おススメ記事
無機塗料とは~2022年最新塗料事情 

無機塗料とは!?

リフォーム会社や塗り替え屋(大量の広告を出し、技術を問わないで下請けを使って工事をしているような会社)を中心として、「フッ素樹脂塗料」よりも耐久性が高いとして無機塗料を薦められていますが、実際はどの様な物なのでしょうか?今回は、無機塗料の現状をお話ししたいと思います。

本来の意味の無機塗料とは、無機成分を塗膜にする塗料で、紫外線の影響を受けづらいため高い耐久性が期待できるものです。
しかし、実際に無機塗料としてリフォーム店や塗り替え屋で売られているのは「無機成分が入っているだけの塗料」が多くあり、名前だけで信用するには危険な商品もあります。

偽物?耐久性が不明な安い無機塗料

他社と競合したときに、明らかに安すぎる無機塗料を使った工事の金額に出くわします。安いモノや怪しいモノを薦めるところは必ずと言っていいほど、技術には・・・がある会社ばかりなので、気になって実際はどの様な商品であるか商品名を聞いて調べてみました。調べて分かったことは、どの商品も無名も含め塗料製造メーカーからのOEM品で、性能の割に異常に高い価格がつけられているか、残念ながら性能的に無機塗料とは言えない代物でした。無機塗料と言える商品もあるのですが、メインで売られているのは価格が安いモノで、当然として性能は期待できなくて当然なのですが、消費者がそれを見分けるのは容易ではないでしょう。
中には、フッ素配合の無機塗料という矛盾した商品もあり(OEMの元塗料は無機塗料とは言っていません)悪意があって消費者をダマそうとしているとしか考えられません。

悪意ある業者はなぜOEMの怪しい商品を使うのか!?

「売れるお弁当屋台の値付け方」というのをご存じでしょうか?贅沢で高いなと思えるお弁当を10%くらい、少し高いお弁当を60%、残りの30%普通の価格と思えるお弁当を作って売るというものです。これは「人は『極端の回避性』があるため、真ん中の価格を選んでしまう。」という行動経済学で有名な話で、高い弁当と普通の弁当だけを売ると普通の弁当だけしか売れないのに、少し高い弁当を設定することで少し高い弁当が一番売れるというものです。悪意ある業者はこの心理学を使うために値段設定に幅があるOEM塗料を使います。
信頼性がある大手メーカーの塗料は性能=価格で各層分かれているため、「ちょっと高い」がありません。厳密に言えば、ちょっと価格が高い製品はあるのですが市場価格となると性能と価格とがしっかりと比例しているためハッキリとした違いが出ます。しかしOEM品は高い商品はさらに高い価格にし、そこそこの製品(利益幅が大きい)を少し高い価格に設定しており、かつカタログには最高品とあまり変わらぬ性能がある可能ような記載をしているため、そのカタログやホームページを見せると消費者の目を誤魔化しやすいのです。(個人的にはそれらのカタログやホームページはダマしの小道具であると感じます。)

性能に間違いがない無機系塗料

昨今の無機塗料事情はお分かりいただけたかと思いますので、ここで商品として信頼が出来る者をご紹介します。ネット上や各社が薦める中には、無機塗料を名乗るものの性能に疑問がある物、価格が適切ではないと感じる者が少なくなく、また同じ無機塗料でも性能に差がありますので性能別で記載をします。なお、記載がない物は基本的に疑問を感じている塗料(裏付けがありますけど)ですのでお薦めしません。
(最高レベル)
日本ペイント・アプラウドシェラスターⅡ
関西ペイント・アレスダイナミックMUKI
ダイフレックス・スーパーセラン(溶剤系)/スーパーセラン微弾性
菊水化学・ラーテル/スーパー無機ガードX
(高レベル)
日本ペイント・パーフェクトセラミックトップG
ダイフレックス・スーパーセランマイルドスーパーセランアクア
菊水化学工業・無機ガードZ
(無機塗料と言えるが性能がそれほど高くないレベル)
ダイフレックス・スーパーセランソフィアスーパーセランフレックススーパーセランG4
SK化研・エスケープレミアム無機
菊水化学工業・ナノペイント
(無機ではないがそこそこの性能がある塗料)
関西ペイント・ムキフッソ
菊水化学工業・水系ファインコートフッ素シリーズ/キクスイ SPパワー無機ガードF
(無機系ではあるが耐久性は低いもの)
SK化研・セラミタイトペイント

