塗り方&塗装工法

塗り方といろいろな工法

 簡単に塗れそうですが、そんなに容易くはありません。塗り方、混ぜ方、作り方、色々なHow toも存在します。補修工法などはまるで外科手術のよう!知識と熟練が必要なのです。 ここでは、普段公開されることのない工法の話をします。

刷毛塗りの話し

寸胴刷毛

寸胴刷毛

昔は刷毛だけでどんなものも塗ったのです。ですから、実に数多くの刷毛があり、職人は刷毛を大変大事に扱っいました。しかし、最近は大きな面はローラー塗りに取って代わられた為、幅20cmぐらいまでの比較的細幅のものや、壁・天井や床   のチリ際を塗り分けるのに刷毛を使用しています。ちなみに本当に上手な職人さんはマスキングテープを使わずに曲がることなく塗り分けられることが出来ます。また、刷毛使いのウマさは、扉ほどの大きさのベニヤに薄めたオイルステインをムラ無くぬれるか見れば分かります。しかし、どちらも最近はなかなか見られない技となってしまいました。職人さんの中には、トタン屋根を塗るのには刷毛塗りの方が優れるという人がいますが。私はそのことには疑問を持っています。確かに、上手に寸胴刷毛で塗った方が、規定以上に粘度を持った塗料なら均一に塗装できますが、ローラー塗りでも塗料の希釈を調整し、適切に使えば、同じように塗装が出来ます。「トタンを塗る時にローラーを使うと早くダメになる」とする人は、一発で下地を塗り隠そうと粘度を濃くしていたり、均一にローラーを転がしていないからではないか?と考えるのです。実際に当社の屋根で検証してみましたが、ローラー塗りとハケ塗りとの耐久性には差がありませんでした。

ローラー塗りの話し

ローラー刷毛

ローラー刷毛

刷毛よりも早く大きな面を、キレイにムラ無く塗りやすいことから天井や壁を塗るのに用いられ、今は塗装道具の中心的存在になっています。スチップル等の意匠を付ける為の物や、高粘度や砂骨入りの材料を厚塗りするのに使える物もあり、その性能はどんどん良くなってきています。 アメリカで開発されたローラーは、もともと家庭用でした。平屋の建物が多く、日本人ほど仕上げ方に厳しくないことから、家の塗り替えは主婦の仕事なので、こういった便利グッズのは多く存在するのです。現在日本で売られているローラーはほとんど日本のメーカー製で、日本上陸後に独自の進化を遂げたものです。簡単そうに見えるローラーでの塗装ですが、同じように仕上げたつもりでも扱いの上手い下手があり、上手い職人が使ったのと、ヘタな職人が使ったのでは塗料のもちや、仕上りに違いがあります。もっとも、プロの私たちが見て分かる程度の違いなので、一般の方が見たのでは違いが分からないとは思いますが・・・・。

吹付けの話し(スプレー塗り)

下カップ式スプレーガン

下カップ式スプレーガン

もともと刷毛では塗れない乾燥の速いラッカー塗料を塗るために開発されたもので、当初は自動車の塗装に使われていました。初めは、カップに少量の塗料を入れて吹き付ける方法のみでしたが、現在では圧をかけて塗料を吹き付けるエアレスや、骨材入りや高粘度の塗料を圧で送り出し吹き付ける圧送機が開発され、ビルなどの大きな建物には使われています。しかし、一般住宅は取り回しやすいカップ式がまだまだ主流です。最近は、飛散や養生による換気の問題から、家の塗り替えにおいてはリシンや吹付けタイル、メタリック塗装などの「吹付けでなければ施工できない塗装」以外はローラー塗りで施工することが多くなってきました。

「手塗り」VS「吹付け」

先ほども触れましたが、工法は「手塗り」と「スプレー塗り」の2つに分けられます。手塗りはハケ及びペイントローラーを用い直接塗りつける工法です。スプレー塗りはコンプレッサーなどの機械を用いて材料を吹き付ける工法です。スプレー塗りは乾燥の速い塗料のためにアメリカで編み出された手法で、始めは主に自動車塗装に使われていました。建築塗装で頻繁に使われはじめたのは高度経済成長後のことで、始めは少量を容器に入れてエアー(空気)で吹付けていましたが、現在では材料とエアーを一緒に吸上げ吹付ける機械が現れ、大型物件などでは用いられるようになりました。 どちらの工法も一長一短ありますので使用する材料や現場によって適した工法を選ぶ必要があります。このような説明もなく、どちらか一方の工法を強く勧める業者は技術に疑問を持ったほうが良いでしょう。「ウチはすべて手塗りなので丁寧です」なんて言う業者がますが、丁寧に根拠がありません。多くは、吹付けの技術も機械も持っていない「あぶれ職人」を安く使っている訪問販売業者か、そのような職人です。工事を頼むととんでもないことになりますので、気をつけましょう!

環境問題とスプレー塗装

吹付での雨戸塗装

吹付での雨戸塗装

建築資材が発する化学物質が健康に与える影響が話題になり、室内に使う塗料などはF☆☆☆☆(フォースター)を最高に基準が出来ました。外部については空気がこもる事もないので、今のところ基準と言うのは設けられてはいないです。しかし、ニオイ等の体で感じられる問題も存在することから、その扱いは慎重に行うようになってきました。外国では建築における屋外でのスプレー塗装を全面禁止した地域もあり、日本でも近いうちに有害物資を含んだ塗料は屋外でのスプレー塗装を禁止されるかもしれません。

ページ上部へ戻る