消費者の言い分
契約書を交わしていただくのは、それ相応の理由があります。 前回、実際にあったトンデモナイ要求をしてくる人たちをご紹介しましたが、今回はその派生版で契約をしてもトンデモナイ要求をする人たちをご紹介します。 原価で工事をしろ 「安く(工事を)して」という方が多いのは当たり前なのですが、中には原価で工事をしろと要求して来る方...
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦が割れる!「2004年問題」
スレート瓦の2004年問題 初期のノンアスベスト瓦が割れて崩れる! 最近は金属屋根の家が増えてきましたが、まだまだ薄型スレート瓦が多くの家で使われています。価格が安く、軽く工事も比較的簡単なので建築コストを抑えるために「コロニアル」や「カラーベスト」の別称(いずれも商品名)で1980年頃から多く使われるようになりました...