梅雨時期のお仕事

梅雨が本番になってきましたね。
雨が降っているときは、外での仕事は厳禁です。例外的に出来る場合もありますが、一般の住宅では出来ないと思ってよいでしょう。また、雨が止んだからといっても、すぐに塗装できる訳でもないです。特に屋根は、気を付けなければなりません。
部位別に説明しましょう。

屋根
基本的に雨が上がった直ぐ後には塗装をしてはいけません。鋼板(トタン)屋根でも水気が抜けてから塗装する方が良いです。薄型スレート瓦(コロニアル瓦)も塗装をする人が多いですが、これは高圧洗浄などした後は2日以上乾燥させた方が良いです。これはコンクリート瓦などでも同じです。
雨が降ってきそうな場合には、最も塗装してはいけない場所です。

外壁
雨が掛からない場所は、下塗りなどが出来る場合もありますが、極力止めた方が良いです。理由は湿度。塗料が硬化不良を起こす場合があります。梅雨時期になると屋根から足場にブルーシートをかけて塗装している業者を見かけますが、これは絶対にやってはいけないです。
雨が上がった後の乾燥については、塗装面に湿気がなくなれば問題ないです。雨が降りそうな場合は、施工を控える必要があります。もし十分に乾燥する前に雨に降られると流されてしまうほか、(流されなくとも)艶や色がおかしくなることがありますので、意識あるプロは雨が降りそうな場合は塗装しません。

木部
この部分も雨が上がって直ぐには塗装できません。湿気を蓄えやすいので、塗装する前にしっかりと乾燥させることが重要です。

鉄部・プラスチック
水分を拭き取って表面が乾けば塗装できます。ただし、造りが細かなところは水が溜まりやすいので、早く乾かしたい場合はエアーで飛ばすなどするとよいです。

以上が、代表的な部位の雨後の乾燥に関してでした。DIYで塗装する場合はもちろん、プロに依頼した場合でも、十分な感想を取らないで塗装されてしまわないように注意して見ておくべき点として覚えておいてください。

当社は、湿度計、湿度測定器などを用いて、適切な範囲でなければ例え雨が降ってなくとも施工を控えます。また、降雨の予報がある場合も施工を控えます。予想外の雨が降ってしまった場合は、状態を確認もしますが、塗装直後に雨に振られた場合は、一見は問題がなくとも処理をして再塗装することがあります。本来は、このくらいの対応をするのが本当のプロなのです。

雨でもブルーシートをかけて塗装するような業者、雨が止んだ直後でも平気で塗装してしまう様な業者には十分に注意してください。

関連記事

ページ上部へ戻る