技術の話し

 一言に「技術」と言っても、なかなか判断となる基準がありません。それどころか「ウチは最高の技術を持ってます。」といった会社の工事が実は下請けだったなんてことは、当たり前のようにあります。 ここでは、「技術とは何か」と、当社の誇れる技術とこだわりをお伝えいたします。

技術とは何か!?

本物の技術は、知識がなくてはなしえません。

 塗れるだけで技術としている会社が多いですが、プロと名乗るならば基本的な技術は出来て『当たり前』です。技術とは基本がしっかりと出来た上で、長い間の修業を経て初めて得られるもので、ただ出来るだけでは技術とは言わないのです。余談ですが、あるリフォーム会社のチラシやホームページに「最高の技術者」として写真でも載っていた人が、当社へ使って欲しいと来たことがあります。残念ながら、当社の技術基準には達しませんでしたので採用はしませんでした。ちなみに、その会社はホームページも立派で多くの技術者がいるように見えますが、基本的にその会社の車を使っているだけで下請けだそうです。

当社の考える技術とは

 下記に、代表的な塗り替え業者に必要な技術をご紹介いたしますが、この殆どが無くても商売をしているところが、実に多くあります。ネット上でも本当に技術を持った塗装業者を探すのは「宝くじに当たるより難しい」とされていますが、大げさではないと思います。下請けに工事を任せている業者が圧倒的多数を占める中、当社が自社施工にこだわるのは「技術」を売りにしているからです。当社の様な会社は技術を売りにする商売であるべきで、安さや口の上手さを売りにすべきではないと考えるのです。「売り物にならない様なものは技術とは言わない」、そう考えています。

プロ=技術者とは限りません!

 お金を取るというだけでプロを名のる方が多いですが、本物のプロとは、しっかりと修業を積んで認められた人であると私は思います。なんとなく仕事をしているのでは、いくら長く勤めても本当のプロにはなれないのです。ここで言うプロとはコックの世界であれば料理長、板前の世界だったら親方や大将と言われる立場のレベルの人で、単一の作業しかできない人はプロとは言いません。残念ながら自称プロの多くは単一作業だけしかできないレベルの人が実に多いです。昨今は、ちょっと塗れれば職人としている会社が多いですが、プロから見ればその多くが本来なら見習いレベルです。お客様の事を考えれば、到底使えませんが、儲けを優先するならば、一端の職人より安い賃金で使える、その様な職人(若い子が多い)を多く使った方が効率が良いのでしょう。本当に残念です。

全てそろって、はじめて技術です!

 「塗る」や「吹付ける」だけが技術ではありません。最近では、年配でもそれらもまともに出来ない職人がいるので、ちょっと出来るだけで最高の技術なんていう口の上手い営業マンもいますが、それらは出来て当たり前のことばかり。。。塗装には「塗る」、「吹付ける」、の他に「材料を選ぶ」、「工法を選択する」、「色を作る」の技術が必要ですし、塗り替えにはさらに「現状を把握する」ことと「補修をする」、「素地調整の方法と材料を選ぶ」技術などが必要です。意外と複雑なのですよ。

下記では、各技術について簡単に説明しています。

 塗る技術について  色を作る技術について
 吹き付ける技術について  建物の状態を診断する技術について
 材料を選ぶ技術について   補修をする技術について
 工法を選ぶ技術について  素地調整の技術について

 塗る技術

 刷毛やローラーを使って塗料を塗る技術は、見た目は簡単そうですが、実はそれほど簡単ではありません。初めて刷毛使った人は、たった数時間で腕の痛みでギブアップしますし、あれほど簡単そうに見えるローラー塗りでも平らにムラなく塗るのは容易ではありません。刷毛1本で扉1枚をムラなくキレイに塗ることは、若い職人はもちろんのこと,この道30年以上の職人でも出来ない物が実に多いです。当然ですが、当社の職人はそんなことは当たり前に出来ます。

  何もない壁ならば、誰でも比較的簡単に塗ることが出来ますが、赤くマーカーをしたところは、 塗る人の上手い下手が出る場所です。

吹付ける技術

 吹付ける技術は、塗る技術とは全く違うものです。基本的な機器の動かし方もありますが、吹付ける材料や物によって吹付けの方法が全く違います。昔多かったリシンや吹付けタイル等は基本中の基本で出来て当たり前とは思いますが、2色や3色吹きの石調やメタリック等の吹付けはちょっとした技術が必要です。そのような吹付けはメーカーのインストラクションと基本技術を応用すればできる物が多く、そのような物も当社では当然として出来ます。

材料を選ぶ技術

 材料の選択は、実はかなりの高等技術です。 ほとんどの塗装業者が問屋やメーカーが勧める物を使っています。しかし、本当の技術がある者(昔風でいえば目利き)は、同じ名前の物の中から良い物を選びだします。塗料も製品ですので、同じ名前でもメーカーによって良い悪いがあり、価格と比例している事が多いです。業界でも価格の安い事で業績を伸ばしているメーカーがありますが、そのような商品を中心に使っている業者は、材料の良し悪しを判断する技術がないのだと思うのです。当社は、設計事務所や様々な公官庁からも塗装に関する様々な問い合わせに対応している程の技術があります。

工法を選ぶ技術

 お客様の希望する雰囲気や仕上がり具合などから適切な工法を選択するのも技術です。塗り方、吹き方にも色々な方法があり、塗り重ね方にも様々な方法があります。どんな依頼にも同じ工法、同じ塗り方で対応している業者が多いですが、当社のような専門店で、このような技術があるところには、いろいろと聞いてみてください。憧れていたイメージと同じような仕上がりが出来るかもしれません。

色を作る技術

 昔は、塗料の種類も少なく、メーカーも既調色の材料を多くは取り扱ってなかったので、ほとんどの塗装店は自社にて調色(色を作ること)をしていました。全部塗ってしまうのなら、若干の誤差は分からないのですが、既に塗ってある所へ色を合わせて作る場合は大変な技術が必要で、今でも「10年の修業が必要」とまで言われています。残念ながら、最近はメーカーにて調色をしてくれるので、本当の意味で出来る職人が少なくなりました。オリジナルの色を作ってもらうのも、業者を選ばなければならないのです。

建物の状態を診断する技術

 正確にこれが出来る業者が本当に少ないです。塗装や塗料の知識だけではなく、躯体やそれに使われる様々な素材に関する知識も必要ですので、ワンランク上の知識量が要求されます。 この判断が悪いと、気づかぬところで建物に悪影響を及ぼしていることもあります。

補修をする技術

 これは建物を診断する技術と一体で要求される技術です。 建物の状態を知り、それを如何に直すかを決めなければなりません。まさに「建物のお医者さん」です。その症状と体質(素材)に合わせて、何千通りもの補修方法の中から最適な物を選び、補修するには、常に最新の工法や情報にもアンテナを伸ばし、学んでいる必要があります。

素地調整の技術

 補修しただけでは、塗り替えは出来ません。素地調整と言って、補修の他に全体を塗り替えに適した状態にする処理が必要です。当然素地によって、また上塗りするものによって、素地調整の方法やその材料等を厳選する必要があり、この部分の技術が悪いと仕上がりが長持ちしない等の重大な欠陥が起こる場合があります。

ページ上部へ戻る