防水・雨漏り修理

防水・雨漏り修理

雨漏りは塗装にとっても大敵です!
雨漏りが原因で、壁から塗装が剥がれてしまったり、醜く汚れてしまったり。。。原因が雨漏りでも、塗装を疑われる事が多くあります。なので、当社では防水と雨漏りの修理にも力を入れています。
一般的な住宅に行う防水としては・・・

  • ベランダの防水
  • サイディング目地の防水(コーキング)
  • 屋上(陸屋根)の防水

雨漏りの原因がある場所は、

  • 屋根
  • トタンなどの水切り部分
  • 窓の周り
  • 雨トイ(これは意外と知られていない)

雨漏りの修理は上記の場所を経験とデータに基づき総合的に判断しておこないます。

直せて当たり前じゃない所の雨漏り

屋根に穴があいているなどは起きて当たり前の雨漏りです。その部分を直せば雨漏りは直るでしょう。
でも、雨漏りで悩んでいる人のほとんどが、そんな当たり前の雨漏りでは悩んでいません。「大工さんに診てもらい、いろいろな手を尽くして、ホースで水を掛けて確認したのに雨が降るとやっぱり漏っている」なんて言う雨漏りで悩んでいるのです。そのために屋根の葺き替えを行ったり、壁にサイディングを貼ったりと、高額な出費をする人もいる程です。
当社では、出来る限り補修で直し、そのような高額出費を抑えるお手伝いをしています。

壁に穴=雨漏りするとは限らない!?

天井以外からの雨漏り、例えば窓の周りとか、壁の角とかにジンワリと浸み出てくるような雨漏りは、壁からではない確率が高いのです。
「じゃあどこから?」
ほとんどが屋根や家の継ぎ目など、雨が直接当たる部分からである事が多いのです。でも、屋根を見ても、継ぎ目など見ても、何の異常も無いように見える場合が多く、大工さんや屋根屋さんでもその原因が分からないという事も少なくありません。シリコンを山の様に盛ってしまった建築屋さんの“補修“をいくつも見たことがあります。
水は液体であり、その特徴と性質を理解しないと雨漏りは原因を探し当てることは出来ません。特に雨はコップに貯めた水とは違い、生き物の様に動きます。水を止めるのではなく、雨を止めるのが雨漏り修理なのです。