「正しくない」外壁補修の方法

写真は、まちを歩いている時に見つけた、古い方法で外壁補修をしている現場の物です(当然、他社が施工しています。)。写真の物は、モルタル壁に出来たヒビ割れを工具でV(又はU)にカットして、モルタルで埋め戻してあります。施工された後なので、底にシーリングがなされているかどうかは判りませんが、残されていた容器などを見る限りでは、ウレタンシーリングをカットした底に打ったようです。
この施工はいくつも間違ったポイントがあります。
まず、この厚みの壁をVカットしてはいけません。出来るのは基本的にRCの壁です。(例外もありますが、それは非常に稀です。)次に、底にシールするのはウレタンではいけません。なぜならば、写真のようなクラックはノンワーキングであると思われるからです。

この様な、如何にも正しそうだけども、実は(現在では)間違っている施工は非常に沢山あります。古かったり、稚拙だったりする知識で「勉強会」と称する商法をする会社がありますが、お気を付けください。無料の「勉強会」は、業者の都合の良い事だけを吹き込む、催眠商法です。

 

群馬県内(前橋、高崎、伊勢崎、渋川)での塗装や塗り替え、建物改修、防水工事は弊社まで!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ページ上部へ戻る