大規模修繕工事

大規模修繕工事

大規模改修を行なうには、総合力が必要です。  「総合力=建設会社」と思っていませんか?  普通の専門業者に比べれば建築会社は総合力が高いですが、残念なことに多くの建設会社は工事金額の張らない改修工事を大事な仕事とは捕らえていません。現場監督も改修工事を担当するのは若手か、一線ではない年配の社員ばかり・・・。もちろん全てとは言いませんが、そのような会社がまともに改修を行なえるわけがなく、全ては出入り業者の良心しだいになっています。

ゼネコンに頼むのと工事内容は全く同じ!

ゼネコンに頼んでも、当社に頼んでも内容は全く同じです。むしろ自社施工している当社の方が内容が良いかもしれません。 こう言い切れるのには、しっかりと裏付けされた事実があります。当社、数々の建設会社から下請けとして改修工事を丸投げで請けていました。足場の設置から、住民へのお知らせチラシの配布、設計事務所の検査立ち会い、引き渡し前の清掃まで、全てそっくりです。時には監督すらほとんど来ない事もあり、お客さんのにとっては本当に中間マージンを抜かれただけだったということです。そうそう!アフターフォロ-も当社でやらされてました。

大規模改修をお客様から直接請ける理由

下請けで、技術を確立

上記にも書いた通り、当社では、多くの建設会社から改修工事を「下請け」として請けておりました。初めは塗装工事だけ、それが徐々に下地の補修工事も請けるようになり、最後には防水まで。最終的には施工計画から竣工書類まで作る「丸投げ」といわれる状態で仕事を請けておりました。競合していた他業種(防水業など)ではなく、当社が請けられたのは、トータルで建物の状態を判断する技術力と、直接施工による価格の安さ、それとゼネコン品質と呼ぶに十分な品質があったkからだと自負しています。

モラルを捨てた建設会社との決別

ゼネコンの傘下で仕事をしていたわけですから、利益が少なくても、割に合わなくても工事は請けておりました。それに、多くの会社の監督は現場に1日1回現れれば上出来、来ない所も多くありました。(会社に電話するとこちらの現場に行っているとの回答。)            それでも、企業努力を重ね何とか切り抜けてまいりましたが、建設不況がすすむにつれて、ありえないような金額での価格の強制が相次ぎ、とうとう原価割れを起こすまで来てしまったのです。技術を持った職人をコンビニのバイト程度の賃金で雇えるわけもなく・・・・。材料と人件費を示して交渉したのですが・・・・そこで出てきた言葉が・・・なんと手抜きのススメだったのです。言い方はそれぞれですが、ほとんどの会社で同じような言い回しで、最後には「お宅が出来ないなら他がいるんだよ。」というのが決め台詞でした。          そこまで言うなら建設会社も相当安く工事を請けているのだとお思いでしょうが、実際は逆でした。新築工事よりも改修工事のほうが手間がかかる分、単価自体が高いのです。それを、ひどい所になると50%以上を利益としてとっていました。儲けるなとは言いません。50%でも80%でも、儲けてもらってよいのです。施工をする当社が手抜きをしないで出来る金額で請けさせてくれるなら何の問題も無いのです。しかし、お客様が本来受ける利益を損なってまで利益を貪るような会社に無理してまで協力することは出来ないと判断し、そのような会社からの依頼はお断りしてしまいました。逆を返せば、当社とお付き合いがある建築会社は、口先だけでなくお客様の利益をちゃんと考える良識のある会社だということです。
こうして当社は大規模改修を直接請けることになったのです。

ページ上部へ戻る