おススメ記事
遮熱折板屋根

もうすぐ梅雨明けですね。梅雨が明けると暑い夏がやってきます。
特に寝室を2階になさっているお宅は屋根が焼けこんで寝苦しい夜を過ごすことに・・・。
今回は、遮熱塗装についてお話ししたいと思います。

遮熱塗装で部屋は涼しくなるの?

遮熱塗装で部屋が涼しくなるという表現をしているホームーページやチラシを目にすることがありますが、遮熱塗装にはもちろん、断熱塗装であっても”温度を下げる機能はありません”。化学で考えれば簡単に分かりますが、塗装が熱を奪い温度を下げていくのなら、放っておけばいずれ塗られたものが凍ることになります。残念ながら塗るだけで温度を奪う物質を作ることが出来たら世紀の大発明なので、現在は存在すらしていません。

では、遮熱塗装はどのような効果があると言うと、紫外線を反射して太陽光によって温められることを少なくする機能があります。簡単に言うと「お日様の光で温まりづらくなる」ということです。

ここに当社で実際に施工した遮熱塗装(屋根)を計測した写真を載せます。

遮熱塗装のデータ

遮熱塗装が塗られた屋根は触れるぐらいの温度までにしかならないことが分かります。
どういう効果があるかというと、一定温度までしか上がらないため日中はエアコンの利きが良くなります。また、焼けこみによって熱が蓄積されることがないので日が落ちると屋根自体の温度も下がり、放射熱で寝苦しいといったことがなくなります。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事