塗装よりも重要な補修

 正しい補修は難しい

 傷んだ部分を直す補修。実は塗装する事よりもコチラの技術の方が家を長持ちさせるには大切だったりします。でも、この補修方法を分かって直している業者が建築屋さんも含め本当に少ないので、国も問題視を始めている様です。(しかし、見えなくなってしまうのでなかなか解決策がない(涙))  当社では、当然技術を持って「補修とは何か」を理解した上で施工を行っております。

サイディング壁の補修

サイディング壁

窯業系サイディング壁

20年ぐらい前から増え始めた窯業系サイディング貼りの住宅は、現在塗り替え対象となっている家で最も多くなっています。メンテナンス方法が、各サイディングメーカー(以下、メーカー)から発表されていますが、なかなか守られることもなく、多くの物件で“価格ありき”の勝手な改修がなされています。当然ですが、そのような改修には問題点も多く、サイディングの寿命を縮めてしまう事もあります。メーカーも、納入しているハウスメーカーに気を使ってか、シーリング等の“施工会社ごとに違う”ものについては、その改修方法をあいまいにしています。そのためメーカーの推奨する塗料を使っても「サイディングの改修とは何ぞや」を知らない業者が行うと、大変な事故になります。特に、塗料とシーリング材の相性や、その施工手順の失敗が多くあるようで(当社はありません)、当社に相談があるサイディング塗装のトラブルの多くが、そのような原因によるものです。当社では、目地及び窓廻りのシーリングは、全て「撤去打ち替え」をお勧めしています。増し打ちは、原則として行っておりません。また、下塗りナシで塗装する業者がいますが、“サイディングの塗装は下塗りが大変重要”です。サイディング材との相性がありますので、下塗りは的確な選択が必要です。

ALC壁の補修

壁ALC

ALC壁

 ALCは軽くて、断熱性に優れる反面、水を吸いやすい性質を持っています。そのため吸水、吸湿対策をしっかりと行わなければなりません。
改修の場合には、目地シーリングの劣化を必ず確認して、直すことが重要となります。基本的に目地はすべて撤去打ち替えが原則なのですが、ALCパネルの目地の中には大変狭く、その上に吹付け塗装がされた物もあり、現実的にそのような場所は既存目地シーリング材の撤去は不可能です。その場合は、適切な処理をしたうえで増し打ちを行います。この工法はALCのトップブランドでもある旭化成でも認めています。 使用するシーリング材は、規定によると「アクリル系(JIS   A   5758耐久性区分7020)以上のシーリング材」とされていますが、当社ではウレタン系以上のシーリング材をお勧めしています。(現在は変性シリコン系を最もお勧めしています。) ALCに割れやヒビがある場合には、その原因を探して上で、それぞれ適した補修が必要です。もし、雨漏りなどでALC内部の鉄筋が錆びた事で起こった割れの場合は、ALCパネルを交換しなければならない場合もあります。

RC(鉄筋コンクリート)造の補修

RC壁のクラック

コンクリート壁のクラック

 RC造の建物は、半永久的な耐久性があるように思われがちですが、他の建物と同様に劣化をします。劣化の代表的な物が「中性化」です。中性化とは、もともとアルカリ性であるコンクリートが外部からの炭酸ガスの侵入によって、中性になり、中の鉄筋の不動態皮膜が失われ、耐腐食性が低下することを言います。簡単に言うと、アルカリ性のうちは錆なかった鉄筋が、中性になることで錆易くなることです。中性化は表面から起こるので、中性化を防ぐ処理(塗装)を施すのが改修工事には有効です。 もし、中性化が進みコンクリート被りの薄い部分の鉄筋が錆びることでコンクリートが剥がれたら(爆裂)鉄筋の錆を除去し、その上に中性化しづらい補修材で形成し、直します。エポキシ系の錆止めやエポキシモルタルなども使われた時代もありましたが、現在では有効性が低いことが分かり、使われなくなってきています。 また、コンクリートのひび割れは、固まる過程で収縮したことで起こるひび割れと、温度・湿度の変化によって伸縮することで起こるひび割れがあり、前者にはエポキシ樹脂注入、後者には伸縮性がある樹脂(どんな物かは企業秘密です)を注入して補修を行います。Vカットをしてシールをしてから平滑に埋めるVカットシーリング等も補修の方法として用いることがあります。一般の塗装店ではコーキングで埋めるだけのところが少なくありませんが、そのような工法では補修にはなりません。

モルタルの補修

モルタル壁

劣化したモルタル壁

 モルタルも収縮によるひび割れと、構造的な動きによるひび割れがあります。モルタルが乾燥することで起こる収縮ひび割れは、補修材などで埋めて直します。構造的な動きによる物の場合は、その原因に問題がなければ、なるべくひび割れに追従するような補修を行います。そのほかに劣化を放置したことによって起こる割れなどもありますが、その場合は、モルタルを塗りなおすなど行います。なお、モルタル壁にVカット(Uカット)シーリング工法は適さないです。(←これをやってしまう塗装店さんが多いですので、ご注意ください。)

その他の補修

 その他、さまざまな部分の補修が必要ですが、当社では基本的に「DIYレベルの補修」は行いません。ホームセンターなどのハンドブックに掲載されている補修方法は、耐久性などに問題がありプロ仕様とは言えない物が多いのです。もし必要なら専門の職人により補修を行いますので、ご安心いただけます。これもビル等の改修工事も多く手掛けてきた当社のノウハウがあるからこその技術だと自負しております。

 

ページ上部へ戻る