広告・ホームページは簡単に信じるな!

正しい業者選び

安いには“訳”がある

新聞折り込みや、ポストに入っているチラシ。キレイに作られたホームページ。低価格で最高の物が手に入るような感覚に襲われます。
でも、ちょっと待って!作り置きも工場生産も出来ない塗装なのに、安くなるのは マンション耐震偽装のように、それなりの理由がある”のです。

チラシは「怪しさ」いっぱい

「○○ニュース」や「△△新聞」などと称して定期的に入れられるチラシを目にしたことがありませんか?手書きであったり、ガリ版刷りであったりで、意図的に親しみやすいように作られているものもあります。無差別に投げ込まれるこれらのチラシをはじめのうちは疑わしく思っていても、何度も目にしているうちにすっかり信じてしまうなんてことも・・・・!
でも、プロの私から見るとこのチラシの内容は疑問だらけなんです。
会社のポストにも入ってくるので、バイトが無差別に配っているのは分かるのですが、もしかするとチラシを書いているのもバイトや素人に近い人ではないかと思われます。そのぐらい“あやしい”内容でいっぱいです。
良く入ってきているからと信用すると大変なことになるかもしれません!

ウソだらけのホームページ

実は結構多いです。コンサルタントやホームページ制作会社が作ったページだけでなく、個人で作っているページにもウソは多くあります。本人たちはウソを付いているつもりがないので“間違い”と言った方が良いかも知れませんが。お客様から「ホームページで見た」と言われると困ってしまいます。
コンサルタントやホームページ制作会社が作った物の場合は見栄えもよく、大変聞こえの良い事が書いてあるのですが実際の工事内容やサービス内容とは異なる場合が多いです。特に技術に関しては当たり前のことを「こんないスゴイです!!」みたいな書き方がされており、私達は苦笑をするしかありません。
個人で作っているホームページの場合は、知識的に足らなかったり古かったりする場合が多いです。都合の悪い事をごまかすために、いかにもその個人が行っている工法が素晴らしいかのように書いているところもあります。
有名ページや、某「その道のプロがガイドする」サイトの登録者サイトも、間違いや都合のよいウソが多く見られれます。お金を払えば誰でも登録されるシステムに問題があるのですが、見ている人はそんな事は知らない訳ですから信じてしまうのです。

まとめサイトや一括見積サイトには要注意

塗装会社でもなく塗料を売るわけでもないページなのに塗装や塗料について解説しているページがありますが、それらは意図的に自己に都合がよく特定のイメージを消費者に植え付けたい者によって作られています。意図があるわけですから、それは真っ当なものではなく、悪意を持ったものが都合よく消費者の目を誤魔化し、上手く利益を得るためのものですので、信じると正しい答えは得られません。
一括見積サイトは無料で複数業者から見積が取れるので便利なようですが、登録している業者からは登録料のほか紹介料、契約料と費用を取っていますので、真っ当な業者は登録することはありません。登録には厳しい基準がるようなことが記載してありますが、それらも真実とは異なります。大手の一括見積サイトでさえ、財務上の審査しかなく、技術審査をしているところは一つもありません。

本当にあった話・・・

コミコミ価格

 見やすいイラストと、魅力的な言葉が並ぶチラシ。内容もイイことづくめでした。その中の「塗装まるごとパック○○万円(税込)」につられて電話をしてみると、すぐに営業マンが来てくれたそうです。  「本当に全部塗ってこの価格なんですか?」とチラシを見せながら聞くと  「大丈夫ですよ。チラシのとおりです。」と大変愛想も良く、安心できると思ったので、すぐに契約をしました。2日後から工事が始まり、1週間程度で工事も終わり、足場が外され始めると・・・  なんと!塗ってない場所があります。塗られてキレイになった場所との差でなんだかみっともなく見えます。驚いて工事店に電話を入れると 「工事金額いは入っていませんから・・・」と。でも、全部塗ってこの金額って言ったのはウソだったのかと食い下がると 「チラシに入っている項目はすべて塗ってあります。確認してみてください。」と素っ気ない返事でした。チラシを確認すると下のほうに「外壁・軒天・破風板以外の部位は工事内容に含まれていません。」の文字が!!何も言わなくても全部キレイに塗ってくれるのが当たり前だと思っていたので、食いさがりましたが、塗るには高額な追加料金がかかるというので、その方は諦めたそうです。 当社で工事を行ったお隣で、実際にあった話です。

真実と違う「工事写真」と「工事日誌」

 実録、実話などのキャッチコピーを付けて、工事記録を公開しているホームページが多くあります。行っている工事内容を公開して安心してもらうという意図があるのですが、公開されたお客様載個人情報を垂れ流しているという意識は無いようです。
そんなページを見ていると、違和感がいっぱいあります。日程ごとに工事内容を公開しているので、順を追っていくと明らかに塗装間隔が不適切な物や、工程としておかしいと思える物が多く存在します。素人目には、いろいろと丁寧にやってくれると思えることでも、私たちはおかしいと見抜きます。
工事写真を撮るという業者もいますが、都合の良いところしか撮影しておらず、トラブルとなって調べると写っていない場所はすべて手抜きをしていたということもあります。問い詰められて「写真なんてどうにでも出来る」とうそぶいた業者もいますので信用してはいけません。

ヤラセ

 「お客様の声」などのコーナーで、写真付きでその業者をほめちぎっているものが多く見られます。冷静になって考えれば、おかしいと思うのですが、何の心構えもなく見てしまうとつい信じてしまいます。そんなページの中で、おかしなものを発見したことがあります。お客様であるはずの老夫婦が社長のブログに中のまったく関係のない写真にいるではありませんか。気になって過去の写真を見ていくと事務員さんとそっくりなお客様がいたり、「おや?」と思える部分がいっぱいありました。しばらくすると、その社長のブログなどは削除されてしまいましたが、明らかなヤラセでした。