打ち放しコンクリートの復元改修できます!

打ち放しコンクリート塗装 打ち放しコンクリートの建物の改修工事の見積依頼があったので、ふと思い出しましてご紹介いたします。
 当社に、打ち放しコンクリートの塗り替え(改修)の見積を依頼された場合、先ず最初に打ち放しコンクリート復元改修工法をご案内いたします。なぜなら、当社ならそれが出来るからです。シーラー塗って、シリコン樹脂やフッ素樹脂のペンキで仕上げるなんて、打ち放しコンクリートの建物を台無しにすることはしません。 もちろん、クラック(ひび割れ)などの劣化部分はしっかりと補修を施してから新築のように戻します。

 もし打ち放しコンクリートにペンキを塗ってしまうと・・・・ せっかくの高級仕上である打ち放しコンクリート面が、安っぽくなるだけでなく、その価値を大きく下げてしまいます。元の打ち放しコンクリートの仕上げに戻すには、塗り方にもよりますが、非常の多くの費用が掛かります。おおよそですが、塗ったペンキの費用の5倍ほどかかります。いくら安くても、打ち放しコンクリートにペンキを塗るのは、控える方が良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る