昔と変った下塗りの概念!塗るだけでなく選ぶことも重要

下塗り

昔と違って、下塗りは塗るだけでは役をしません。何でも良かった時代は、だいぶ前に終っています。
なぜならば、現在の建築では多種多様の建材が使われており、かつ耐久性も高くなってきているからです。耐久性が高い建材は、塗料も密着しづらいので、おのずと性能も密着性も高い下塗り塗料を使用しなければいけません。でも、何も考えずに「昔から使っているから」という理由で、塗る物に合わせて下塗りを選ぶ業者は非常に少ないのが実情です。なかには、「安ければ何でも良い」と塗料問屋に注文する人(会社)もいます。

他社の施工したものですが、前橋でも、高崎でも、下塗りが不適切であるがために耐久性が低かったり、最悪の場合は塗膜のハガレを起こした物件をいくつも見ています。それも大々的に広告を出しているような会社が施工したものばかりです。

ご承知かと思いますが、弊社では建材についても詳しく調べた上で、適切な下塗り材を使用しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る