塗り替えの成功術

塗り替えの成功術

平均的な家が、その一生で塗り替えが出来るのは、たった3回
一度塗られると簡単には剥がせないので、下手な施工は致命傷に・・・
ここで伝える8つの秘術を知って、価値ある塗り替えを手に入れよう!

ここでは、塗装に関する基礎知識やネット上や噂話で語られる「良い業者の選び方のウソとホント」などを含めて家を塗り替えてもらうときに最低限知っておくべき知識を明治創業の老舗塗装店である当社がお伝えします。

「塗装なんて誰が塗っても同じでしょう!」とか、「誰だって塗装ぐらいできる」と思う方はこのページではなく、Google検索などでお近くの業者さんをお探しください。

でも、「絶対にちゃんとした仕事をしてもらいたい」、「同じ塗ってもらうならば後悔がない業者さん選びをしたい」という方は、この後のページもぜひ読んでください。内容をさらに充実させて書籍化も検討していますが、このページだけでも業者選びの羅針盤となると自負しています。

老舗塗装店の宿命

「明治から続く老舗塗装店」にお客様がもっとも期待するのは「技術」です。
普通と言われるレベルよりも、丁寧で、確実で、間違いがない施工をしてくれるだろうと思いご依頼くださいます。

私が、この商売に入ったころはまだバブルが弾け「品質よりも値段」が重視され、仕事はお客様直ではなく建築屋さんの下で行うのが一般的でした。値段重視が故の(建設会社からの)手抜きの指示、強要・・・「バレないようにうまく手抜きを出来る会社が良い会社なんだ」と現場監督からも言われ、業界全体の技術がどんどん下がっていくように感じ悩みました。

キチンとした施工をすれば手間(人件費)が倍もかかる・・・しかし、価格について提案できるのは元請である建設会社・・・悩み考えた結果、お客様から直にお仕事を頂く元請業者となる決心をしました。
元請となるには建設会社に負けない知識、相応の資格、高い提案力が必要と考え、がむしゃらに学び、職人を指導し、鍛え、誰にも負けないという実力と自信を得て、現在に至っています。

「絶対的な安心」を求めるお客様のために、伝統技術を守りながらも常に進化し続ける努力を怠らないことで、お客様が求める「結果」を出すのが当社の宿命であると考えております。