上記塗料の中にはOEM商品として別名称で売られているものがありますが、それらの商品は性能は上記製品と同じでも非常に高い価格を付けられているのでお薦めいたしませんし、当社では使用していません。
なお、理由はこの場でお伝えいたしませんが当社では下記塗料は使用しません。
プレマテックス・タテイル/グランデ のシリーズ
アステックペイント全般

おすすめの記事
技術と信用なら!岡部塗装店
技術と信用なら!岡部塗装店
150年は伊達じゃない!長い歴史と実績で積み重ねてきた技術と信用 塗装業を150年近くやっておりますと、様々な技術だけでなく多くのノウハウが溜まっています。塗装に関して建築会社や設計事務所といったプロからの技術的な問合せや協力依頼が弊社には多くあります。 その様な事例をいくつかご紹介します。 ①一般の塗装会社が出来ない...
塗装時に、家を直す専門家の資格とは?
塗装時に、家を直す専門家の資格とは?
塗り替えは、塗装の資格だけでよいのか? 塗装技能士は塗り替え時などに家を直す資格でない! よく「一級塗装技能士の店」などと看板や広告を出している塗装会社がありますが、塗装技能士は技術力を保証する資格ではありません。 なんと!厚生労働省の管轄でして、技能士という資格は労働者のための資格であるのです。労働者のための資格と言...
「塗り替え」に当たり業者が少ない理由①
「塗り替え」に当たり業者が少ない理由①
塗り替えでハズレ業者を引いてしまう人が多い現実 「塗装屋」が減って「塗り替え屋」が増えた バブル崩壊後、建物の外壁塗装の主流は吹付けではなくなりました。それまでは吹付け工事だけを行っていたガン屋と呼ばれる人々は仕事が激減したのですが・・・彼らの多くは吹付け機をローラーに持ち替えて住宅の「塗り替え屋」に変身していきました...
職人の写真を掲載する会社は危ない!
職人の写真を掲載する会社は危ない!
下請職人の写真を、チラシやホームページで掲載している会社は、工事品質が低い リフォーム会社などで、職人の顔写真にキャッチフレーズを付けて掲載している会社がありますが、その様な会社には注意が必要です。その理由とそこから読みとれることをお伝えします。 職人の本当の所属先を確認せよ! 弊社は自社社員での施工を主体としています...
出版社の誤った記事①
出版社の誤った記事①
誤りがあっても紹介してしまう雑誌「建築知識」 インターネット上には様々な情報が溢れていますが、数年前からその内容には簡単に信頼を置けないとまで言われるようになってしまいました。実際、ウソが非常に多く、自己のビジネスのために都合よく話を作り変えて複数サイトで発表するグループもあり、一般消費者は真実がどうであるのかどんどん...
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
工法の色々 ~サイディングの塗り替え⑤~
サイディングの貼り方は一つではない!建築工法で変えるべきな塗り替えの方法 前回は、サイディング板へのクリヤー塗装について書きましたが、今回は家の造り方で変えるべき工法について書きます。 サイディング板を塗装するときの注意事項などを5回にわたってお伝えする第5弾(最終回)です。 5建築工法でサイディングの塗り替え方法も変...
足場シートで分かる!塗り替え業者の質①
足場シートで分かる!塗り替え業者の質①
塗り替え業者の質は、足場シートに出る! 本職の「塗装屋」と、塗装を真似た「塗り替え屋」の違い 塗装技術を持って工事を行っている「塗装屋」と、十分な技術を持たない「塗り替え屋」とでは技術に大きな違いがあります。一見キレイに見えても、正しい技術を持たないで施工された物件は本来塗料がもつ性能を十分に発揮できないばかりか、後(...
1級塗装技能士とは?
1級塗装技能士とは?
一級塗装技能士は、家を直せる資格ではありません! 塗装会社の宣伝文句に「1級技能士の店」という表示がよくありますが、1級技能士とは技術が高いことを示すものなのでしょうか? 建築における技術的な資格は国土交通大臣認定ですが、技能士は厚生労働大臣認定の資格です。厚生労働省は、技術ではなく労働者を管轄する象徴なので・・・・ ...
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
外壁塗装勉強会やセミナーに行くとカモられる!
「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」はカモを探す手段 「外壁塗装勉強会」や「外壁塗装セミナー」と称して、人々を集める会社がありますが、その催しは本当に役に立つのでしょうか? ハッキリ言えば、カモにされることはあっても消費者にとっては役立つことは全くないです。 なぜ「役に立たない」と言い切れるのか、今日はその理由につ...