塗り替え時期の目安

知られていない!?新築時の塗装品質

新築時に施工されることが多い吹付タイルとリシン吹付の耐久性の目安

新築時に施工されることが多い吹付タイルとリシン吹付の耐久性の目安

 新築の塗装には,それほど良いものは使われていません。それに建ってから数年は基礎や木材の乾燥のため、わずかに収縮し動きますので、理想を言えば新築後5年ほどで塗替えると家にとっては大変よいのです。しかし、5年では、全体的に新しく感じられますので、ほとんどの方は塗り替えをしません。  では、いつ頃塗り替えればよいのでしょうか? ほとんどの方が初めの塗り替えを10年目前後に行い、その後も10年毎に塗り替えを行う方が多いようです。左記の図は代表的な外壁塗装の仕上げ例と、その耐久年数です。他にもいろいろありますが、この程度のものを使用するケースが圧倒的に多いので、目安として下さい。住宅メーカーさんの営業マンは平気で耐久年数を長く偽る人も少なくありません。塗装は瑕疵担保責任の範疇には入りませんので、上手い話を鵜呑みにしないようにしましょう!塗料の耐久性も、実際には周辺環境と気象条件に左右されます。不安な場合は有料の点検を依頼されると良いでしょう。

塗り替えでグレードアップする塗装品質

 学問として塗装や改修を学べば、塗り替える時は今使われているものよりグレードを上げることが基本であることが分かります。しかし、大変重要なことにかかわらず、この基本がどの様な事なのか正確に理解していない業者が実に多いのです。塗り替え時に塗装をグレードアップするには、上塗りのみを良くしてもダメです。 下地の状況から、その処理方法と上塗りに適した下塗りを決め、トータルで組み立てなければなりません。それには相当の知識と経験に技術が必要です。左記は、一般的な樹脂の耐久性(目安)です。この耐久年数は環境や施工状況(厳密に言えば職人の腕も)と、適切な下地処理や下塗りが出来ているかによって大きく変わります。特に鉄・木部は状況や下地によって耐久年数が大きく変わりますので、3年以上経ちましたらハガレや錆の発生を毎年点検なさることをオススメします。

こんな症状が塗り替えのサイン!

 塗り替え時になると、建物は様々な信号を発し始めます。道路を走る時と同じで、本当は黄色信号になる直前に塗り替えた方が良いのです。赤信号になると色々な危険もありますので、建物が発するそんな信号を見落とさない様にしましょう。 下記は誰でも分かるような塗り替え時の代表的な症状です。このような症状がなくても、診断をするとメンテナンスが必要な場合がありますので、参考程度にしてください。

外壁の主な劣化症状

クリックすると大きな写真になり状況名が記載してあります。

.jpg .jpg .jpg
 .jpg  .jpg  .jpg
 .jpg  .jpg  .jpg

 

屋根の主な劣化症状

 .jpg  .jpg  .jpg
ページ上部へ戻る