マンション大規模修繕

当社ではイニシャルコストの安さよりもトータルコストの安さでの改修をご提案していますので「安けりゃ何でもいい」という考え方のお客様には向かないかも知れません。           下記には、ご相談を頂いてから完成まで、「当社で工事をした場合」の流れをご紹介いたします。

大規模改修の手順

分譲マンションの場合

1. 改修委員会や管理組合理事の方々に当社の施工方針と施工方法などに関してプレゼンテーション(説明)させていただき、求めていらっしゃる工事が当社の施工が適していると感じていただけたら次のステップに移行します。
2. 管理会社からの見積もりがある場合には同じ仕様同じ条件でのお見積をさせていただきます。設計事務所などの設計管理がある場合は、そちらの仕様に基づき見積を行ないます。また、施工上の考え方などを反映させた独自のお見積もりもご提案いたします。出来れば住民総会などでプレゼンテーションをさせて頂きたいと思います。
3. 着工前に住民説明会を行ないます。工事の概要と日程、作業中に関する注意や各戸で行なって頂くことやご負担いただくことをご説明申し上げます。また、質問や要望にお答えし、少しでも不安がないよう名準備をいたします。
4. 着工 基本的に工程に基づきますが、ある程度、臨機応変な対応をさせていただきます。また、その日に行なう工事と翌日の予定は掲示板でお知らせいたします。

    • 施工前検査

着工前に、様々な予想を立て、心配な部分を中心にチェックをします。

    • 周辺への周知及び説明

工事をする事と工事の内容を隣接しているお宅などにお知らせし、円滑に工事が進むような手配をします。

    • 足場及び安全対策の設置

いよいよ足場の設置です。工事中に事故などが無いように防護壁や防護屋根の設置をしたり、危なそうな場所にはクッションを付けるなどします。子供が入れない様な対策もします。

    • 補修検査

足場が立った状態で、全面を打検及び指診します。この検査が無いとしっかりとした補修ができません。当然有資格者が行います。

    • 各部の補修

検査で作った図面をもとに補修工事が行われます。

    • 防水

防水工事を行います。

    • 再検査

補修工事と防水工事を再度打検と指診で確認し、ミスがないかチェックをします。

    • 塗装などの仕上げ

塗装の他、廊下などのフロアやエントランスの内装なども仕上げ直します。

    • 各種表示板などの交換

非常口や注意、消火施設の表示なども新しい物に交換します。

    • 引き渡し前検査

お客様に見て頂く前に、自社にて厳しく検査を行います。

5. 完成 お住まいになっている方々からのご意見もお伺いしてから足場を撤去して完成です。管理組合向けに工事の内容を詳細に示した書類を提出いたします。

 

賃貸マンションの場合

1. 調査の上、概算のお見積もりをいたします。これは、お客様に予算立てをしていただくための指針とするもので、これを基に改修工事の予算を決めていただきます。
2. 決めていただいた予算と、求める耐久年数に基づき、設計と見積もりをいたします。この場合、予算満額ではなく若干の補修費用を残してのお見積もりとなります。
3. 着工前に入居者説明会、もしくは通知を行ないます。工事の概要と日程、作業中に関する注意や各戸で行なって頂くことをご説明申し上げます。また、質問や要望にお答えし、少しでも不安がないような準備をいたします。
4. 着工 基本的に工程に基づきますが、ある程度、臨機応変な対応をさせていただきます。また、その日に行なう工事と翌日の予定は掲示板を設けてお知らせいたします。               工事に関しては、基本的に分譲マンションと同じ施工体制で行います。
5. 完成 足場を撤去して完成です。工事の内容を詳細に示した書類を提出いたします。
ページ上部へ戻る