悪い業者の見分け方  01

最近、「〇〇という業者は、どのような業者でしょうか?」とか「△△は悪徳業者ではないですか?」というような質問を頂くので、シリーズ化して皆さんに、上手な業者の選び方と並行して、悪い業者の見分け方もお伝えしていこうと思います。

先ず気を付けなければならないのは、悪い業者は悪くは見えないという事です。営業マンの印象も良く、爽やかそうだったりします。西洋の諺にもありますけど「悪魔は悪魔とわかる姿をしていない」のです。逆に「私たちこんなにいい会社ですよ!」と強くアピールしているところはマユツバで臨んだ方が良いかと思います。
「営業マンがイイ人で信用できる。」という理由で業者を選んでしまった人、残念ですが、十中八九、金額に見合った工事はされていないでしょう。「でもキレイにしてもらった。」と言われますが、それは当たり前なのですよ。例えれば、量販店の3万円スーツを、感じのいい行商に10万円で買わされたみたいなものなのです。生地もそこそこ、縫製も問題ない、キレイに出来てて、一通りはそろっている・・・。でも、10万円の価値はない。。。。。。
なので、営業マンの印象は別物と考えましょう。営業を使うという事はそれなりの利益率も確保しなければならないので、沢山の営業マンがいる会社に頼む場合は、同じレベルの仕事ならば他より3割ぐらいは高くなります。逆に他と同程度の金額なら、その分・・・物が違っているという事です。

「ウチはメーカー直で材料を大量購入してますから安くできます!」というのも信用してはいけません。基本的にどこのメーカーも直接は卸しません。また、塗装の場合は、たとえ大量購入しても値段に大きく反映されるほど安くなりませんし、消費期限があるので1年分まとめて購入するなどは現実的ではありません。また、調色の問題もあるので、一括購入は出来ないと言っても良いです。(100%出来ないわけではありませんが、現実として過去に一括購入した業者は破たんしています。)リフォームの資材は、数が多すぎますし、家のスタイルによって使う物もまちまちなので一括購入は、デザインも使い勝手もお構いなしの仕事をする業者以外は出来ないです。

これは塗装の場合なのですが、職人数と施工数をみると、その業者が分かります。
ある業者は、「自社職人」が売りで、年間約180棟の塗り替えをしていると言っていました。その業者は職人11人(見習い含む)と営業8人です。売上高は3億3千万だそうです。同業者が見ると、あることに気づきます。
たった11人の職人で180棟の工事をするには一人当たり16.3棟を行わなければいけません。2人一組で工事に当たることが多いでしょうから、一組年間32~33棟を仕上げるという計算になります。1ヶ月で2.66棟、1棟当たり11.2日という計算になります。住宅1棟12日(足場除く)ならば、出来ないことは無いですが、でも、この計算は365日休みなく働かないと成り立ちません。外での仕事ですから、雨も、風も、雪だってあります。人がやるのですから休みだって必要でしょう。それらを考慮して、理想的に進んだとして1棟当たり7.8日。作業に必要な歩掛などを考えると8日は現実的に無理と言える数字です。出来ないことは無いでしょうが、「何か」を省かない限り無理です。この「何か」とは、手間、材料、その他、本来見積書になくともやるべきことなのですが、その手の業者は見積書になければやらないでしょう。。。(あっても抜くかも・・・)
現実として、2人で年間15棟(屋根・外壁)できればよく頑張ったほうです。どんなに頑張っても、倍以上は出来る物ではありません。

それでは、一般的な、すごく順調に行った場合の施工工程例(外壁のみ)で検証してみましょう。
1日目 高圧洗浄 丁寧に洗うと最低半日以上かかります。(この後1~2日乾燥)
2日目 外壁及び軒廻りの補修・養生
3日目 養生・軒廻りの塗装
4日目 軒廻りの塗装
5日目 外壁下塗り
6日目 外壁下塗り・中塗り
7日目 外壁中塗り・上塗り
8日目 外壁上塗り
9日目 その他付帯物塗装
10日目 清掃
通常は、付帯物が結構あるので、あと2~3日は余分にかかります。屋根がある場合は、当然さらに3~4日程度余分に必要です。
人間が行う事ですので、多少の上手い下手、早い遅いはあるにしても、大きくは変わりません。ましてや11人もいれば全員が早い訳ではないですし、見習いは戦力外でしょう。そうなるともっと無理になります。

もし、この会社が本当に「自社職人」で施工しているのなら、相当の根抜きをしないと出来ません。手抜きがないというのなら、「自社職人」はウソで、実際は外注にほとんど任せているのです。外注は・・・・その会社のPRにも「外注を使ってないから手抜きをしません!」というようなことが書いてありますので、外注は手を抜くという認識は全国共通のようです。
いずれにしても、このような会社には頼まないようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る