雨漏りでお困りなら、ご相談ください。

沖縄がすでに梅雨入りし、雨の季節が近づいてきていますね。
そうなるときになるのが雨漏りでは?

雨漏りにも、いろいろと起こる種類があります。
屋根瓦編
 昔の家であると屋根瓦がズレて雨漏りするというもので、サザエさんでは雨漏りするとマスオさんが屋根の上ってトンカチで瓦を固定しなおしたりしますが、現在の家(建築)では、そんなことは先ず起こりません。構造も違いますので、あくまでも昔の家の場合のイメージの世界と思ってください。
では、実際にはどんな理由で雨漏りするのかと言うの、瓦が原因であることは非常に稀です。日本瓦の場合は谷の金物に穴が開いて雨漏りするケースが断トツに多いです。これは発見するのも比較的簡単ですので、「建てたところに診てもらう」とした場合でたいてい発見され修理されて無事に直ります。コロニアルに代表されるような薄型スレート瓦の場合も棟の板金部分が外れたとか、穴が開いたとかが原因であることがほとんどです。これまた発見しやすいです。
でも、当社に舞い込んでくる多くの雨漏りはそんなに簡単ではありません。「瓦はズレてない。金物もしっかりしている。でも、雨漏りが止まらない。」などと言うケースも多く経験しています。もちろん、そのようなケースでも原因を突き止め、無事に雨漏りを止めています。

外壁編
 外壁から雨が漏ることは非常に稀です。ほぼゼロと言ってもいいでしょう。「でもウチは壁から雨が入ってくるんだよ!」と訴えてくるお客様が多いのですが、それは壁(の中)に上から流れてきた水を受ける場所があるからであって、その部分から水が入ってきているわけではないのです。じゃあどこから?それは屋根(など)からです。
ごく稀に出窓の上から水が差す場合がありますが、これまた非常に少ないです。

陸屋根編(屋上)
 陸屋根(屋上)は、メンテナンスが悪いと比較的簡単に雨が漏ります。たまに、防水はやり直してそれほど時間が経ってないのに雨漏りがするという相談があります。そのような場合は防水自体の施工が悪いこともあるのですが、それ以外に肝心なところを防水していない(やり直していない)と言ったケースが多くあります。相談されてくる方はおっしゃりませんが、金額の安さだけで業者を選んでしまったり、防水に関して無知なリフォーム屋さんとか塗装屋さんに工事を依頼してしまったりしたのだろうと思います。(状況から)

 主には以上のような場所が原因とされるのですが、それ以外にもたくさん原因はあります。

 良く「どうして判ったのですか?」とか「どうやって調べるのですか?」と聞かれますが、一言で答えられる様なら、雨漏りで困る人はほとんどいないでしょう。経験と勘と言う人もいますが、実際はそんな不確定なものではありません。家の構造と施工状況、水の性質を考慮して推測するのです。推測して、最も可能性が高い原因から一つ一つ潰していく地道な作業が重要なのですが、これを技理解いただけないと4番目の医者にたどり着くまで直らないどころか、4番目まで医者がいない場合もあります。
当社はリフォームだけでなく新築も請負っておりますので家の構造も理解しております。合わせて正規の防水業者としての技能と知識をもって施工にもあたっていますので、一般的なリフォーム業者さんや大々的に広告を打っている塗装専門業者さんより、はるかに高い技術を持って雨漏り修理を行っています。雨漏りの専門家を名乗る方は非常に多いですが、その方々よりも当店のほうが雨漏りの専門家にはふさわしいと自負しています。

4番目の医者とは
病気になり病院に行くと医者は先ず症状から可能性の一番高い病気を推測し、それに効く薬を出します。違う病気である場合も少ないので、患者は「あの医者じゃダメだ」と思い他の医者に行きます。次の医者も推測しますが、前に処方されている薬が効かないという情報を見て同じ症状が出る違う病気に効く薬を処方します。このようなことを繰り返し4人目医者になれば大抵は効く薬に当たるので、患者は4番目の医者が名医だと勘違いします。しかし、初めの医者にかかり続けていれば、症状や薬の効き方からもっと早く合う薬を処方する事ができる事も多いのです。病気の場合は医者が診ますので、的外れな診察をすることは稀ですが、雨漏りの場合はニセ医者ともいえるような輩が多くいますので、いつになっても直らないということが多くあります。

関連記事

ページ上部へ戻る